初心者から始める「YouTube」「ブログ」「メルマガ」の極意

⇒ 初心者でも稼げる『YouTube入門書』こちらから!!!

スマホで動画を録画するときのポイント!縦撮りか横撮り?どっちがいい?

2018/04/13
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

  • スマホで録画するとき、縦向きか?横向きか?これは、重要なポイントです。
  • YouTubeの視聴回数の半分はスマホユーザーですから、それを意識した動画を作ることが大切です。
  • 画面を縦にして録画した、縦型動画も増えつつあります。
  • スマートフォンで撮影するときは、目的に応じて縦横の選択をするとよいでしょう!

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です。

 

 

今回は、スマホで動画を録画するポイント、

縦撮り』『横撮り』について、解説していきます。

 

 

もちろんここでは

YouTubeに投稿することを前提とした、動画の撮り方について解説していきます。

 

ブログやSNSに限らず、

YouTubeでも スマホユーザー を意識することが重要です。

 

 

  • 動画を編集
  • YouTubeへアップロード

 

こういった作業は、パソコンですることが多いので、スマホユーザーの意識を忘れがちです・・・。

 

 

スマホで動画を録画するときも

どういったターゲットに向けて、どういった目的で発信するのかを、常に意識しておくと良いでしょう!

 

最後まで読んでいただいて、ぜひ実際に動画を撮ってみて下さい。

 

それでは、始めていきましょう!

 

 

▼『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

 

はじめに

この記事を読むと・・・

  • スマートフォンユーザーを意識した動画を、撮ることができるようになります
  • 縦撮り動画と、横撮り動画のメリットとデメリットがそれぞれ分かります
  • 初心者が陥りやすい、録画する際の注意点を知ることができます

 

動画はこちらから↓↓↓

「縦撮り」か?「横撮り」か?

 

スマホでYouTubeを見るとき、あなたは・・・

 

  • スマホの画面を横向きにしますか?
  • スマホを縦にしたままで見ますか?

 

 

スマホで動画を撮るときは・・・

 

  • スマホを横向きにして撮りますか?
  • それとも、縦向きのまま撮りますか?

 

 

スマートフォンで動画を撮影するとき、2種類の方法があります。

 

  • スマホを横にして撮影する「横撮り」
  • スマホを縦にして撮影する「縦撮り」

 

 

YouTubeで視聴者が動画を見るとき、

「横撮り」動画をスマートフォンで 全画面表示 するには、スマホを横向きにする必要があります。

 

スマホを横向きにしなければ、動画はとても小さく表示されてしまいます。

 

 

スマートフォンを縦にした状態での「横撮り動画」の見え方

 

 

 

 

スマートフォンを縦にした状態での「縦撮り動画」の見え方

 

 

 

「縦撮り」動画は、再生画面の中央に小さく表示されます。

横撮り動画よりも、さらに小さく見えます。

 

 

YouTubeのアスペクト比は「16:9」です

 

ですから、縦撮りした動画は、

再生するときに、画面の両端に「黒い帯」が追加されます。

 

そうなると、

縦撮りした動画にはデメリットしかないように思えますが・・・

 

 

現在、YouTubeでは

スマートフォンで視聴するときに、この「縦撮り」動画にも対応できるようになっています

 

 

縦撮り動画のスマホ全画面表示

 

 

 

このように、

再生画面の右下にある拡大表示をタップすると、「縦撮り」動画が、縦画面でも全画面表示されます

 

スマホの向きを変えなくても、

1タップするだけで、全画面で大きな映像を見ることができます!

 

 

「縦撮り動画」が増えてきた理由

 

YouTubeが始まった約10年前よりも、

通信環境が整備 され、スマホも進化 するなど、動画を見る環境はとても便利になりました。

 

10年ほど前は、

動画を見るのはパソコンだけでしたが、今ではスマホで簡単に動画を見ることができます。

 

もはや今では、
YouTubeでは視聴回数の 50%以上 が、スマホなどのモバイル端末によるものです。

 

 

こういった時代の流れとともに、

スマホの画面を傾けずに動画を見られる「縦型の動画」が、ますます注目されています

 

なぜなら・・・

「横撮り」動画が、スマホに最適ではないからです。

 

 

2015年のデータでは、

スマホを縦向きにしたままで動画を視聴する人が、約3割近くになりました。

 

「横撮り」動画であっても、スマホを縦のまま見るということです。

 

 

こういった現状があるので、

最近では目的に応じて、あえて縦撮りをする動画も増えています

 

たとえば、若い女性をターゲットにした、

視聴者が気軽に見られる動画であれば、縦撮りの方が共感を持たれるかもしれませんね。

 

 

目的に応じて「縦」「横」使い分ける

 

縦型の動画が増えてはきましたが、

YouTubeをパソコンで見る視聴者には、やはり縦長の動画は小さく見えてしまいます。

 

 

パソコンで表示される縦型動画

 

 

 

ですから、一概に「縦撮り」がいいという訳でもありません。

 

要するに、

ターゲット目的 に合わせて、「縦撮り」か「横撮り」かの選択をする必要があります

 

 

  • Webサイトに動画を埋め込むとき
  • パソコンからの視聴が多い

 

こういったときは、横撮りした動画が、推奨されます。

 

 

一方で、

ホームページやブログも、スマートフォンで見る人が増えてきています。

 

商品ページなどに載せる動画は、

縦型と横型を『2種類』用意しておいても、良いでしょう

 

特に、

若者をターゲットにした商品であれば、縦型の動画は威力を発揮するはずです!

 

 

▼スマホで作業ができる、これもYouTubeのメリット↓

 

 

スマホで録画するときの注意点

 

スマホで動画を撮るときは、

基本的に 高解像度 の画質で撮影して下さい。

 

スマホのカメラは、背面の方が解像度は高いので、なるべく背面のカメラを使います

 

横向きで録画する場合は、

画面サイズは「16:9」にして撮影します。

 

 

そして、これは重要な点ですが

スマホで録画をしているときは、撮影途中に画面の向きを変えないで下さい。

 

録画ボタンを押したときの画面の向きで、「縦撮り」か「横撮り」かが決まります。

 

スマホを縦にして録画を開始すると、

途中で画面を横に傾けても、縦型動画になってしまいます。

 

ですから

画面を撮影したい向きにしてから、録画ボタンを押すようにして下さい

 

 

スマートフォンの録画画面

 

 

 

歩きながら撮影するときは

三脚や自撮り棒を使うなどして、画面がブレないようにしましょう。

(画面が揺れると、視聴者が不快になります)

 

 

▼スマホで撮影するときのコツ↓

 

 

今回のまとめ

 

それでは最後に、おさらいをしておきましょう。

 

通信環境の向上

スマホの進化

 

これによって、

動画を取り巻く環境は、ここ10年で大きく変わってきています。

 

YouTubeの視聴回数も、約50% がスマートフォンからです。

 

 

ですから、

スマホユーザーを意識した動画を作ることが、YouTubeで成功する大きなポイントです

 

今回紹介した『縦撮り』『横撮り』のテクニックも、その一つです。

 

 

縦撮り動画のメリットは、スマホユーザーを意識している点です。

しかも、スマホ画面の向きを変えないユーザーです

 

一方、デメリットは、

パソコンでの視聴者には、とても見づらいという点です。

 

 

メリットやデメリットを理解しながら、

目的やターゲット層に合わせて『縦撮り』『横撮り』を使い分けて下さい

 

そうすれば、視聴者により喜んでもらえる動画を作れるはずです!

 

 

⇒ 稼げるYouTubeの始め方【無料】』では、

スマホ撮影のコツ、編集のポイント、などもお伝えしています。

 

それでは、今回は以上になります。

お疲れ様でした!!!

 

 

『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

詳しくは画像をクリック↓↓↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.