メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」「メルマガ」による情報発信、マーケティングを日々研究するブログです

YouTubeオーディオライブラリの使い方!著作権フリーの音楽(BGM)をダウンロードしよう

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • 動画に音楽(BGM)を入れると、とても魅力的な仕上がりとなります。
  • ここで注意したいのが、音楽の著作権です。
  • 市販されている楽曲の大部分には、著作権があります。
  • 著作権者に無断で使用することは、法律違反になります。
  • もちろん、YouTubeからもペナルティを受けます
  • YouTube公式サービスの『オーディオライブラリ』を使いましょう!

 

今回は『オーディオライブラリの使い方』について!

TOORU

どうも!「メデミ研究所」トールです(@bpt_tooru)。YouTubeで気になるのが著作権・・・。

 

YouTubeには、著作権フリーの音楽素材を集めた「オーディオライブラリ」という便利機能が備わっています。YouTube内であれば自由に使えて、収益化もできます♪

 

 

動画にBGMを入れたいけど、やっぱり気をつけたいのが『著作権』です。コピーした映像や、著作権のある音楽を「無断」で使用すると、即ペナルティを受けます

 

『だって、知らなかった・・・』では済まされません。ですから、著作権に関する知識は、かならず知っておきましょう!(参照:文化庁ホームページ

 

 

▼YouTubeで著作権侵害をすると、こんなペナルティが・・・

 

 

著作権フリーの音楽を使いたいなら、YouTubeにある「オーディオライブラリ」を使うのが、ベストな選択です!

 

今回はこの「オーディオライブラリ」の使い方を解説していきます。

 

もっと音楽にこだわるなら『オーディオストックおすすめの理由!YouTuberには音楽が必要不可欠♪』を参考にしてくださいね♪

 

 

▼「収益化できる動画が作れるメール講座」はこちら

 

 

【チャンネル登録】お願いします!

動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

オーディオライブラリ(YouTube公式サービス)って、なに?

 

自分で撮影をした動画を見たとき・・・

 

「なんか寂しいなぁ」

「ちょっと物足りないなぁ」

「臨場感がないなぁ」

 

なんて、思ったことありませんか???

 

 

そんなときにはコレ!

 

音楽(BGM)を、動画に入れましょう!

 

 

でもなぁ・・・

音楽を使ったほうが良いのは分かるけど、

 

  • なかなか、良い音源が見つからない
  • 見つかったとしても、商用利用できない
  • 使用するのに、お金がかかる

 

な~んてことで、諦めていませんでしたか???

 

 

そんなとき、大変便利なのが・・・

今回紹介する YouTubeオーディオライブラリ という機能です。

 

その特徴は、以下の通りです。

オーディオライブラリって?

  • YouTubeの公式サービス
  • BGMは「14ジャンル」と豊富
  • 効果音も用意されている
  • 320kbpsの高音質
  • 動画を収益化することも可能
  • 無料でダウンロードできる

 

 

この【オーディオライブラリ】

YouTubeの公式サービスでもあり、使いたい音源を なんと!無料! で提供している機能なんです!

(使わない手はありませんね 笑)

 

それでは、実際の使い方を解説していきましょう!

 

 

オーディオライブラリの使い方

 

まずは、YouTubeへログインして下さい。

 

  • 右上のアイコンをクリック
  • 「クリエイターツール」をクリック
  • 「作成」をクリック

 

 

 

それでは「1~9」の各項目について説明していきます。

 

 

 

1.再生ボタン

クリックすると楽曲が再生されます。

 

2.トラック名

トラックの名前(楽曲名)です。

 

3.再生時間

楽曲の長さです。

 

4.作者

楽曲の作者名です。

 

5.クリエイティブ・コモンズ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

いわゆる「CCライセンス」を提供している、国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称を指します。

 

6.楽曲のジャンル

条件を指定することで、目的の楽曲を探しやすくなります。

 

  • 「ジャンル」「気分」「楽器」「長さ」「帰属表示」の5種類で条件設定が行えます。

 

 

 

  • 効果音の場合は、「カテゴリ」で条件設定ができます。

 

 

 

7.楽曲の人気度

 

8.ダウンロード

このボタンをクリックすれば、オーディオライブラリの楽曲をダウンロードできます。

もちろん「無料」です。

動画に合うBGMを、どんどんダウンロードしましょう。

 

9.お気に入り

「☆」マークをクリックして「★」にすれば、お気に入りに楽曲を追加しておけます。

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ(CCライセンス)について

 

先ほど取り上げたクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)

 

これは、インターネット時代のための 新しい著作権ルール です。

 

 

この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません

という、作者が意思表示をするためのツールです。

 

つまり・・・、

このマークがある音源は「条件を守れば使っていいですよ」ということです。

 

もっと詳しく知りたい方は【クリエイティブ・コモンズ・ジャパン】を参照して下さい!

 

 

【オーディオライブラリ音源の場合】

  • マークをクリックすると、このように表示されます。

 

 

この曲は動画でご自由にお使いいただけますが、以下の帰属表示を動画の説明に必ず明記して下さい。

 

このように表示されています。

 

赤枠で囲った部分を、動画の説明欄に明記するだけです

(【ソース】【アーティスト】)

 

※ このマークがついていない音源は、記載する必要はありません。

 

 

今回のまとめ

 

それでは、今回のおさらいをしましょう。

 

そもそも論ですが・・・

YouTubeに動画をアップロードするとき、著作権を侵害しないよう注意して下さい!

 

 

  • テレビの映像
  • ラジオの音源
  • 音楽などの楽曲

 

もちろん著作権が発生しています。

無断で利用することは、法律違反でもあります

 

コピー動画などは「もってのほか!」

たとえオリジナルで作った動画でも、好きなミュージシャンの音楽を、勝手に挿入したり、BGMとして使ってはいけません

(書面などで了承を得ていればOK)

 

 

▼YouTube「著作権検知システム」はこんなに凄い!?↓↓↓

 

 

「著作権フリー」をうたったサイトもあります

しかしこれは、サイト運営者が言っているだけで、実は著作権フリーではない音源が紛れ込んでいることもあります

 

著作権フリーのサイトからダウンロードした音源でも、YouTubeにアップロードしたらペナルティを受けた

 

ということも実際にはあります。

こういったサイトを利用するときは、自己責任で行いましょう!

 

 

もちろん一番安全なのは・・・

YouTubeの公式サービスである『YouTubeオーディオライブラリ』です。

 

オーディオライブラリには、様々な種類の【音楽】【効果音】が用意されています。

ぜひ活用することをオススメします!

 

 

この動画に使っているBGMは、すべてオーディオライブラリのものです!

↓↓↓

 

⇒ 稼げるYouTubeの始め方【無料】

著作権に関する注意点や、異議申し立て方法、などもお伝えしています。

 

それでは今回は、以上になります。

お疲れ様でした!!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =

Copyright© メデミ研究所 , 2017 All Rights Reserved.