【YouTube】視聴者を惹きつける!プロ並みの動画をスマホで撮るテクニック

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

 

はじめに

  • YouTubeの良い点は、低コストで動画が投稿できる点です
  • スマホの機能が進化しているので、誰でも簡単にキレイな動画が撮れます
  • 少しの工夫をするだけで、プロ並みの動画が撮れます

 

 

人物撮影の基本サイズ

インタビュー動画であっても

プロが撮影すると、なぜあれほど躍動感が・・・?

 

人物の位置や大きさによっても、

視聴者の受ける印象は大きく変わります

 

 

 

  • フル:足先から頭までが入る
  • ウェストアップ:腰から上が入る
  • バストアップ:胸から上が入る
  • クローズアップ:顔に焦点を当てる

 

動画ブログなど、話すことがメインの動画では、

上記のような「バストアップ」ショットを基本にします

 

そして、

「クローズアップ」ショットを間に入れると、

少し作り込んだ動画になります。

 

また、

大勢の中から一人に絞るときは、

まずグループ全体を画面に収めます。

 

そこから、

狙う人物の「フル」ショットにします。

 

そしてさらに、

「クローズアップ」ショットにすることで、

特定の人物を印象づける動画になります。

 

撮影に余裕があれば、

様々なサイズの動画を撮っておきましょう。

 

また、

人物だけでなく、周りの背景なども撮影しておくと、

編集のときに大変便利です

 

上手なPAN(パーン)の方法

カメラ酔いしたことは、ありませんか?

 

録画しているスマホが、上下にブレまくったり、

波を打ったように画面が移動すると、

視聴者はあまり気分良く見ることができません。

 

撮影画面に入っているA地点から、

画面に入っていないB地点に向かって、

カメラを一気に向けることを「PAN(パーン)」といいます。

 

 

左右に振るだけではなく、上下に振ったりすることもあります。

 

このパーンは、

撮影場所などの状況説明に役立つ、とても便利なカメラワークです

 

しかし、これを使い過ぎると、

動画全体のリズムが崩れるので、注意が必要です。

 

初心者の頃はとくに、

カメラを忙しく動かしたくなるものです。

 

逆に、

あまりカメラを動かし過ぎると、

かえって動画が安っぽい印象になります。

 

この「パーン」テクニックは、

ここぞという時に使うと、とても効果的です。

 

パーンをするときのコツは、

手先でカメラの向きを変えるのではなく、

手は体に固定して一気に体の向きを変えます

 

そうすることで、

画面がブレることなく、スムーズに切り換わります。

 

照明を利用して美しい映像にする

スマートフォンで撮影すると、

動画が暗くなったりしませんか?

 

動画の暗さが気になったら、

照明を少し工夫するだけで、とても画質は良くなります。

 

とはいっても、

立派な照明機材は必要ありません。

 

ポイントとしては、

柔らかくて均一な明かりの下で、撮影することです。

 

屋外で撮影するときは、曇りの日に撮影すると良いです

 

そうすれば、

見栄えが良くて、きめ細かい映像が撮れます。

 

もしも、

晴れた日に撮影するのであれば、

まぶしい太陽と暗い影を避けるため、日陰で撮影してみて下さい

 

 

屋内で撮影するときは、

カメラを窓の近くに置くことで、自然光をたっぷり得られます。

 

屋内は思ったよりも暗く映るので、

蛍光灯の光などをたくさん使いましょう

 

他にも

視界に白いものや、明るいものを入れることで、

「キャッチライト」の効果が得られます。

 

 

視聴者が聞き取りやすい音声を撮る

もしも、あなたの話している声が、

視聴者が聞き取りにくければ、動画を理解できません。

 

視聴者にとって良い音質は、

動画を見るかどうかの判断材料にもなります

 

また、

撮影時に優れた音質で録音できていれば、

編集時に手間をかける必要がありません。

 

スマートフォンの性能が進化しているので、

特別な機材がなくても、内臓マイクで十分な音質が確保できます。

 

内蔵マイクを使うときは、

できるかぎりスマートフォンの近くで話をします

 

もしも

屋外や賑やかな場所で撮影するときは、

周囲の雑音が入りやすいので、外付けマイクを使いましょう。

 

まとめ

  • 人物が話す動画を作る時は、バストアップのショットにする
  • カメラの向きを変える時は、ブレないように手を固定して体で回る
  • 屋外での撮影は、曇りの日もしくは、晴れた日であれば日陰で行う
  • 屋内での撮影は暗くなるので、蛍光灯などを使って明るさを確保する
  • 録画のときは、スマートフォンの近くで話す
  • 屋外で撮影するときは、なるべく外付けのマイクを使う

 

 

 

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.