2017/10/28

【YouTube】基本フリースタイル!動画でブログを作る6つのコツ(vlogのススメ)

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • 動画ブログは、基本的に何でもありです
  • 特に決められたスタイルや方法はありません
  • 視聴者に親しみを感じてもらうことが、一番大切です

 

vlogの一般的なスタイル

いざ、始めるぞ!!!

 

と思っても、

どんな動画にすればいいのか、悩みますよね?

 

動画ブログにルールはないので、

基本的には自由に動画を作れば良いです

 

しかし、

自由と言われると逆に難しい、というあなたのために、

基本的な6つのスタイルを紹介します。

 

あなたに合ったものがあれば、

ぜひ取り入れてみて下さいね!

 

 

あなた個人の話題

「動画ブログを作る!」

となり、真っ先に頭に思い浮かぶのは、

 

「あなたの生活の一部を撮影する」

「今日あった出来事を話す」

「最近ハマっているものを見せる」

 

といったものではないでしょうか?

 

この方法のメリットは、

視聴者が日常におけるあなたの

「ありのままの姿」を見られることです

 

ほとんどの場合、

自宅で撮影をすればよいだけですから。

 

視聴者はあなたの生活を、

カメラ越しに垣間見ているような気持になり、

さらに興味を持ってくれるようになりますよ。

 

一般的な話題

個人の話題と同じく、

視聴者に向けて話しかける動画ですが、

あなたの私生活の話題は話さなくても大丈夫です。

 

  • 商品のレビュー
  • サービスのレビュー
  • 旅行の動画
  • チュートリアル

など、一般的な話題について話すだけなんです。

 

ストーリー性を持たせる

視聴者へ話す内容は、

  • 今日の朝に起きたできごと
  • 家族中で大爆笑したこと
  • 動物園に行ったときのこと
  • デートで夜景を見たときのこと

など、どんなことでも構いません。

 

ポイントになるのは、

会話口調で、ストーリー性を持たせることです

 

カメラを通して、

視聴者へ話し掛けるように話してみて下さいね。

 

もし話す内容に困ったら

笑える話、悲しい話、単純におもしろい話、

なんでもOKです。

 

あなたの話し方が上手になれば、

魅力的な動画へと早変わりして、

視聴者にとって価値の高いものになっていきますから。

 

架空の人物を演じる

あなた自身のことを、

カメラの前で語るのが苦手であれば、

あなたが架空の人物をとして登場してみましょう。

 

もしも、アドリブが苦手であれば、

簡単な台本を用意して、演じるのも良いですしね

 

つまり、脚本に基づいて、

ストーリー形式の会話調の動画にするだけです。

 

あなたが架空の人物として、

カメラに向かって台本通りにセリフを言えばいいです。

 

本当の自分じゃない???

 

仮に、

視聴者は演技だと分かっていても、

直接あなたに話し掛けられることに、とても満足します

 

番外編

もしあなたが動画ブログ以外の動画を、

チャンネルのメインコンテンツとしていても、

動画ブログを番外編として投稿するのも良いですね。

 

普段は見れないような

会話調の動画を投稿することで、

視聴者はより親近感を持ってくれますよ

 

いつも投稿している動画とは別に、

動画ブログとして投稿してみましょう!

 

または、

動画の冒頭や末尾に、

視聴者へ語りかけるシーンを追加しても良いですね。

 

  • 動画の本編が始まる前の気軽なあいさつ
  • 動画の本編が終わった後の行動を促すフレーズ

などの方法があります。

 

コメントや質問への返答

Q&A動画を作ったり、

コメントへの返答を動画で行います。

 

チャンネル登録者にとっては、

動画で自分の名前が呼ばれることは、

非常にうれしいことなんです

 

カメラに向かって話すことで、

  • 視聴者の声を聞いている
  • 視聴者を気にかけている
  • 視聴者と話をしたがっている

ことを、暗に示すことだって、できてしまいます。

 

そうすることで、

熱心なファンを作ることができます。

 

こういった動画を作れない場合は、

コメント欄での返信を欠かさないようにしましょう

 

まとめ

  • 動画ブログには特に決まったスタイルはない
  • たとえ台本があったとしても、視聴者への語り掛けが大切である
  • 会話調の動画は、視聴者が親しみを感じやすいものである

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.