初心者から始める「YouTube」「ブログ」「メルマガ」の極意

⇒ 初心者でも稼げる『YouTube入門書』こちらから!!!

YouTubeで著作権侵害!?音楽や映像のコンテンツIDを回避する方法

2018/04/11
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

  • コンテンツIDはYouTube独特のシステムで、著作権を保護するものです。
  • 動画に使った音楽や映像などの一部が、著作権を侵害している場合に、YouTubeから通知があります。
  • そうすると、その動画の収益化はできなくなります。
  • 自動で検知するシステムですから、万が一手違いということもあります。
  • そういう場合には、異議申し立てもできます。

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です。

 

YouTubeに動画をアップロードする上で、

切っても切り離せないポイントが『著作権』です。

 

 

YouTubeには

コンテンツID』というシステムがあります。

 

著作権侵害をしている映像や音楽を自動検知して、すぐさま違反者に警告を通知します

 

 

今回のテーマは、

この『コンテンツIDシステム』を理解して、違反を回避する方法をお伝えしていきます。

 

決して裏ワザではなく、

正しい回避の仕方ですから、最後まで読むことをオススメします。

 

それでは早速、進めていきましょう!

 

 

▼『あなたの価値をお金に変える方法』プレゼント中!

 

はじめに

この記事を読むと・・・

  • YouTubeの「コンテンツIDシステム」が理解できます
  • 著作権者がどういった対応をするのか、知ることができます
  • コンテンツIDで警告されたとき、どう対応すればいいのか分かります
  • コンテンツIDを正しく回避する方法が分かります

 

動画はこちらから↓↓↓

コンテンツID(Content ID)とは

 

『コンテンツID』とは、YouTube独特のシステムなのですが・・・

 

 

いつものように動画を投稿したら、なにか見たことのないメッセージが・・・

ちょっと冷や汗が出ますよね。

 

ひょっとして、あなたが投稿した動画に・・・

 

第三者が所有するコンテンツが、含まれている可能性があります

 

というメッセージが、表示されたことはありませんか?

 

 

このメッセージが表示されていても、著作権侵害に対する「警告」ではないので、まずは安心して下さい。

 

これは・・・

他人が著作権を持っている素材が、あなたの動画に含まれているのが見つかりました

という単なる「通知」だと思って下さい。

 

 

ではなぜ、突然このようなメッセージが、表示されるのでしょう?

 

冒頭でも紹介しましたが

YouTubeには、Content ID(コンテンツID)という独自のシステムがあります。

 

この独自のシステムの役割は

YouTubeに登録されている『著作権を有する音楽や映像が、投稿された動画に使われていないか検知する』ことです。

 

 

YouTubeに投稿される動画はすべて、この登録されているデータベースと照合されます。

そして、音声や映像の一致がないか調べられます。

 

部分的に一致していても検出されますし、動画の画質が異なっていても検出されます

 

 

たとえば、こんな感じ・・・

 

 

▼ゲーム実況の著作権って!?任天堂の場合

 

 

コンテンツID(Content ID)所有者からの対応

 

もしも、あなたのアップロードした動画の一部が、コンテンツIDシステムにより検知されてしまったら・・・

 

コンテンツID所有者(つまり著作権者)は、以下のように各種の対応をします。

 

  • 収益化
  • 追跡(トラッキング)
  • ミュート
  • ブロック

 

具体的な内容は、以下のとおりです。

 

【収益化】

YouTube上で動画の再生を許可する代わりに「視聴状況のデータを閲覧」「動画に広告を表示」「投稿したユーザーと収益を分配」といった措置が取られる

【追跡(トラッキング)】

YouTube上で動画の再生を許可する代わりに「視聴状況のデータを閲覧」という措置が取られる

【ミュート】

動画に著作権で保護されている楽曲が含まれている場合、音声をミュートする。この場合、動画は再生できても音声は聞こえなくなる。

【ブロック】

著作権者により動画がブロックされるため、動画が閲覧できなくなる。動画を「全世界でブロックする」か「特定の国でのみブロックする」かは、著作権者が判断します。

 

 

もっと分かりやすく説明すると

 

「使ってもいいけど、広告は出させてね。データも頂戴ね」

「使ってもいいけど、データは頂戴ね」

「映像は見れるけど、音は消しちゃうよ」

「全世界で再生できないようにしちゃうよ」

「一部の国では再生できないようにしちゃうよ」

 

ということです。

 

 

「一部の国でブロック」「全世界でブロック」なんてことに、なっていませんか???

 

もしも・・・

 

全世界ブロックが立て続けに起こると、アカウントが停止されることもあるので、注意が必要です

 

 

コンテンツIDシステムは、偶然入り込んでしまった音楽なども、しっかりと感知できる優秀なシステムです。

動画を撮影する際には、十分気をつけて下さい。

 

この注意点に関しては、最後に詳しくお伝えしますね!

 

 

著作権侵害の申し立てに対する対処方法

 

もしもあなたの動画が、コンテンツIDによる著作権侵害の申し立てをされてしまったら?

 

以下のような対応をして下さい。

 

  • 何もしない
  • 音楽を削除する
  • 音楽を入れ替える
  • 収益を分配する
  • 異議を申し立てる

 

 

何もしない

 

申し立てに同意する場合は、あなたは何もする必要はありません

著作権者により収益化されています」と表示がある場合、その動画による収益は、あなたではなく著作権者が受けとります。

 

異議申し立ては、いつでも可能です。

 

 

音楽を削除する

 

動画に含まれる音楽に対して、著作権侵害の申し立てを受けた場合、YouTube上で曲の削除 ができます。

 

この方法を利用すれば

新しく動画を編集して、アップロードし直す必要がなくなります

 

★詳細はこちら(YouTubeヘルプ)★

 

 

音楽を入れ替える

 

動画に含まれる音楽に対して、著作権侵害の申し立てを受けた。

しかし、音楽を削除したままにせず、どうしても動画に別の音楽を流したい

 

そういった場合は

YouTubeオーディオライブラリの音楽と、入れ替えることができます

 

★詳細はこちら(YouTubeヘルプ)★

 

▼とても重宝!オーディオライブラリの使い方

 

 

収益を分配する

 

曲をカバーした動画が、著作権侵害の申し立てを受けた場合、動画からの収益を分配することでペナルティを回避できます

 

この場合には

著作権者が全ての収益を受け取るのではなく、あなたにも収益が分配されます

 

楽曲をそのまま使わせてもらう代わりに、著作権者と収益を分配するということです。

 

★詳細はこちら(YouTubeヘルプ)★

 

 

異議を申し立てる

 

  • 使用する権利を持っている
  • システムの誤認である

 

と思われる場合は、申し立てに対して異議を申し立てることができます。

 

ただし注意したいのは・・・

正当な理由なく異議を唱えた場合、著作権侵害の警告を受けることもあるので、注意して下さい。

 

★詳細はこちら(YouTubeヘルプ)★

 

正当な理由なしに異議申し立てをした場合コンテンツ所有者はお客様の動画の削除を選択する場合もあります。その場合、お客様のアカウントは著作権侵害の警告を受けます。

(YouTubeヘルプ引用)

 

▼異議申し立てをするときは、慎重に!

 

 

コンテンツIDによる検出を回避する

 

コンテンツIDによる検出は、著作権侵害の警告ではないものの、あまり頻繁に検出されることは避けましょう。

 

著作権者が悪質だと判断すれば、何らかの対処をしてくるかもしれません。

 

 

そもそも・・・

コンテンツIDで検出されないために

 

  • 完全にオリジナルの動画を作る
  • 自宅で撮影する時は、テレビの音源に注意する
  • 店舗で撮影する時は、有線で流れる音楽に注意する
  • 著作権者にあらかじめ許可を得ておく
  • YouTubeオーディオライブラリを利用する

 

などを意識しておくことが大切です。

 

 

動画をコピーするなんて論外 ですが・・・

 

あなたが撮影したときに

意図せず音楽や音源が入り込む ということは起こり得ますので、十分に注意して撮影に臨んで下さい

 

 

これから
YouTubeで成果を出すために「オジナリティ」は必須の要素です。

 

ではどうやって、オリジナリティを生み出していくのか?

 

▼最初はスマホで撮った動画でOK!!

 

 

よくよく考えると、100%オリジナルのものって、世の中に存在していますか?

 

おっと!喋り過ぎました・・・

続きはメール講座でお会いしましょう・・・笑

 

 

今回のまとめ

 

それでは最後に、今回のおさらいです。

 

今回テーマにした

『YouTubeコンテンツIDシステム』というのは、YouTube独自の自動検知システムです。

 

しかも年々、非常に優秀なシステムになってきています

 

 

コンテンツIDに検出されたからといって、

すぐさま警告を受けるわけではありません。

 

ありませんが、

著作権を侵害 していることに変わりはないです

 

 

何度も繰り返して検出されていると、ペナルティを受ける可能性もあります。

 

裏ワザを使って回避するのではなく、

オリジナルの動画を作ればいいのですが・・・。

 

 

音楽の入り込みなど、

撮影のときは注意しておくとよいでしょう。

 

 

基本的には

 

  • オリジナルの動画を撮影して
  • オーディオライブラリの楽曲を使えば

 

コンテンツIDによる検出とは無縁になります

 

 

スマホで撮った動画でも、

YouTubeでは十分に喜んでもらえますから、ぜひオリジナル動画にチャレンジして下さい

 

 

⇒ 初心者でもこのステップに沿って』オリジナル動画を作って行きましょう。

 

そうすれば、

ビジネスをどんどん拡大していくことができます。

 

ぜひ、YouTubeを活用して、思いっきり稼いでいきましょう!

 

 

それでは今回は、以上になります。

お疲れ様でした!!!

 

 

『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

詳しくは画像をクリック↓↓↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.