YouTubeとブログを掛け合わせて発信中♪

動画に動画を重ねるってどうやる?iPhone動画編集アプリ「iMovie」でもできた!

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • iPhone版iMovieでも「動画に動画を入れる」編集ができます。
  • いわゆる「ワイプ」を使えば、魅力的な動画が作れるでしょう!
  • ポイントは「完成後をイメージ」してから撮影することです。

 

今回のテーマは『iPhone版iMovieでワイプ動画を作る方法』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

 

YouTubeをはじめてから、5年以上が経ちます。

かれこれ、1,000本以上は動画を作ってきた感じです。

 

バラエティ番組を見てると、ワイプを目にすることがホント多い!

 

普段から自分も、あんな風に「動画の中に動画を入れる」とか「動画に動画を重ねる」って感じの編集が、できたらいいなあって思ってました。

 

そんなとき、ふと「iPhoneでiMovie」をいじってたら、ワイプ動画が作れることに気がついたんです!

 

  • 旅行先で撮った動画の実況がしたい
  • オンラインのコラボ動画を作りたい

 

アイデア次第では、ありきたりな動画を大変身させることだってできちゃいます。

 

しかも、動画の中に動画を入れて、重ねて表示させる編集をするだけで、まったく雰囲気の違った動画を作れるんですよ!

 

 

そこで今回は「iPhone版iMovieを使ってワイプ動画を作る方法」について、解説していきたいと思います。

 

 

動画の中に動画を入れて「2つの動画を1つにしたい」

 

たとえばこの画像のように、イルカを撮影した動画の中に「撮影者が映った動画」を重ねることで、臨場感をグッと増すことができます

 

ワイプ動画:実況

 

  • 絶景を撮影しながらレポート
  • 料理を作りながら手元も見せる
  • ゲーム実況でプレイヤーも見せる

 

こういった見せかたは、動画に動画を重ねるテクニックを使えば、簡単にできます。

 

さらに、オンラインでコラボしている動画を作るとき、自分の動画の中に「相手の動画」を入れると、コラボ感がより伝わりやすくなります

 

ワイプ動画:リモート会話

 

このような手法は、テレビよく見かけると思いますが、いわゆる「ワイプ」とか「PIP」と呼ばれる編集方法です。

 

PIP:picture in pictureの略。ピクチャ・イン・ピクチャ。

 

難しそうに思えるかもしれませんが、じつは「動画の中に動画を重ねる」編集は、iPhone版の「iMovie」を使えば、簡単にできちゃいます♪

 

もちろん「iPhoneのiMovie」だから無料です。

 

さらに、画面を分割(上下とか左右に)した動画を作りたいときは、こちらの『iPhone版iMovie|2つの動画を並べて1つの動画を作る方法(スマホで二画面分割の編集)』も合わせて読んでみてくださいね。

 

 

iPhone「iMovie」を使って動画に動画を重ねる方法(ワイプ動画の作り方)

 

それでは、iPhone版のiMovieを使って「動画の中に動画を入れる」編集方法を解説していきます(ワイプ動画を作る)。

 

【チャンネル登録】お願いします!

動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

  • 画面左にある「+」をタップ
  • 元になる動画を選択(①)
  • 表示された「+」をタップ(②)

 

iPhone iMovie:ワイプ動画を作る①

 

  • 重ねたい動画を選択してタップ(①)
  • 表示された「・・・」をタップ(②)

 

iPhone iMovie:ワイプ動画を作る②

 

  • 「ピクチャ・イン・ピクチャ」をタップ
  • 画面右上にある「虫メガネ」マークをタップすると、枠内で拡大縮小ができる

 

iPhone iMovie:ワイプ動画を作る③

重ねて表示させる動画は「被写体が小さく見える」ので、拡大して調節しましょう

 

  • 虫メガネの下にある「矢印マーク」をタップすると、動画の位置・大きさを調節できる

 

iPhone iMovie:ワイプ動画を作る④

元の動画の邪魔にならないように「位置や大きさ」を調節しましょう

 

  • 矢印マークの下にある「□マーク」をタップすると、枠線が表示される

 

iPhone iMovie:ワイプ動画を作る⑤

 

さらに「Mac版のiMovie」だと、枠線の色を変えたりもできるので、こちらの『2つの動画をならべて再生する編集方法!iMovieで作ってみた♪』も参考にしてみてください♪

 

ポイントは「完成後」を意識して撮影すること!

 

ワイプ動画を作るときは、あらかじめ「動画を重ねたときのイメージをして」から、動画の撮影をするといいです。

 

本編となる動画を撮影するとき、あまりに被写体が近すぎると「ワイプ動画を入れる場所が無くなる」ので、ある程度は余裕を持たせた構図で撮影しましょう。

 

スマホで撮影するときも「三脚」や「自動り棒」を使って、画面がブレないようにしてくださいね!

 

 

 

 

 

動画に動画を入れるメリット(まとめ)

 

ありきたりな動画でも、今回紹介した「ワイプ動画」にすることで、魅力的な動画に仕上げることができます。

 

しかも、動画に動画を入れて重ねるだけですから、とてもシンプルな編集方法です。

 

  • 実況動画
  • リモートのコラボ動画
  • 宣伝とか広告を入れてアピール

 

このほかにも、アイデア次第でいろいろな動画を作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

 

もちろん、有料の編集ソフトを使えば「もっと複雑なことも簡単にできちゃう」ので、動画編集に慣れてきたら「Movavi Video Suite【Windows版】」や「Movavi Video Editor【Mac版】」などのソフトを使ってもOKです。

 

\ おすすめ「動画編集」ソフト♪/

Movavi Video Suite【Windows版】無料体験版あり
Movavi Video Editor【Mac版】無料版ダウンロード

 

\【無料】カウンセリング受付中(先着順)/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × two =

Copyright© メデミ研究所 , 2020 All Rights Reserved.