YouTubeとブログを掛け合わせて発信中♪

動画は縦横どっち向きがいい?スマホで縦撮り横撮りを使い分けるポイント!

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • スマホで撮影するときは、スマホが「縦向き」か「横向き」かとても重要です。
  • 録画ボタンを押すときのスマホの向きに注意しましょう!
  • 目的に応じて「縦撮り」「横撮り」を使い分けるといいです。

 

今回のテーマは『スマホで動画を撮るとき「縦・横」どっちがいい?』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

スマホで動画を録画するとき、縦向きで撮るか横向きで撮るか、わたしも思わず悩むことがありました。

 

 

結論から言うと「目的によって使い分ける」ことが、やっぱり大切なんですよね。

 

YouTubeに「縦向き動画」を投稿するなら、スマホユーザーの視聴者が多くないと意味がありませんし、スマホユーザーに対してなら「どんな動画でも縦向きにすればいい」というわけでもありません。

 

とはいえ、ブログやSNSに限らず、YouTubeでも「スマホユーザーを最大限に意識」するといいですよ!

 

  • 動画を編集
  • YouTubeへアップロード

 

こういった作業を「パソコン」ですることが多いので、ついつい「スマホユーザー」のことを忘れがちになります。

 

ですから、動画を作るときは「どういうターゲット」に向けて「どういう目的」で発信するのかを、常に意識しておくといいですよ!

 

 

【チャンネル登録】お願いします!

動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

スマホで録画するときの注意点

 

スマホで録画するとき、最大の注意点が「録画ボタンを押したときの画面の向き」です!

 

録画ボタンを押したとき」の画面の向きで、縦撮りか横撮りかが決まります。

 

スマホの画面を縦にしてから録画を開始すると、途中で画面を横に傾けても「縦型動画」になってしまいます

 

撮影したい向きに画面を合わせてから、録画ボタンを押すようにしましょう!

 

スマートフォンの録画画面

 

  • 高解像度の画質で撮影
  • 画面サイズ「16:9」で撮影
  • 三脚や自撮り棒を使って撮影

 

スマホは「背面カメラ」の方が解像度が高いので、できれば背面のカメラを使いましょう(自撮りするときは難しいですが・・・)。

 

YouTubeに投稿するのであれば、画面サイズは「16:9」にしてから撮影してください。

 

もしも、歩きながら撮影したいときは、必ず「自撮り棒」を使って画面がブレないように注意しましょう(画面のブレは視聴者が不快になるので注意!)。

 

わたしは外出用に「三脚にもなる自撮り棒」を1つ持っていますが、とても便利なので超おすすめです♪

 

 

 

スマホで動画を撮るコツは『スマホでプロっぽい動画を撮影する4つのコツ【高価なカメラはいらなかった】』で解説しているので、よければ参考にしてください。

 

 

「縦撮り」か?「横撮り」か?

 

スマートフォンで動画を撮影するとき、2種類の方法があります。

 

  • スマホを横にして撮影する「横撮り」
  • スマホを縦にして撮影する「縦撮り」

 

YouTubeで「横撮りした動画」を、スマホで全画面表示して見るには、スマホを横向きにする必要があります。スマホを「縦向き」にしたままだと、動画はとても小さく表示されます。

 

スマートフォンを縦にした状態での「横撮り動画」の見え方

 

YouTubeの画面サイズ比は「16:9」なので、縦向きで撮影した動画はさらに小さく表示されます

 

縦撮りした動画を見ようとすると、画面の両端は「黒い帯」になります。

 

スマートフォンを縦にした状態での「縦撮り動画」の見え方

 

そうなると、縦撮りした動画にはデメリットしかないように思えますが・・・

 

YouTubeの「縦撮り動画」をスマホで見るとき、スマホを縦にしたまま全画面表示ができるんです!

 

縦撮り動画のスマホ全画面表示

 

上の画像のように、再生画面の右下にある拡大表示をタップすると、スマホを縦向きにしたままで全画面表示ができます

 

縦向きの動画であれば、スマホを1タップするだけで、全画面で大きな映像を見ることができるんです!

 

 

「縦撮り動画」が増えてきた理由

 

YouTubeでは視聴回数の「50%以上」が、スマホなどのモバイル端末によるものです

 

通信環境が整備されて、スマホも進化しているので、モバイル端末で動画を見るユーザーは今後も増えていくはずです

 

こういった時代の流れとともに、スマホの画面を傾けずに動画を見られる「縦型の動画」が、ますます注目されています

 

最近では目的に応じて、あえて「縦撮り」をする動画も増えているんです

 

たとえば、若い女性をターゲットにした、視聴者が気軽に見られる動画であれば、縦撮りの方が共感を持たれるかもしれませんね。

 

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • TikTok
  • ブログ etc

 

これらを見るとき、スマホを横向きにすることはありませんよね。YouTubeに投稿する動画も「縦向き」を意識してみるといいですよ♪

 

 

目的に応じて「縦撮り」「横撮り」を使い分ける

 

縦型の動画が増えてはきましたが、YouTubeをパソコンで見る視聴者には、やはり縦長の動画は小さく見えてしまいます

 

パソコンで表示される縦型動画

 

ですから、一概に「スマホで縦撮り」がいいという訳でもありません。

 

要するに「ターゲット」や「目的」に合わせて、縦撮りにするか横撮りにするか、選択をする必要があります

 

  • Webサイトに動画を埋め込むとき
  • パソコンからの視聴が多い

 

こういったときは「横撮り」した動画がいいでしょう。

 

一方で、ホームページやブログも、スマートフォンで見る人が増えてきています。商品ページなどに載せる動画は、縦型と横型を『2種類』用意しておいてもいいですね

 

若者をターゲットにした商品であれば、縦型の動画は威力を発揮するはずですよ!

 

これから勢いを増しそうな「360度動画」も、縦型の動画にしてみるのもありです♪

 

スマホでも360度動画を撮影できる道具を『おすすめ360度カメラ【Insta360 nano S】は買うべきか?メリット&デメリット』の中で解説しています。

 

 

スマホで撮影するコツ「縦撮り」「横撮り」(今回のまとめ)

 

ここ10年近くで、動画を取り巻く環境は大きく変わってきています。

 

  • 通信環境の向上
  • スマホの進化

 

YouTubeでも再生回数の「50%以上」はスマホからなので、スマホユーザーを意識した動画を作ることが、YouTubeで成功する大きなポイントです

 

今回紹介した『縦撮り』『横撮り』のテクニックも、スマホユーザーを意識したものの一つになります。

 

そして、縦向き動画をYouTubeに投稿するとき「両端の黒い部分が気になる」なら、編集ソフトを使って背景画面を変えてしまいましょう!

 

編集ソフトなら『Movavi Video Suite【Windows版】』か『Movavi Video Editor【Mac版】ならコスパも良いので、まずは無料版で試してみるといいですよ♪

 

縦撮り動画のメリットは「スマホユーザーを意識している」点で、ターゲットはYouTubeを見るときに「スマホ画面の向きを変えない」ユーザーです

 

目的やターゲット層に合わせて『縦撮り』『横撮り』を使い分けて下さい

 

そうすれば、視聴者により喜んでもらえる動画を作れるはずです!

 

\【無料】カウンセリング受付中(先着順)/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =

Copyright© メデミ研究所 , 2017 All Rights Reserved.