【YouTube】著作権違反!?コンテンツIDを理解して回避する方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • YouTubeでは自動で、音声や映像の一致がないかを判別しています
  • 著作権を持つ素材が使われていた場合、あなたに通知がされます
  • これは著作権侵害の警告ではなく、単なるお知らせです
  • 著作権者によって、取る対応は異なります

 

コンテンツID(Content ID)とは

いつものように動画を投稿したのに、

なにか見たことのないメッセージが出たら、

ちょっと冷や汗が出ますよね。

 

あなたが投稿した動画に対して、

第三者が所有するコンテンツが、含まれている可能性があります

というメッセージが表示されていませんか?

 

もしこのメッセージが表示されても、

著作権侵害の警告ではないので安心して下さい。

 

他人が著作権を持っている素材が、あなたの動画に含まれているのが見つかりました

という単なる通知だと思って下さい。

 

ではなぜ、

突然このようなメッセージが、表示されるのでしょう?

 

YouTubeには「Content ID(コンテンツID)

というシステムがあります。

 

これはYouTubeに登録されている

著作権を有する音楽や映像が、

投稿された動画に使われていないか検知するシステムです

 

YouTubeに投稿される動画はすべて、

この登録されているデータベースと照合されます。

 

そして、

音声や映像の一致がないか調べられます。

 

部分的に一致していても検出されますし、

動画の画質が異なっていても検出されます

 

コンテンツID(Content ID)の所有者の対応

こうして一致した動画に対しては、

著作権者の意向によって各種の対応がなされます。

 

以下のような対応がなされます。

  • ブロック
  • ミュート
  • 追跡(トラッキング)
  • 収益化

 

【収益化】

YouTube上で動画の再生を許可する代わりに「視聴状況のデータを閲覧」「動画に広告を表示」「投稿したユーザーと収益を分配」といった措置が取られる

【追跡(トラッキング)】

YouTube上で動画の再生を許可する代わりに「視聴状況のデータを閲覧」という措置が取られる

【ミュート】

動画に著作権で保護されている楽曲が含まれている場合、音声をミュートする。この場合、動画は再生できても音声は聞こえなくなる。

【ブロック】

著作権者により動画がブロックされるため、動画が閲覧できなくなる。動画を「全世界でブロックする」か「特定の国でのみブロックする」かは、著作権者が判断します。

 

要するに、

 

「使ってもいいけど、広告は出させてね。データも頂戴ね」

「使ってもいいけど、データは頂戴ね」

「映像は見れるけど、音は消しちゃうよ」

「全世界で再生できないようにしちゃうよ」

「一部の国では再生できないようにしちゃうよ」

 

ということです。

 

「一部の国でブロック」「全世界でブロック」

なんてことになっていませんか?

 

全世界ブロックが立て続けに起こると、

アカウントが停止されることもあるので、

ブロックされた場合には注意が必要です

 

偶然入り込んでしまった音楽なども、

しっかりと感知する優秀なシステムですので、

動画を撮影する際には十分気をつけて下さい。

 

申し立てに対する対処

Content ID(コンテンツID)の申し立てを受けたら、

以下のような対応をすることができます。

 

  • 何もしない
  • 音楽を削除する
  • 音楽を入れ替える
  • 収益を分配する
  • 異議を申し立てる

 

何もしない

申し立てに同意する場合は、

あなたは何もする必要はありません。

 

いつでも異議申し立ては可能です。

 

音楽を削除する

動画に含まれる音楽に対して申し立てを受けた場合、

YouTube上で曲の削除ができます。

 

新しく動画を編集して、

アップロードし直す必要はありません。

(詳細はこちら)

 

音楽を入れ替える

動画に含まれる音楽に対して、

申し立てを受けたが、どうしても動画に音楽を流したい。

 

そういった場合は、

YouTubeオーディオライブラリの音楽と、

入れ替えることができます。

(詳細はこちら)

 

 

収益を分配する

音楽をそのまま使わせてもらう代わりに、

著作権者と収益を分配することができます。

(詳細はこちら)

 

異議を申し立てる

  • 使用する権利を持っている
  • システムの誤認である

と思われる場合は、

申し立てに対して異議を申し立てることができます。

 

正当な理由もなく異議を唱えた場合、

著作権侵害の警告を受けることもあるので、注意して下さい。

(詳細はこちら)

 

正当な理由なしに異議申し立てをした場合、コンテンツ所有者はお客様の動画の削除を選択する場合もあります。その場合、お客様のアカウントは著作権侵害の警告を受けます。(YouTubeヘルプ引用)

 

コンテンツIDによる検出を回避する

著作権侵害の警告ではないものの、

あまり頻繁に検出されることは避けましょう。

 

著作権者が悪質だと判断すれば、

何らかの対処をしてくるかもしれません。

 

コンテンツIDで検出されないために、

 

  • 完全にオリジナルの動画を作る
  • 自宅で撮影する時は、テレビの音源に注意する
  • 店舗で撮影する時は、有線で流れる音楽に注意する
  • 著作権者にあらかじめ許可を得ておく
  • YouTubeオーディオライブラリを利用する

 

などを意識すると良いです。

 

動画をコピーするなんてのは論外ですが、

オリジナルだと思っていても、

意図せず音楽や音源が入り込むことは起こり得ますので

十分に注意して撮影に臨んで下さい。

 

まとめ

  • コンテンツIDはYouTubeの自動検知システムである
  • 音楽や映像の一致があれば、投稿者に通知がある
  • 著作権者によって動画がブロックされることもある
  • 多くの場合、著作権者は収益の分配を選択する
  • 通知に対して投稿者は、YouTube上で編集をしたり、異議申し立てを行うことができる

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.