初心者から始める「YouTube」「ブログ」「メルマガ」の極意

⇒ 初心者でも稼げる『YouTube入門書』こちらから!!!

動画撮影にカメラはいらない!スマホでプロっぽい動画を撮る4つのコツ

2018/09/30
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

ポイント!

  • スマホの性能は日々進化しているので、高画質の動画をカンタンに撮ることができます。
  • YouTubeに投稿する動画は、スマホで撮影した動画でも十分です!
  • 4つのコツを使えば、プロっぽい動画を撮ることもできます。
  • 素人感が抜けて、ライバルよりも質の良い動画を作れますよ!

 

今回は『スマホ撮影のコツ』について!

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です。

(気ままに独り言 ⇒ @bpt_tooru

 

今回のテーマは『プロっぽく、スマホで動画を撮ろう!

ということで、スマホで動画を撮るときの4つのコツについて解説します。

 

 

コツを紹介する前に、これだけは覚えておきましょう!

 

「視聴者に気持ちよく見てもらう!」

 

これは、YouTubeで最も大事なことです。

必要最低限の道具だけは、準備しておきましょう。

 

 

スマホでも快適に撮影できるよう、

三脚』や『自撮り棒』の用意をオススメします!

 

三脚や自撮り棒は、1,000円~2,000円で手に入ります

(安いものでも十分使えます!)

 

 

今回は『プロっぽい!』をテーマにしています。

最少限の出費は、惜しみなくしましょう!笑

 

最後まで読んでいただき、実際に撮影してもらえれば幸いです。

それでは、4つのコツについて、お伝えしていきます。

 

 

▼『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

 

はじめに

この記事を読むと・・・

  • スマートフォンで、プロ並みの動画が撮れるようになります
  • 人物を撮影する時のコツが分かります
  • 視聴者に不快感を与えないカメラワークができるようになります
  • 明るさや音声のポイントを知ることができます

 

動画はこちらから↓↓↓

 

コツ①:人物を撮影するとき

 

 

1つめのコツは、人物撮影についてです。

人物の 位置大きさ によって、視聴者が受ける印象は、大きく変わります。

 

 

  • フル:足先から頭までが入る
  • ウェストアップ:腰から上が入る
  • バストアップ:胸から上が入る
  • クローズアップ:顔に焦点を当てる

 

 

動画ブログ(vlog)など、話すことがメインの動画では「バストアップ」ショットを基本にします

(胸から上が入るように)

 

同じシーンが続くと、飽きられてしまいます。

そのため「クローズアップ」ショットを間に入れると、少し作り込んだ動画になります。

 

 

 

 

▼もう恥ずかしくない!スマホに向かって話すときのコツ↓↓↓

 

 

大勢の中から、一人に焦点を当てたいとき・・・

こういった流れで撮影すると、ポロっぽくなりますよ!

↓↓↓

  • グループ全体を、画面に入れる

   ↓↓↓

  • 狙う人物の「フル」ショットにする

   ↓↓↓

  • 「バストアップ」「クローズアップ」ショットにして、対象の人物を印象付ける

 

 

 

 

撮影に余裕があれば、様々なサイズのショットで、動画を撮っておきましょう。

 

もう一つポイントがあります。

人物だけでなく、周りの背景なども撮影しておくと、編集のときに大変便利です

(素材がたくさんあると、編集がとても楽ですよ!)

 

 

コツ②:スマホを動かすとき

 

「う~ん、この動画みてると『なんだか酔うな・・・』」

 

こんな経験ありませんか?

 

2つめのコツは、スマホの動かし方について!

 

 

もしも見ている動画が・・・

 

  • 上下にブレまくる
  • 波を打ったように移動する

 

こんな状態だと、視聴者はあまり気分よくありません。

(というか不快です!)

 

 

こういう動画になる大きな原因は「スマホの動かし方」にあります。

撮影中、スマホが無駄に動くからです。

 

 

スマホを動かすコツ』お伝えします!

 

撮影時、スマホを一気に動かすことを「PAN(パーン)」といいます

撮影画面に入っているA地点から、画面に入っていないB地点に向かって動かす。

↓↓↓

 

 

スマホを左右に振るだけではなく、上下に振ったりすることもあります。

 

パーンをするときのコツ。

手先でスマホの向きを変えるのではなく、手は体に固定して一気に体の向きを変える!

 

そうすれば、画面がブレることなく、スムーズに切り換わります。

 

数秒間だけ静止 ⇒ パーン ⇒ 再び静止

(パーン前後での数秒間の静止がポイント)

 

 

このパーンという技術。

撮影場所などの状況説明に役立つ、とても便利なカメラワークです

 

便利なのですが・・・

 

パーンを使い過ぎると、動画全体のリズムが崩れるので、注意が必要です。

 

 

とくに初心者の頃は、カメラを忙しく動かしたくなるものです。

カメラを動かし過ぎると、逆に安っぽい印象になるので要注意です!

 

この「パーン」テクニック。

ここぞ!という時に使うことで、とても効果を発揮させることができます。

 

 

コツ③:撮影するときの明るさ

 

撮った動画を見返したとき、

 

「あれ!?」

「ちょっと暗くないか?」

 

わたしも、スマホ撮影を始めたころ、こんなことを感じました。

 

スマホで動画を撮ると、思ったよりも暗く仕上がっていることが多いです

 

明るいと思って撮影したつもりが・・・

録画した動画を見てみると「あれ!?暗いな・・・」ということがあります。

 

 

スマホで撮るときのポイント。

なるべく照明を多くして、できるだけ明るくしてから撮影するようにしましょう!

 

照明を少し工夫するだけでも、とても画質は良くなります。

もちろん、立派な照明機材は必要ありません

 

気にしてもらいたいのは、柔らかくて均一な明かりの下で、動画を撮影することです。

(蛍光灯が古かったら変えてみて!)

 

 

屋外で撮影するときは、曇り の日に撮影すると良いです

見栄えが良くて、きめ細かい映像が撮れます。

 

 

晴れた日に撮影するなら・・・

まぶしい太陽と暗い影を避けるため、日陰 で撮影することを心掛けて下さい

 

 

 

屋内で撮影するときは、カメラを窓の近くに置くとよいです。

そうすれば、自然光をたっぷり得られます。

 

屋内は思ったよりも暗く映るので、蛍光灯の光などをたくさん使いましょう

 

 

また、カメラに向かって話す人の視界に

 

  • 白いもの
  • 明るいもの

 

を入れることで、「キャッチライト」の効果が得られます。

これもぜひ試してみて下さい。

 

 

▼YouTubeで人気になる動画を「スマホで撮る」ときの秘訣↓↓↓

 

 

コツ④:声を聞き取りやすくする

 

もしも・・・

あなたの話している声が、視聴者が聞き取りにくかったら?

 

視聴者は、動画を理解できません。泣

 

声が聞き取りやすいか?

視聴者にとって、これも動画を見るかどうかの判断材料になります

 

 

優れた音質で撮影できていれば、編集での手間もかかりません

 

スマートフォンの性能は、年々進化しています。

特別な音声機材がなくても、内臓マイクで十分な音質が確保できます。

 

 

ですが・・・

スマホの内蔵マイクを使うときは、できる限りスマホの近くで話しましょう

 

 

  • 屋外
  • 賑やかな所

 

こういった場所で撮影をするとき。

周囲の雑音が入りやすいので、外付けマイクを使ってくださいね。

 

 

YouTubeのメリット。

とても低コストで、動画を投稿できるという点です。

 

スマートフォンでも、十分に綺麗な動画が撮れます

 

しかも、コツを押さえるだけで・・・

素人っぽさが抜けた動画を、いとも簡単に作ることができます!

 

 

▼スマホで録画!縦撮り派?横撮り派?どっちがいい!?↓↓↓

 

 

今回のまとめ

 

それでは最後に、今回のおさらいをしておきましょう。

 

なぜ『プロっぽい』動画を作る必要があるのか?

 

 

視聴者に喜んでもらうため!

ただそれだけです。

 

 

この気持ちを忘れると・・・

独りよがりになって、視聴者に不快感を与える動画になりがちです。

 

「見てもらうという」意識を忘れないで下さいね!

 

 

今回紹介した

 

  • 人物のサイズ
  • スムーズなカメラワーク
  • 明るい照明
  • 聞き取りやすい音声

 

といったテクニックを使えば、視聴者の印象に残る動画を作ることができます。

 

 

誰でもスマホで、クオリティの高い動画を撮れる時代になりました。

多くの人が、YouTubeへ動画を投稿しています。

 

そのとき、どう 差別化 をするか?

 

こういう細かい部分が、きっとライバル動画との差を分けることになるでしょうね。

 

 

⇒ 稼げるYouTubeの始め方【無料】』では、

スマホでの撮影や編集など、この記事で紹介したテクニック以外にも、お伝えしています。

 

それでは今回は、以上になります。

お疲れ様でした!!!

 

 

『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

詳しくは画像をクリック↓↓↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.