YouTubeとブログを掛け合わせて発信中♪

【先行者有利】Insta360 nano S|悩めるYouTuberに超おすすめです♪

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

今回の記事の主な内容です

  • 「Insta360 nano S」は、ぶっちゃけ超おすすめです♪
  • 「Insta360 nano S」に、デメリットはあるか?
  • 「Insta360 nano S」と「RICOH THETA」を比較
  • 「Insta360 nano S」の主なメリット
  • 撮影・編集に必要な「Insta360 Nano S」の公式アプリ(無料)

 

今回のテーマは『おすすめ!360度カメラ【Insta360 nano S】』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

 

  • ライバルと差別化する動画が作れない
  • 視聴者に喜ばれる動画が作れない

 

数年前なら「360度の全方向動画」を撮影しようとすると、高価な専用カメラが必要でした。

 

しかし今では、カメラをスマホに取り付けるだけで、360度の動画がとても簡単に撮影できてしまいます。

 

 

しかも、YouTubeやFacebookでは、360度の動画をアップロードすることができるから、もっともっと色々なことに使えそうですよね!

 

「Insta360シリーズ」ラインナップ!

Insta360 Nano S:iPhone専用バージョン

Instra360 Air:Android専用バージョン

Insta360 EVO:折りたたみ式カメラ「180度の3D」と「360度のVR」の撮影可!

 

「Insta360 nano S」は、ぶっちゃけ超おすすめです♪

 

「Insta360 nano S」は、iPhoneに取り付けるだけで、簡単に360度の動画が撮れます。この手軽さが、一番のおすすめポイントです。

 

「YouTube」や「SNS」などへも、気軽に360度の動画を投稿できるので、一気に注目を集められますよ♪

 

しかも【Insta360シリーズ】は、Appleストアでも販売されているくらいなので、もちろん品質だって間違いありません。昔ほど価格も高くないので、コスパ的にもきっと良い買い物になりますよ!

 

「5G」の幕開けとともに【360度の動画】の市場が拡大する!

 

2020年から「5G」が本格的に利用され始めます。

 

そうなると、通信環境が劇的に向上するため、「VR動画」や「360度動画」などは、一気に広まって身近になっていくと言われているんですよ!

 

しかも「360度動画」は、YouTubeやFacebookにも投稿できるので、ますます利用者が増えていくのは間違いありません。

 

  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter

 

上記の媒体では「360度動画のライブ配信」も可能です。

 

今から「360度動画」に取り組んでおけば、後々【先行者利益】を得られるはずなので、やるなら今しかないですね!

 

 

クリックすると「Insta360公式ページ」へ移動します

 

「Insta360 nano S」に、デメリットはあるか?

 

残念ながら「Insta360 nano S」は、iPhone専用のカメラなので、Android端末では使用できません

 

Android端末には「Insta360 Air」がオススメです

 

 

クリックすると「Insta360公式ページ」へ移動します

 

あと気になるのは「どれくらいの時間にわたって撮影できるか?」ということ。

 

「Insta360 Nano S」のバッテリーは「60分」しかもちません(個人的には十分だと思いますが・・・)。

 

充電するときは、付属の「micro USB」を使用します。iPhoneからは充電できないので、ここら辺は改善してもらえると嬉しいですね!

 

わたしが思うデメリット

  • iPhoneでしか使えない(Android端末には「Insta360 Air」)
  • バッテリーの持続時間が短い「60分」(付属の「micro USB」で充電)

 

「Insta360 nano S」と「RICOH THETA」を比較

 

携帯型の360度カメラには、リコーの「THETA」シリーズもありますが、THETAの最新作は10万円以上もするので、なかなか手が出せません。

 

一方で「Insta360 nano S」の価格は3万円程度なので、まあまあ購入しやすい金額だと思います(分割払いにすれば財布にも優しい♪)。

 

「Insta360 nano S」はスマホに装着するタイプなので、撮影後にそのままワンタッチで「YouTube」や「SNS」などに、簡単にシェアすることもできます。もちろん、ライブ配信も可能です。

 

リコーの「THETA」シリーズは、スマホに装着するタイプではありません。

 

 

「Insta360 nano S」の主なメリット

 

「Insta360 nano S」は、iPhoneに取り付けて撮影するカメラなので、ライブ配信をしたり、SNSにシェアすることが簡単にできます

 

360度の動画を配信できる媒体

  • YouTube:動画の投稿/ライブ配信ともに可
  • Facebook:動画の投稿/ライブ配信ともに可
  • Twitter(Periscope):ライブ配信のみ可

 

iPhoneに取り付けるだけの「手軽なカメラ」にも関わらず、いつでも「4K」の360度動画を撮影することができます

 

もちろん、動画だけでなく「360度の画像」を撮ることもできます。

 

クリックすると「Insta360公式ページ」へ移動します

 

撮影・編集に必要な「Insta360 Nano S」の公式アプリ(無料)

 

撮影や編集には、無料アプリ「Insta360 Nano S」を使用します(「Insta360公式ホームページ」「App Store」からダウンロード)。

 

 

 

撮影後の編集にこだわりたい場合は、パソコン上で編集するのがおすすめです。

 

「Insta360」シリーズ専用の編集ソフトがWindowsとMac向けに用意されており、どちらも無料で使用可能です(「Insta360公式ホームページ」からダウンロード)。

 

 

クリックすると「Insta360公式ページ」へ移動します

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 10 =

Copyright© メデミ研究所 , 2019 All Rights Reserved.