情報発信のためのWebツール活用術

iPhone版iMovie|2つの動画を並べて1つの動画を作る方法(スマホで二画面分割の編集)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Webライター歴4年、ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube/ライブ配信」「ブログ/メルマガ」「SNS」などによる、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪ フリーランスの働き方についても発信中。趣味のゲームはファミコン時代を含めると30年とも・・・
詳しいプロフィールはこちら

ポイント!

  • iPhoneアプリのiMovieを使っても、二画面分割の動画編集を行うことができます。
  • 1本の動画の中に別の動画を挿入したり、2本の動画を並べて表示することも可能です。
  • ビフォアフターなど、2つのモノを同時に比較したいときに便利な編集方法です。
  • 作業はとても簡単ですから、スマホでもプロっぽい動画編集ができるようになります!

 

今回のテーマは『iPhone版iMovieでの画面分割編集』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

ビフォーアフターとかコラボ動画みたいに「2本の動画を同時に流す」編集をスマホでして、そのままSNSとかにアップしたい!

 

でも、有料のアプリとかは使いたくない・・・。

 

そんなときは「iPhone版iMovie」を使うだけで、簡単に「二画面分割の動画」を作ることができるんです。

 

  • コラボ風の動画
  • 商品の比較
  • ビフォーアフターの比較 etc

 

こういう動画を作りたいときは「1つの画面で2本の動画を同時に流す」ことで、とても印象的な動画になります。

 

ということで、この記事では『iPhone版iMovieで二画面分割編集をする方法』について、詳しく解説していきますね。

 

画面分割ではなく、動画の中に動画を入れるやり方は『動画に動画を重ねるってどうやる?iPhone動画編集アプリ「iMovie」でもできた!』で解説しているので、こちらも合わせてお読みください。

 

 

iMovie(iPhone版)で「二画面分割」の編集をする方法

 

【チャンネル登録】お願いします!

動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

  • アプリ「iMovie」をタップ
  • 「プロジェクトを作成」をタップ

 

iPhone版iMovie「二画面分割」①

 

  • 画面左上の「+」をタップ
  • 編集したい動画をタップ【①】
  • 選択した動画の下に表示される「+」をタップ【②】

 

iPhone版iMovie「二画面分割」②

 

  • 再び画面左上にある「+」をタップ
  • 同時に表示させたい動画をタップ【①】
  • 選択した動画の下に表示される「…」をタップ【②】

 

iPhone版iMovie「二画面分割」③

 

  • 「スプリットスクリーン」をタップ
  • 画面右上にある「虫眼鏡」をタップすると動画の拡大ができる

 

iPhone版iMovie「二画面分割」④

 

  • 必要に応じて「拡大/縮小」して位置を調整する

 

iPhone版iMovie「二画面分割」⑤

 

  • 追加した動画も「拡大/縮小」して位置を調整する
  • 画面右中央にある「|」をタップすると動画と動画の間に線を引ける

 

iPhone版iMovie「二画面分割」⑥

 

  • 画面右中央にある「⇄」をタップすると上下に分割できる

 

iPhone版iMovie「二画面分割」⑦

 

  • 再生をタップして、動画の内容を確認
  • 動画の長さを微調整するときは、動画を選択して調整する
  • 編集が終わったら画面左上にある「完了」をタップ

 

iPhone版iMovie「二画面分割」⑧

 

【このような感じに仕上がります】

(記事の冒頭にある動画の後半で、このサンプル動画が見れます)

 

【ワンポイント】

  • 編集して加工しやすいように、動画の冒頭と終了部分はわざと「長めに」尺をとる
  • 本編の長さを合わせると、相手に分かりやすい動画になる
  • 効果や効能を示す場合は、明らかな違いが分かるようにする

 

もっと珍しい動画を作ってみたいなら「360度カメラ」を使うのもありで、たとえば「Insta360 ONE X 2」や「Insta360 GO 2」なら手のひらサイズで持ち運びも便利だし、とにかく機能が充実してます。

 

こういった「360度の全方向撮影」をした動画ってあまり見かけないので、初心者でもバズるチャンスは十分あるんです。

 

アクションカメラ「Insta360シリーズ」

  • Insta360 GO 2|アクセサリーほどの小型カメラ。ハンズフリーで撮影可。36,300円〜
  • Insta360 ONE X 2|360度の全方向撮影ができる。5.7Kの超高解像度。55,000円〜

 

vlogにも使える「Insta360 GO 2」と「Insta360 ONE X2」を比較レビュー』でも解説したように、YouTubeだけでなくSNS、ライブ配信などにも使えるので1台持っておくと便利だと思います。

 

 

2つの動画を並べて伝えたい

 

ダイエット商品とか、美容室、メイクなど「ビフォーアフター2枚の写真を並べて比較した広告」とかってよく目にします。

 

これって実は、その商品とかサービスの効果や効能を「一目瞭然」でわかってもらうために、企業などがよく使う方法なんです。

 

 

この写真のようにビフォアフターを同時に見せると、その「違い」をハッキリと伝えることができます。

 

しかも、こういった手法はたくさんの広告で使われていて、その多くがこのように「画像で比較する」というものです。

 

もしも、これを「動画で伝える」ことができたら?

 

2つのモノ【A】と【B】を比較したい

【A】と【B】両方を「同時に見せる」と効果がある

さらに、写真よりも動画のほうが「説得力がある

 

当然ですが、画像よりも動画で見せたほうが「説得力」を増すことができますし、臨場感や魅力なども伝わりやすいです。

 

それくらい「動画による効果」は絶大なものになります。

 

だからこそ、こういう「2つの動画を並べた比較動画」を作るときは、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

 

比較動画を作るときのコツ

 

良い比較動画を作るためには、いくつかのポイントがあります。

 

  • どの部分をアピールしたいのか決めておく
  • 構図や背景などはできるだけ一緒にする
  • 明るさにバラツキがないようにする
  • 雑音や音声がかぶらないようにする

 

最低限これくらいのポイントは「動画を撮る前」に調整しておきましょう。

 

とくに、構図が違っていたり、明るさが違っていたりすると、見ている人には「良さが伝わらない」ので気をつけてください。

 

そういった意味でも、スマホ用の撮影機材は準備しておくといいです。

 

スマホだけでなく、タブレットにも対応した3WAY三脚

 

Trackbee スマホ用三脚(リモコン付)

 

ダブレット端末にも対応している三脚で、リモコン付きだから遠隔操作もできます。軽量なアルミニウム素材のため、重さはたった650g。不安定な場所や起伏があるところでも、安定して撮影可能です。

スマホだけでなく、タブレットを使って撮影したい人におすすめです。

 

参考価格:2,499円(税込)

 

 

超便利な、オールインワン撮影用キッド

 

COMICA スマホ用マイク(三脚付き)

 

外付けマイクだけでなく、スマホ用の三脚も付いている優れモノ。単一指向性マイクなのでクリアに録音でき、防風カフも付いているので屋外撮影にも向いています。iPhone7以降の場合、純正ライトニングアダプタ3.5mmが必要です。

小さめの三脚を使いたい、屋外で撮影したい人におすすめです。

 

参考価格:5,869円(税込)

 

 

ソフトな光で、表情をキレイに撮影できる

 

Kekilo LEDビデオライト

 

手のひらサイズ(7.6×9cm)の照明なので、どこにでも持ち運べます。フル充電の状態であれば、2.5時間以上はバッテリーが持続。ネジで固定するタイプなので、三脚やカメラなどにも固定可能です。

屋外でvlog撮影をしたいとき、カメラで撮影したいときにおすすめです。

 

参考価格:2,780円(税込)

 

 

 

これら以外にも『スマホでのYouTube撮影やライブ配信機材おすすめを紹介!売れ筋商品のみを厳選しました』では動画撮影に人気の機材を紹介しているので、よければ参考にしてください。

 

 

iPhone版iMoveで「二画面分割」の動画を作ろう!(まとめ)

 

2本の動画を1つの動画の中で「同時に表示」する編集は、iMove(iPhone版アプリ)でも可能です。

 

もしも、本格的に編集するのであれば「パソコン版」で行ってください

 

今回紹介した方法を使えば「魅力的でおもしろい動画」を作れるんですが、インパクトに欠けてしまうとある意味「逆効果」になってしまうので注意しましょう。

 

先ほどの写真のように、誰にでも分かるくらいの『明確な違い』を出して、視聴者の興味を引いてください!

 

本格的にパソコンで動画編集をしたくなったら、有料の「動画編集ソフト」を使うのがベターです。

 

なかでも「Movai」シリーズは、Windows/Macともに無料版もあるので、よかったら体験してみてください。

 

おすすめ「動画編集」ソフト♪

 

これから本気で「動画制作をしたい」とか「動画編集の仕事がしたい」という気持ちが芽生えてきたら、独学するには限界があるので「プロに学ぶ」のが得策です。

 

こちらの『副業にも役立つWebスキルが3ヶ月で習得できるオンラインスクール11校を徹底比較(未経験者でもOK)』で紹介しているスクールの中には、比較的安い金額で「現役プロ」に動画編集を学べるものもあるので、よければ参考にしてください。

 

 

最後になりますが、二画面分割するという動画制作方法を使えば、いわゆる「アイデア次第」でバズる動画を作ることもできるので、楽しんで動画を作ってみてくださいね。

 

動画制作ツール・サービス特徴
Insta360 ONE X 2360度の全方向撮影ができる。5.7Kの超高解像度。55,000円〜
Insta360 GO 2アクセサリーほどの小型カメラ。ハンズフリーで撮影可。36,300円〜
Bandicam高画質のPC画面録画用ツール。ゲーム画面のキャプチャーにも。4,400円〜
レバレッジエディットプロの動画編集を完全再現で学べる業界初のカリキュラム。認定クリエイターになれば定期的に仕事ももらえる
クリエイターズジャパン1日1時間の学習を1ヶ月続けるだけ。Adobe製品の操作方法を習得することも可能。79,800円〜

※タップして横スクロールで全部見れます

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Webライター歴4年、ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube/ライブ配信」「ブログ/メルマガ」「SNS」などによる、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪ フリーランスの働き方についても発信中。趣味のゲームはファミコン時代を含めると30年とも・・・
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + seven =

Copyright© メデミ研究所 , 2018 All Rights Reserved.