メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」「メルマガ」による情報発信、マーケティングを日々研究するブログです

【実践編】YouTubeのやり方を1から解説!初心者はこれを読めばOKです♪

トール
WRITER
 

▼「収益化できる動画を作るメール講座

▼「収益化できる動画を作るメール講座

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • YouTubeは「未経験者・初心者」でも、簡単に始めることができます。
  • 撮影のコツを押さえれば、動画の撮影はスマホでも構いません。
  • チャンネルのデザインは、ブランド化のためにも重要なポイントです。
  • YouTubeに動画を投稿する前投稿したとき投稿した後に、やるべきことがあります。

 

今回のテーマは【初心者編】YouTubeへ動画を投稿する前、するとき、した後にやるべきこと』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

 

【2020年7月加筆・修正】

 

わたしは現在、YouTubeチャンネルを2つ運営しています。

すべて合わせると「500本」以上の動画を投稿してきたんですけど、すごーく気楽にやってます♪

 

【初心者あるある(経験談)】

YouTubeを始めたのはいいけど、再生回数が伸びていかない・・・(初心者の悩みで一番多い)」

 

  • 動画を投稿する前
  • 動画を投稿するとき
  • 動画を投稿した後

 

こういったタイミングで「使うべきテクニック」や「やるべき設定」をしていないのが大きな原因でして、これを「まったくやってない」ユーチューバーも多いです。

 

  • YouTubeの始め方
  • やっておくべき設定

 

こういったことは、ブログを始めることに比べたら超簡単なんで、押さえるべきポイントだけしっかりやっておきましょう!

 

 

この記事では、初心者向けに

 

  • アカウント作成
  • 動画の制作
  • チャンネル運営

 

これらを中心に、ステップ順でお伝えしていきます。

 

YouTubeは無料ですから、気軽に始めましょう!

 

YouTubeに必要な機材などは『【準備編】YouTubeを始めるには何が必要?最低限の準備を7ステップで攻略!』の中で紹介していますので、良ければ参考にしてくださいね。

 

 

YouTubeのやり方【STEP1】YouTubeのアカウントを作って、チャンネルを開設しよう!

 

兎にも角にも!

まずは、アカウントを作らないと、動画を投稿できません

 

  • YouTubeの始め方が分からない・・・
  • チャンネルってどうやって作るの?
  • チャンネルの名前って悩むなぁ

 

こういう悩みは尽きないと思いますが、まずは「YouTubeのアカウント」を作りましょう!(サクッと「5分」で終わります♪)

 

YouTubeの始め方を「完全ガイド」した『【初心者向け】YouTubeの始め方「完全ガイド」』も合わせて読んでもらえると、稼げる確率がかなり高くなると思います

 

興味があれば、どうぞ!(いまなら「作業用のチェックシート」プレゼント)

 

 

STEP1-1:YouTubeアカウントを作る(Googleアカウントの作成)

 

Gmailアドレス(Googleアカウント)をすでに持っていれば、ここはスルーしてOK

 

最初のステップは「Googleアカウント(Gmailアドレス)」の作成です。

 

Googleアカウントが、そのまま「YouTubeアカウント」にもなるので、Googleアカウントの作成は必須です!

 

アカウントの作成方法は『Gmailアドレス(グーグルアカウント)作り方【初心者でも超簡単!】』で詳しく解説しています。

 

STEP 1-1 Gmailアドレス(Googleアカウント)の作り方

 YouTubeでチャンネルを作るためには、個人アカウントが必要になります。Gmailアドレス(Googleアカウント)を取得すれば、それがYouTubeアカウントにもなります。簡単に取得できるので、今すぐやってみましょう!

 

 

STEP1-2:YouTubeチャンネルを開設する(ブランドアカウント)

 

実はここが、YouTubeでチャンネルを作るときに、とても重要なポイントになります。

 

Googleアカウント名のままチャンネルを作ると、色々と面倒なことになるので「ブランドアカウント(カスタム名)」を使ってチャンネルを作りましょう!

 

詳しくは『YouTubeチャンネルの作り方「ブランドアカウント」は超重要ポイントです!』で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

STEP 1-2 チャンネルの作り方&重要ポイント

 チャンネルを作るときに注意点が一つあります。個人名のままではなく、ブランドアカウントでチャンネルを開設することがポイントです!

 

 

STEP1-3:後悔しない「チャンネルの名前」を考えよう!

 

チャンネルの名前って、簡単そうで意外と「奥が深い」です。

 

ここでは「気に入った名前を自由につけよう!」ではなく、あくまでも今後のチャンネル運営を見据えたネーミング方法を、一緒に考えていきましょう!

 

  • 覚えやすい
  • 検索されやすい
  • ターゲットを意識した

 

こういった要素が、チャンネル名には必要です。

 

自分の付けたい名前があるかもしれませんが、ここはシビアに「戦略的」なネーミングをしましょう!

 

チャンネル名の決め方を『チャンネル名が決まらない?決め方は2つのポイントがおすすめ!YouTubeチャンネルのネーミング編』でお伝えしているので、ぜひ参考にして決めてください。

 

STEP 1-3 チャンネル名の決め方【2つのポイント】

 YouTubeのチャンネル名は、検索の対象にもなります。検索されやすい言葉を使うことも大切ですし、視聴者が分かりやすい言葉を使うことも重要です。適切なポイントを理解してから、ネーミングをしてみましょう!

 

 

こちらの『ネーミング全史 商品名が主役に躍り出た』という本は、ネーミングの発想法を学ぶことができますよ(参考までに)♪

 

 

 

STEP1-4:チャンネルとTwitterを連携しておこう♪

 

YouTubeのチャンネルを作ったら、Twitterと連携しておくといいんですが、自動連携ができなくなったので手動で連携させましょう

 

  • Twitterの拡散力はとても魅力的
  • スマホユーザーとTwitterは相性がいい
  • YouTubeをスマホで見る人も多い

 

スマホユーザーを意識して、YouTubeとTwitterを連携するにはコツが必要です

 

設定方法だけでなく、連携のコツについても『TwitterとYouTubeチャンネルが連携できない?概要欄にリンク設定しよう!』で解説しているので、Twitterを使うときは参考にしてください。

 

STEP 1-4 チャンネルとTwitterを連携する方法

 YouTubeのチャンネルを作ったらTwitterと連携しておきましょう!Twitterの拡散力は大いに活用するべきです。スマホユーザーを意識した連携方法を解説しています♪

 

 

YouTubeのやり方【STEP2】動画を撮影して、YouTubeへ投稿しよう

 

チャンネルを作っただけでは、YouTube上でチャンネルは公開されません。

 

動画を投稿すれば、チャンネルも公開されます

 

まずは、テスト的な動画で構わないので、チャンネルを作ったら動画を投稿してみましょう!

 

  • 動画の撮影って難しそう
  • 投稿のやり方が分からない

 

実は、どちらも簡単です。

 

スマホで撮影して、そのままアップロードすることも可能なんですよ♪

 

360度動画が撮影できる『Insta360 Nano S』(iPhone専用)と『Instra360 Air』(Android専用)は、スマホに取り付けるだけでOKだから、超おすすめですね!

 

 

STEP2-1:YouTubeへ動画を投稿する方法

 

YouTubeへ動画を投稿するとき、スマホ・パソコン、どちらからでもアップロードができます

 

YouTubeでは、動画を投稿する際に「最低限やっておきたい」設定があります。

 

  • タイトル
  • タグ
  • 説明文

 

この3つは、YouTubeで成果を出すために重要なポイントですから、忘れずに設定しておきましょう!

 

動画のアップロード方法とポイントを『YouTubeへ動画を投稿する方法って?注意点は?手順と重要ポイントを解説します!』でも触れているので、よければ参考にしてください。

 

STEP 2-1 YouTubeへ動画を投稿する方法【PC&スマホ】

 YouTubeでチャンネルを公開するためには、動画を投稿する必要があります。パソコン、スマホどちらでも動画の投稿は可能です。アップロードの際にやっておきたい設定ポイントも解説していきます!

 

 

「自作のサムネイル(カスタムサムネイル)」を設定したいときは、アカウント認証が必要です

 

こちらの『YouTubeのサムネイルが変更できない!それは「アカウント認証」が必要なんです』で手順を解説しているので、良ければ参考にしてくださいね!

 

 

STEP2-2:スマホでも「質のよい動画」を撮るコツ

 

スマホだからといって、良い動画が撮れないというわけではありません。

 

良い動画というのは、視聴者にとって見やすい動画です(カメラの機能はあまり関係ないです)。

 

  • 人物の撮り方
  • カメラワーク
  • 照明
  • 音声

 

この4つのポイントに気をつければ、たとえ初心者でも「視聴者が見やすい動画」を簡単に作ることができますよ。

 

初心者でも上手に撮影できるコツを『スマホでプロっぽい動画を撮影する4つのコツ【高価なカメラはいらなかった】』で紹介しているので、ぜひ参考にして撮影してみてください。

 

STEP 2-2 スマホで動画を撮る4つのコツ

 スマホで誰もがカンタンに動画を撮れる時代です!素人感を感じさせない動画を作らないと、YouTubeではライバルに埋もれてしまいます。4つのコツを覚えておくことで、あなたもプロっぽい動画を作れるようになります!

 

 

いまやスマホでも「360度動画」が手軽に作れる時代になりましたし、YouTubeでも「360度の動画」に対応しています。

 

スマホ用の360度カメラを『おすすめ360度カメラ【Insta360 nano S】は買うべきか?メリット&デメリット』でレビューしているので、よければ参考にどうぞ♪

 

 

これからは「VR動画」や「360度動画」が、どんどん主流になっていくでしょうから、今のうちに取り組んでおくと先行者利益を得られると思います!

 

Insta360 Nano S』(iPhone専用)や『Instra360 Air』(Android専用)を使えば、スマホで簡単にサクッと「360度動画」「3D動画」が作れちゃいます♪

 

\ 手軽に使える!おすすめ「360度カメラ」/

Insta360 Nano S iPhone専用
Instra360 Air  Android専用
Insta360 EVO 3D動画の撮影可能

 

STEP2-3:BGMを使って「一味違う」動画を作ろう!

 

魅力的な動画を作るために、忘れてはいけないのが「音楽」で、いわゆる「BGM・効果音」というやつです

 

ただし、注意したいのが著作権・・・

 

YouTubeのシステムはとても優秀で、著作権を侵害している動画にはすぐさま警告がきます(「知らなかった」では済みません)。

 

YouTubeが提供している「オーディオライブラリ」には、著作権フリーの音楽が数多く揃っているので、ぜひ利用して見ましょう♪(もちろん無料です)

 

オーディオライブラリの使い方を『YouTubeオーディオライブラリの使い方!著作権フリーの音楽(BGM)をダウンロードしよう』で解説したので、よければ参考にしてください。

 

STEP 2-3 著作権フリーのBGMを手に入れる

 人気動画を作るために、BGMや効果音は必須です。しかし音楽の使用には「著作権」への注意が必要です。YouTubeの公式サービスを使えば、著作権フリーのBGMが無料で手に入れられます!

 

 

著作権フリー・商用利用OK!」な音楽・効果音を使うときは「MotionElements」が超オススメです(世界中のクリエイターが素材を提供しています)。

 

STEP2-4:動画ブログ(vlog)は、初心者にオススメです!

 

動画ブログ(通称:vlog)」は、初心者にもオススメの動画ジャンルです。

 

基本的にはブログのように、自分の好きなことを、好きなように発信するだけですから、初心者にとっては始めやすいジャンルです。

 

そして、手の込んだ企画や台本なども一切必要ありませんから、アイデアさえあれば「自由に動画を作っちゃえばいい」んです♪

 

初心者に「vlog」をおすすめする理由を『vlog:動画ブログをYoutubeで始める4つのメリット&3つの秘訣(初心者おススメ!)』に書いているので、興味があれば読んでみてください。

 

STEP 2-4 初心者にオススメのジャンル「vlog」

 「vlog」とは、動画版ブログのことです。手の込んだ企画や台本も必要なく、撮影や編集にも高度なテクニックは必要ありません。初心者には取り組みやすいジャンルで、ファンも生まれやすいです!

 

 

YouTubeのやり方【STEP3】YouTubeに投稿した動画を拡散しよう

 

YouTubeに動画を投稿したら、それで終わりではありません。

 

多くの人に動画を見てもらえるように、YouTube以外の場所でも動画をアピールしましょう!

 

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • ブログ
  • ホームページ

 

YouTubeの動画は、こういった場所へも簡単にシェアできるので、必ずやっておくといいですね♪

 

 

STEP3-1:YouTubeの動画を「Twitter」で拡散する方法

 

YouTubeの動画を「Twitter」でシェアするとき、動画のURLをそのまま貼り付けても・・・

 

ほとんど効果がありません!

 

YouTubeの「リンクをクリックしてもらう」ことが目的なので、文字だけでなく「画像」や「動画」も活用して、ツイート自体を「魅力的」で「目立つ」ものにする必要があります

 

Twitterでシェアするときのコツを『TwitterでYouTubeの動画を拡散する方法!ツイートに埋め込むときの注意点【徹底解説】』で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

STEP 3-1 TwitterにYouTubeの動画を埋め込む方法【徹底解説します】(アクセスアップ術)

 TwitterでYouTubeの動画をシェアするとき、今回紹介するコツを覚えておくとフォロワーの反応が高くなります。ポイントは「そのままシェアしない」です!

 

 

STEP3-2:YouTubeの動画を「Facebook」に投稿する方法

 

YouTubeの動画を「Facebook」のタイムラインでシェアするとき、タイムラインに動画のURLを貼り付けるだけでOKです

 

ただこれだと、Facebook上で表示率が上がっていかないのでしっかり「投稿文」も書き加えましょう!

 

  • コメント
  • シェア

 

フォロワーにこういう反応をしてもらうには、投稿の仕方や内容を工夫する必要があります

 

シェアやコメントをしてもらえたら、投稿の「表示率もグッと上がる」から、YouTubeの動画も拡散されやすくなりますよ♪

 

  • ストーリーズ
  • タイムライン
  • Facebookページ

 

こういったところへ、YouTubeの動画を貼り付けて、多くの人に動画を見てもらえる戦略を使っていきましょう。

 

Facebookでシェアするコツを『FacebookにYouTube動画を「埋め込む(貼り付ける)」方法!シェア(共有)する秘訣を暴露♪』でお伝えしているので、よかったら参考にどうぞ。

 

STEP 3-2 YouTubeの動画をFacebookへ貼り付ける方法

 FacebookでYouTubeの動画をシェアすると、通常の投稿文よりも表示率が下がります。表示率をあげるために「投稿文」の内容がポイントです。

 

 

STEP3-3:YouTubeの動画を「ブログ」「ホームページ」に埋め込む方法

 

YouTubeの動画をSNSでシェアしたら、もう1つ作業が残っています。

 

  • ブログ
  • ホームページ

 

自分のブログやホームページを持っていたら、積極的に「動画を貼り付け」ていきましょう!

 

ブログへ動画を貼り付けるときも、もちろんコツがあるので『超便利!ブログへYouTube動画を貼り付ける(載せる)方法【ユーチューブ埋め込み機能】』で実例を紹介しながら解説したので、よければ参考にしてください。

 

STEP 3-3 YouTubeの動画をブログ記事へ埋め込む方法

 ブログやホームページへYouTubeの動画を貼り付けるのは、とても簡単です。アクセスの多い記事に動画を貼れば、再生回数も伸ばしやすいですよ!

 

 

ブログやホームページをもっていなければ、今回の作業は必要ないんですが、ブログからのアクセスって結構あるんです♪(動画の「埋め込み」は超カンタン!)

 

  • YouTube
  • ブログ
  • SNS

 

いまは「複数の媒体を組み合わせて」発信していくのがベストなので、ブログも始めてみるといいかも!

 

ちなみに、わたしはオンラインスクールで「ブログのイロハ」を学んでから、2年間で月間アクセス「100pv」→「10万pv」になりました♪

 

おすすめスクールを『【ブログ始めたい】ブログマーケティングスクール(BMS)の感想(2年以上在籍してみて)』で紹介しているので、よければ参考にどうぞ♪(今も在籍中です!)

 

 

YouTubeのやり方【STEP4】チャンネルのデザインをカスタマイズしよう

 

あなたの動画に興味をもった視聴者は、あなたのチャンネルを訪れてくるようになるので、これこそが「最大のチャンス!」です(チャンスは逃すな♪)。

 

  • 動画の再生回数アップ
  • チャンネルへの登録
  • SNSのフォロー
  • ブログ・ホームページへの誘導 etc

 

チャンネルをしっかりとカスタマイズしておけば、いろいろなメリットがあるので、積極的に視聴者へアピールしましょう!

 

チャンネルはあなたの店と同じですから、魅力あるデザインにして、視聴者が快適に過ごせるよう「便利機能も設定」しておくといいですよ

 

 

STEP4-1:魅力的な画像をチャンネルに設定しよう!

 

YouTubeチャンネルでは、画像の設定が「2ヶ所」だけ必要になります。

 

  • チャンネルアイコン
  • チャンネルアート(トップ画像)

 

とくに「チャンネルアート」は、スマホとパソコンで表示範囲が異なるので、画像を設定するときに注意が必要です!

 

チャンネルアートは、チャンネルの顔にもなる部分ですから、手を抜かずに設定しましょう♪

 

設定方法と注意すべきポイントを『YouTubeチャンネルのデザインを設定する方法【アイコン&ヘッド画像の設定】』で解説したので、ぜひ参考にしてください。

 

STEP 4-1 チャンネルアイコン&ヘッド画像の設定方法

 チャンネルを開設したら、アイコンとヘッド画像(チャンネルアート)を設定しましょう。視聴者にとって分かりやすく、魅力的なデザインにすることで「ブランド力アップ」にも繋がります。

 

 

デザインの素材で困ったときは「イラスト・画像素材【PIXTA】」で探してみるのもOK。

 

有料ですが「使いまわし」ができて、サムネイルとか、ブログとか、SNSとか、いろいろな場面で素材を使えるから、コスパ的にもかなり優良です

 

5,300万点以上の写真・イラスト・動画・音楽あり!

イラスト・画像素材【PIXTA】:著作権フリー♪使い回しOK!毎週、期間限定の【無料素材】もあり

 

STEP4-2:チャンネルの外観を整えよう(セクション設定)

 

チャンネルの外観を整えることは、再生回数を増やすために必須事項です

 

視聴者がせっかくチャンネルを訪れてくれるのに、チャンネルのセクション設定をしていないというのは、大きな機会損失 をしています。

 

定期的に動画の投稿をするようになったら、必ず設定しておきましょう!

 

  • チャンネル紹介動画
  • 人気の動画
  • 再生リスト

 

これらの設定と配置は、再生回数を伸ばしていくために、とくに重要です!

 

チャンネルの外観を設定するときも、やっぱりコツがあるので『YouTubeのチャンネルをカスタマイズしましたか?セクション設定は必ずやろう!』で解説しました。

 

STEP 4-2 チャンネルのレイアウト(外観)の変更

 チャンネルトップ画面のデザインを変更したら、次はチャンネル訪問者に「動画をもっと見てもらう機能」を設定しましょう!チャンネル登録&再生回数アップに直結しますから、オススメの設定です。

 

 

特別編:YouTubeチャンネルのブランド化

 

YouTubeで成果を出すためには、やはり「チャンネルのブランド化」が必須です。

 

  • 動画の再生回数
  • チャンネル登録者
  • 収益(広告収入 etc)

 

これらを増やしていくために、ブランド化戦略は欠かせません。

 

視聴者にとって分かりやすいチャンネルになるよう、いろいろな手段を使いながらイメージ戦略を進めていきましょう!

 

ブランド化のポイントを『YouTubeで人気になるには?チャンネルをブランド化させる4つのポイント【ブランディング構築】』にまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

特別編 チャンネルをブランド化する4つのポイント

 チャンネルをブランド化していくと、再生回数も安定して増えていきます。さらに濃い視聴者(ファン)も続々と増えるので、メリットばかりです。4つのポイントを押さえて、ブランディングをしていきましょう!

 

 

YouTubeで収益化していくポイントについては、メール講座でもお伝えしているので、興味がありましたら登録してみてください♪

 

\ 収益化のポイントを伝授!/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 9 =

Copyright© メデミ研究所 , 2018 All Rights Reserved.