情報発信のためのWebツール活用術

vlogにも使える「Insta360 GO 2」と「Insta360 ONE X2」を比較レビュー

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

ポイント!

  • 「Insta360 GO 2」は世界最小の「アクションカメラ」で、手ぶら撮影も簡単にできます。
  • 「Insta360 ONE X2」は全方位撮影ができる「360度カメラ」で、ライブ配信も可能です。
  • どちらのカメラも「vlog」には最適で、これを使えば周りのライバルとの差別化ができるでしょう。

今回のテーマは『Insta360シリーズ「GO 2」と「ONE X2」を比較レビュー』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

最近なにかと話題の「360度カメラ」なんですが、中でも「お手頃価格で高機能」だと評判になっている「Insta360」についてレビューしていきます。

 

  • Insta360 GO 2
  • Insta360 ONE X2

 

この2機種については、持ち運びが便利なこともあって、YouTubeの「vlog」作りにも大活躍してるんです。

 

また、Insta360専用の編集アプリを使えば「AIによる自動編集」をしてくれるので、動画編集が苦手な人にとっては重宝すること間違いなし!

 

ということで今回は、Insta360シリーズの「Insta360 GO 2」と「Insta360 ONE X2」の2機種について比較レビューしていくので、ぜひ参考にしてください。

 

「Insta360 GO 2」と「Insta360 ONE X2」比較(機能や価格など)

 

まずは「GO 2」と「ONE X2」の価格や機能などについて比較したので、ご覧ください。

 

 Insta360 GO 2Insta360 ONE X2
 親指サイズ「Insta360 GO 2」手の平サイズ「Insta360 ONE X2」
価格36,300円〜(税込)55,000円〜(税込)
用途自分視点の動画撮影、乗り物に固定して撮影 etc全方位の動画撮影、ライブ配信、リモート会議カメラ etc
特徴小型だからアクセサリーのように取り付けできる360度の動画撮影やライブ配信ができる
撮影範囲180度(前方のみ)360度(全方位)
録画時間1クリップ最大:30分80分(5.7K@30fpsの場合)
解像度2560×1440p5.7K(全方位撮影)/ 2560×1440p(通常撮影)
フレームレート50fps / 30fps30fps(5.7K)/ 50fps(4K)/ 100fps(3K)
データ容量32GBMicro SDカード:最大1TB(別売)
連続駆動時間通常:30分(充電ケース使用:150分)80分
重さ26.5g149g
充電時間35分(充電ケース使用)85分
補正手ブレ補正 / 水平補正手ブレ補正 / 水平補正
防水機能水深4メートル水深10メートル
 

※タップして横スクロールで全部見れます

 

親指サイズの「Insta360 GO 2」は、アクセサリーのように身につけられるアクションカメラとして使えるので、自分目線で撮影するようなvlog制作にも大活躍です。

 

また、手の平サイズの「Insta360 ONE X2」最大の特徴は、全方位撮影ができる「360度カメラ」を備えていることで、360度の動画撮影だけでなくライブ配信もできます。

 

それでは、それぞれの機種の「機能や特徴」について、さらに詳しくレビューしていきましょう。

 

「Insta360 GO 2」レビュー

  • 自分に身につけて、アクションカメラとして「手ぶら撮影」ができる
  • あらゆる場所に設置することができ、いろんな視点の動画が撮れる
  • 付属の「FlashCut 2.0」を使えばAIによる自動編集ができる

 

「Insta360 GO 2」は世界最小のアクションカメラなので、付属する磁気ペンダントを使えば「シャツに固定したまま」手ぶらで撮影ができます。

 

もちろん「手ぶれ補正」や「水平補正」といった機能もあるので、滑らかな映像を撮ることが可能です。

 

ボタン1つで、以下のような動画を撮影することも!

 

 

付属の簡易クリップを使って「帽子にカメラをつけながら」スポーツをすれば、自分目線の迫力ある画像を撮ることもできます。

 

また、水深4メートルまでの防水加工もされているので、雨天での撮影とか「水中撮影」も可能です。

 

  • 球技
  • マラソン
  • クロスバイク
  • マリンスポーツ
  • ウインタースポーツ etc

 

あくまでもこれらは一例でして、つまり「Insta360 GO 2」はあらゆるスポーツシーンで活用することができます。

 

さらに、撮影する「画面サイズ(アスペクト比)」も設定できるので、SNSやYouTubeなどのプラットフォームに合わせて撮影することも可能です。

 

なお、アスペクト比は「16:9」「1:1」「9:16」から選択ができます。

 

「画像サイズ」とプラットフォーム

  • 「16:9」YouTube、Twitter、Facebookなど
  • 「1:1」インスタグラムなど
  • 「9:16」Tiktokなど

 

アスペクト比「16:9」

アスペクト比「16:9」YouTubeなど

 

アスペクト比「1:1」

アスペクト比「1:1」インスタグラムなど

 

アスペクト比「9:16」

アスペクト比「9:16」Tiktokなど

 

付属の充電ケースを使えば、外出先でもたった「30分」でフル充電することができます(充電ケースの充電が満タンの場合)。

 

そしてこの充電ケースは、充電以外の用途にも使うことができます。

 

  • リモコン
  • 三脚
  • 自撮りグリップ

 

「Insta360 GO 2」充電ケース機能

 

さらに、以下のアクセサリーも付属しているので、どんな動画でもすぐに撮影を始められます。

 

  • 簡易クリップ
  • 磁気ストラップ
  • ピボットスタンド
  • レンズ保護フィルター

 

「Insta360 GO 2」同梱アクセサリー

 

「Insta360 GO 2」性能/特徴
動画解像度
FlowState 手ブレ補正 (プロ動画モード)
2560×1440@24fps, 25fps, 30fps, 50fps
1920×1080@24fps, 25fps, 30fps, 50fps
 
タイムラプス
2560×1440@30fps
 
ベーシック手ブレ補正 (動画モード)
2560×1440@24fps,25fps,30fps,50fps
1920×1080@24fps,25fps,30fps,50fps
 
タイムシフト
2560×1440@30fps 速度: 自動(最大6倍)
 
HDR
2560×1440@25fps, 24fps
 
スローモーション
1920×1080@120fps
写真解像度16:9, 2560×1440
1:1, 2560×2560
9:16, 1440X2560
Film Panorama, 2938×1088
動画ファイル形式MP4
写真ファイル形式INSP (アプリまたはStudio経由で書き出し可能)
DNG (RAWファイルを処理するには、
スマートフォンまたはPC/Mac用のソフトウェアが必要です)
写真モード標準写真、インターバル写真、スターラプス、PureShot
動画モード動画(標準手ブレ補正)、プロ動画(FlowState 手ブレ補正)、HDR動画、
タイムラプス、タイムシフト (ハイパーラプス)、スローモーション
動画露出モードオート
マニュアル (シャッター速度 1/8000〜1/30秒, ISO感度 100〜3200)
シャッター優先度 (1/8000~1秒), ISO優先度 (100~3200)
写真露出モードオート
マニュアル (シャッター速度 1/8000-120s, ISO感度 100〜3200)
動画コーデックH.264
最高動画ビットレート80Mbps
最長クリップ尺プロ動画モード: 10分
動画モード: 15分
FPVモード: 30分
タイムラプス: 撮影間隔を調整でき、充電ケースで7分間のクリップを最大110分まで録画可能。
対応端末iOS
A11以上のチップ
iPhone 12/12 Pro, iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max, iPhone XS/XS Max, iPhone XR, iPhone X
iPhone 8/8 Plus, iPhone SE (第二世代)

iPad Pro

Android
Kirin 980以上 (Huawei Mate 20, P30以上)
Qualcomm Snapdragon 845 (Samsung Galaxy S9, Xiaomi Mi 8以上)
Exynos 9810以上 (Samsung S9, S9+, Note9以上)

*上記条件を満たしていないデバイスでもアプリを使用して「GO 2」を操作することは可能ですが、
AIを搭載した機能や動画再生など、処理要件の高い一部の操作については
パフォーマンスが低下する可能性があります。

ホワイトバランスオート, 2700K, 4000K, 5000K, 6500K, 7500K
BluetoothBLE 5.0
絞り値F/2.2
ISO感度オート, 100〜3200
USB接続口Type-C
ストレージ容量32GB(使用可能領域:28GB)
充電方法
GO 2: 23分で80% / 35分で100%
充電ケース: 47分で80% / 65分で100%
駆動時間カメラ単体
30分 (ベーシック手ブレ補正動画)
20分 (FlowState手ブレ補正動画)

ケース装着時
150分 (ベーシック手ブレ補正動画)
110分 (FlowState手ブレ補正動画)

動作環境
-10℃〜40℃
重量GO 2: 26.5g
充電ケース: 63.5g
サイズGO 2 本体
52.9mm x 23.6mm x 20.7mm

充電ケース
開いた状態: 132.5mm x 26.0mm x 26.6mm
閉じた状態: 68.1mm x 48.54mm x 26.5mm

ホワイト
EV値 (露出値)±4 EV
35mm換算焦点距離11.24mm
充電ケースの機能充電器、リモコン、三脚
手ブレ補正FlowState 手ブレ補正
ベーシックカメラ内手ブレ補正
画角オプション超広角、アクションビュー、リニア、狭角
防水性能IPX8 4メートル防水

※タップして横スクロールで全部見れます

 

「Insta360 GO 2」のメリット&デメリット

 

【良いところ】

  • アクセサリーのような感覚で、身につけることができる
  • 手ブレ/水平補正機能があるから、動画も滑らかに撮れる
  • 編集が面倒なとき、AIによる自動編集ができる
  • 充電ケースは多機能なので、外出での撮影に便利
  • アスペクト比が変えられるので、YouTubeだけでなくSNS投稿にも使える

 

【気になるところ】

  • 外部ストレージがない(容量を増やせない)
  • 4Kでの撮影ができない

 

【こんな人におすすめ】

  • YouTubeやSNSに、動画を投稿したい
  • 自分目線の動画を撮りたい(手ぶらで)
  • スポーツやアクションシーンを撮りたい

 

 

「Insta360 ONE X2」レビュー

  • 5.7Kの超高画質で「360度」全方位の撮影ができる
  • 別売の「見えない自撮り棒」を使えば、ドローン撮影のような動画が撮れる
  • ライブ配信やオンライン会議も360度カメラで可能

 

「Insta360 ONE X2」最大の特徴は、なんといっても「5.7Kの超高画質で全方位(360度)の撮影ができる」ことです。

 

たとえば、vlogとしてYouTubeに投稿するなんてのもあり。

 

YouTube は、パソコンの Chrome、Firefox、MS Edge、Opera ブラウザを使った 180° 動画または 360 度全方位動画のアップロードや再生をサポートしています。

引用:YouTubeヘルプ

 

しかも、別売りの「見えない自撮り棒」を使えば、まるでドローンで撮影したかのような臨場感ある動画を撮ることができます(以下の動画)。

 

 

また、YouTubeやFacebookなどで「360度ライブ配信」をすることもでき、視聴者が「見たい方向を自由に選択」してライブを楽しめます。

 

さらに、リモート会議に「Insta360 ONE X2」を接続すれば、画面を上下2分割した状態で「部屋全体」を見ることができるんです。

 

「Insta360 ONE X2」360度ライブ配信

 

他にも「Apple Watch」を使って遠隔操作をすることもできますし、また「AirPods」を接続すればワイヤレス録音をすることもできます。

 

そして、屋外撮影のときに気になるの「音声」なんですが、この「Insta360 ONE X2」には4つのマイクが付いていて、どの方向にカメラを向けてもしっかりと自分の声を録ってくれるので安心です。

 

「Insta360 ONE X2」4つのマイクで音声制御

 

新開発の「スマート風切り音低減アルゴリズム」により、ノイズの少ない理想的な音声収録ができるのも強み。

 

「Insta360 ONE X2」性能/特徴
動画解像度360度
5.7K@30fps, 25fps, 24fps
4K@50fps, 30fps
3K@100fps

広角 (ステディカムモード)
2560×1440@50fps, 30fps
1920×1440@50fps, 30fps
1920×1080@50fps, 30fps

写真解像度360度: 6080×3040 (2:1)
パノラマ: 4320×1440 (3:1)
動画ファイル形式ステディカム: MP4
360度: INSV
写真ファイル形式JPG (モバイルアプリまたはデスクトップアプリのStudioで書き出し可能),
RAW (dng, デスクトップアプリでの編集が必須
写真モード標準, HDR, バースト, インターバル, ナイトショット, PureShot, InstaPano
動画モード標準, HDR, タイムラプス, タイムシフト, バレットタイム, ステディカム
動画露出モードオート
マニュアル (シャッター速度 1/8000-1/30秒, ISO 100-3200)
シャッター優先 (1/8000s-1/30秒)
ISO 優先 (100-3200)
独立露出
写真露出モードオート
マニュアル (シャッター速度 1/8000-120秒, ISO 100-3200)
シャッター優先 (1/8000-1秒)
ISO 優先 (100-3200)
独立露出
動画コーデックH.264, H.265
最高動画ビットレート100Mbps
ジャイロスコープ6軸ジャイロスコープ
音声風切り音低減
360度方向フォーカス
対応マイクRODE Wireless GO、RODE VideoMicro、RODE VideoMic Pro、XFAN D1、BOYA-MM1、BOYA-M1Pro、SONY UWP-D21
対応端末

iOS
A11またはそれ以上のCPUを搭載する端末
iPhone 12/12 Pro, iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max, iPhone XS/XS Max, iPhone XR, iPhone X
iPhone 8/8 Plus, iPhone SE (第二世代)

Android
Kirin 980またはそれ以上 (Huawei Mate 20, P30またはそれ以降の機種)
Qualcomm Snapdragon 845 (Samsung Galaxy S9, Xiaomi Mi 8 またはそれ以降の機種)
Exynos 9810 or above (Samsung S9, S9+, Note9 またはそれ以降の機種)

*上記の要件を満たさない端末でもアプリでONE X2を制御できますが、
プロセッサーの処理能力を必要とするAIを利用した機能のパフォーマンスは劣る場合があります。

* 注意:このバージョンは、Android端末への有線接続のみ対応しています(Micro-USBまたはType-C)。
iOS端末への有線接続には対応していません。無線接続はiOSとAndroidの両方に完全対応しています。

ホワイトバランスオート, 2700K, 4000K, 5000K, 6500K, 7500K
BluetoothBLE 4.2
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
絞り値F2.0
ISO感度オート、100-3200
USB接続口Type-C
Micro SD カード推奨スペック: UHS-I V30 スピードクラス, exFATフォーマット, 最大ストレージ容量1TB
バッテリー容量1630mAh
充電方法
Type-C
充電時間
85分
駆動時間5.7K@30fps – 80分
動作環境
-20℃〜40℃
重量149g
サイズ幅 x 高さ x 奥行き:4.62 x 11.30 x 2.98cm
ブラック
EV値 (露出値)±4EV
35mm換算焦点距離7.2mm
手ブレ補正FlowState 手ブレ補正
防水性能IPX8 10メートル防水

※タップして横スクロールで全部見れます

 

「Insta360 ONE X2」のメリット&デメリット

 

【良いところ】

  • 手のひらサイズの大きさで、持ち運びや撮影に便利
  • 360度全方位の動画撮影だけでなく、ライブ配信もできる
  • 別売「見えない自撮り棒」を使えば、ドローン撮影したような動画を撮れる
  • 手ブレ/水平補正機能があるから、アクションカメラとしても使える
  • 編集が面倒なとき、AIによる自動編集ができる

 

【気になるところ】

  • 広角モードだと、4Kで撮影できない
  • 動画編集をするとき、一手間余分にかかる

 

【こんな人におすすめ】

  • YouTubeやSNSに、360度動画を投稿したい
  • ドローンで撮影したような動画を撮りたい
  • アクションカメラとして使ってみたい

 

 

vlogを撮りたいなら「Insta360 GO 2」と「Insta360 ONE X2」を使おう

 

vlogというのは「動画版のブログ」といったもので、自分の好きなことを自由に撮って動画にするだけなんで、YouTube初心者でも参入しやすいジャンルです。

 

ただその反面、vlogを始める人も増えてきたので「何らかの差別化」をしないと、目立たなくなってきています。

 

  • みんなに自慢できる特技がある
  • 個性あふれるキャラクター
  • 外見に自信がある etc

 

たとえば、上記のような要素を持っているなら十分に差別化できるんですが、わたしも含めてほとんどの人って無理ですよね・・・。

 

でも、旅先の風景を撮影したり、スポーツしている場面を撮影したり、おしゃべりしながら歩いているのを撮影したり、こんな普通のことでも「小型アクションカメラ」とか「360度カメラ」を使って撮影すれば、それだけで「強力な差別化」ができます。

 

  • Insta360 GO 2:世界最小のアクションカメラ
  • Insta360 ONE X2:全方位360度の撮影ができる

 

今回紹介した上記のカメラを使えば、YouTubeだけでなくSNSにも投稿できる動画や写真を撮影できるので、周りの人よりも一歩抜き出てみたいときは活用してみてください。

 

しかも、AIによる自動編集がスマホでできるので、編集が面倒な人には超おすすめですよ!

 

vlogについて初心者定番のスタイルを『vlogは初心者にもおすすめ!人気の動画になるvlog作りのポイント【真似ればOKです】』で紹介しているので、よければ参考にしてくださいね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + three =

Copyright© メデミ研究所 , 2019 All Rights Reserved.