無料メルマガ登録
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

      2017/09/07

チャンネル名は重要ポイント!コンセプトが伝わるものにする

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • チャンネルを作成するときに、まず行うのがチャンネル名を決めることです。
  • あまり深く考えずに決めてしまってもいいのですが、せっかくなのでチャンネル名もしっかり決めておきましょう!
  • 後から変更も可能ですので、時間をかけすぎないようにして下さい。
  • チャンネル名を決めるには、ポイントを押さえておくことが大切です。

 

チャンネル名を決めるポイント

あなたのチャンネル名は、YouTubeの様々な場所で表示されます

視聴者の目にも留まりやすい、いわば表札のようなものです。

 

したがって、

チャンネル名は思いつきで決めるものでもなく、好きな名前にすればよいというものでもありません。

 

次のような観点からチャンネル名を考えるのがポイントです。

  • 商品やサービスのコンセプトが伝わるか?
  • 視聴者がチャンネルをイメージしやすいか?
  • 記憶に残りやすいネーミングか?
  • 検索されそうなキーワードが入っているか?
  • ライバルと差別化が図れているか?
  • 著作権を侵害していないか?
  • あなたが心から気に入っている名前か?

 

などのようなことを考慮しながら、チャンネル名を決めていくと良いでしょう。

 

ターゲット層に分かりやすいキーワードを使う

では、少し具体的に考えてみましょう。

あなたのターゲットとしている視聴者層を、思い出してみて下さい。

 

「性別」「年齢」「地域」などで、ある程度ターゲットを絞っていきます。

 

そして、

あなたの動画を見てもらいたいターゲット層の視聴者に対して、分かりやすい言葉を選んでいきます。

 

たとえば、

「小学生」がターゲットになる場合は、漢字よりもひらがなで表記します。

また、子供がイメージしやすいように、簡単な言葉だけを使うようにします。

 

「女子高生」がターゲットであれば、「かわいい」「おしゃれ」「おもしろい」を意識した単語を使っていきます。

若い女性をターゲットにする場合は、口コミやSNSでシェアされる可能性が高くなります。

思わずシェアしたくなるような、そんな視点からネーミング考えるのもよいでしょう。

 

「地域」をターゲットにするときは、対象となる地域名をチャンネル名に含めます。

特に、店舗などを経営されているのであれば、業種と地域名で検索される可能性が大いにあります。

地域名は非常に重要なので、忘れないようにして下さい

 

ライバルとの差別化を図る

ターゲット層が検索しそうなキーワードを盛り込むのも重要ですが、誰もが使うようなキーワードだと検索で上位表示される可能性は低くなります。

特にチャンネルを始めたばかりの時期は、他のチャンネルに埋もれてしまいます。

 

そこで重要なのが「差別化」を図ることです。

 

ライバルと一線を画すために、あなた独自の屋号を作ってしまいます

「○○TV」「△△チャンネル」などは良く使われていますので、もう少しバリエーションを考えていいかもしれません。

 

これは、いわゆる造語になるので、多くの視聴者に検索されるキーワードではありません。

あなただけのブランドになるわけですが、難点は認知されるまでに時間がかかる点です。

しかも、検索される可能性はすごく低いです。

 

しかし、

こういった場合、名前が知れ渡ってくると、一気に認知されるようになってきます。

あなた=チャンネル」というイメージが出来上がっていきます。

 

「●●チャンネルのあの人」もしくは「△△さんといえば、あのチャンネル」という感じになります。

 

差別化を図るか? キーワード狙いか?

 

キーワード狙いだと、ターゲット層にアプローチすることできます。

ただ、誰もがつかうような言葉を選ぶと、検索結果で上位に表示される可能性は低くなります。

特にチャンネルを始めたばかりの頃は、多くのチャンネルに埋もれてしまいます。

 

一方、ライバルと差別化を図る場合、ターゲット層に検索される可能性は、ほぼ無くなります。

認知されるまでに時間がかかりますが、一度でも名前が広まると、一気にチャンネルのブランディンが構築できます。

 

どちらの方法も、メリットとデメリットがあります。

どちらかの方法に決めてしまうよりも、ここでおススメしたいのが

 

差別化+キーワード

 

というハイブリット戦略です。

 

つまり、

「あなたのブランド名+狙いたいキーワード」を組み合わせるということです。

 

例)エステやリラクセーションサロンの場合

「店舗名+●●市で小顔になれるといえば」

「手技名+△△町からお届け!リラックス&ダイエット」

 

というように、

単なるチャンネル名というよりは、タイトル名に近いようなネーミングをします。

あなたのチャンネルを一つのストーリーだとして、それに題名をつける感覚に近いです。

 

こうすることで、ブランド名もアピールしながら、検索される可能性を高めておくわけです。

 

そして、

チャンネル名が決まったら、チャンネルアイコンやチャンネルアートといった外観の部分をアレンジしていきます。

チャンネル名だけでなく、こういった画像の部分も含めて「チャンネルのコンセプトを表現」していきます。

 

まとめ

  • チャンネル名は、YouTubeのあらゆる場所に表示されるので、視聴者の目に留まりやすい
  • キーワードを狙うときは、ターゲット層に分かりやすい検索されそうな言葉を入れる
  • ライバルと差別化を図るときは、あなた独自の屋号を決める
  • ブランド名+キーワードというハイブリット戦略を用いる
  • 最終的には、あなたが心から気に入った名前にする

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

comments

The following two tabs change content below.
服部徹
所長 兼 ビジネスパーソナルトレーナービジネス動画YouTube活用研究所
動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています!
 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.