2017/11/05

【YouTube】これで超安全!著作権を理解して大切な動画とチャンネルを守る!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • 著作権侵害で大切な動画を削除されたことはありますか?
  • そもそも著作権とは何か?
  • YouTubeを活用していく上で、著作権は避けては通れない道です
  • まず著作権の基礎知識とYouTubeでのペナルティについて学びましょう

 

著作権侵害の警告に関する基礎知識

いつものように

YouTubeへログインすると・・・

 

「著作権侵害の通知があったため、あなたの動画を YouTube から削除しました」

 

というメッセージが出たら?

 

最悪の場合は・・・

 

「YouTubeアカウントを停止いたしました」

 

という事態になることも・・・。

 

これは、

著作権を侵害しなければ、あなたには全く関係ないことです

 

あなたの動画がいきなり削除されたり、

チャンネルが突然停止されないよう、

著作権について知っておいて損はありません

 

著作権者や第三者の通報により、

著作権を侵害していると判断されれば、

即座にその動画は削除されます。

 

そして、YouTubeから

著作権侵害の警告を受けることになります。

 

著作権侵害の警告を受けると

誰にでも間違いはありますし、

知らなかっただけという場合もあります。

 

相当に悪質なものでなければ、

一発でチャンネルが停止されることはありません。

 

(たとえばテレビ番組のコピー)→ ダメ絶対!

(たとえば他の動画の丸パクリ)→ ダメ絶対!

 

違反警告を3回受けると、以下の措置が取られます。

  • 全てのチャンネルが停止
  • 全ての動画が削除
  • 新しいチャンネルの作成不可

 

警告された回数は、

チャンネルの「ステータスと機能」から確認できます。

 

もしも

YouTubeのライブ動画が削除された場合、

ライブ配信の利用が90日間制限されます。

 

著作権侵害の警告を解除するには

警告を解除するには、次の3つの方法があります。

 

  • 期限が切れるまで待つ:YouTubeのコピーライトスクールを受講後、90日間で警告の期限が切れます
  • 撤回してもらう:著作権侵害を申し立てた人に、撤回を依頼することができます
  • 異議申し立て通知を提出:著作権侵害に関する判断が誤りである場合、異議申し立てすることができます

 

そもそも著作権とは何か

著作権という言葉は知っていても、

実はよく分からないかもしれませんね。

 

それでは、

著作権について簡単に触れていきましょう。

 

まず著作権とは、

明確な形を持たない無体財産権のことです。

 

写真や音楽などは、著作権がある代表的なものです

 

その著作権を守っているのが、著作権法です。

 

著作権法とは知的財産法の 1 つで、

原作者の権利を一定期間保護するための法律です

 

そして、

著作権の所有者には、独占的権利が付与されます。

 

自分の作品の使われ方や、

作品から収益を受け取れる人、

さらには YouTube で作品を共有できる人も管理することができます。

 

著作権の保護については、

  • 録音する
  • 録画する
  • パソコンに保存する
  • 紙に書き留める

など、オリジナル作品を有形媒体に記録した時点で始まります。

 

ただし、

日本で著作権侵害の刑事罰は、

大部分が親告罪とされています

 

簡単に言うと、

訴えを起こさなければ罪に問えない、

もしくは、勝手に取り締まることができない、ということです。

 

ですから、

あなたの動画をコピーして他人が投稿していても、

あなたもしくは第三者が報告しなければ、

YouTube側は何もすることができません。

 

もしも、

あなたの動画が著作権を侵害されていたら、

迷わずYouTubeへ報告をして下さい

 

 

著作権で保護される対象

あなたのオリジナル動画も、

しっかりと著作権で保護できます!

 

映画やテレビ番組などと同様に、

オンライン上の動画も著作権で保護されます。

 

YouTubeをはじめとする、

オンライン上にあるオリジナル動画は、

誰が最初にアップロードしたかではなく、

作成された瞬間に著作権保護の対象となります

 

著作権で保護されるのは、主に以下のものがあります。

  • 音楽、歌詞
  • 書籍、小説、論文、講義、記事
  • 写真、絵画、漫画、ポスター、広告
  • 映画、テレビ番組、ラジオ番組
  • ゲーム、コンピューターソフト
  • 演劇、ミュージカル
  • 建築物、模型、デッサン

 

その他にも、

著作権で保護されるものは、数多く存在します。

 

動画を投稿する前に、

しっかり確認しておくことを、おすすめします。

 

反対に、

  • アイデア
  • ノウハウ
  • 事実
  • プロセス

などに、著作権を適用することはできません。

 

動画のアイデアがある場合は、

著作権保護の対象になるように、

実際に録画する(または書き留める)必要があります

 

まとめ

  • 著作権侵害があるとYouTubeからペナルティを受ける
  • 最悪の場合、アカウントが停止される
  • 著作権は無体財産権のことで、大部分が親告罪である
  • 著作権で保護される対象は多岐にわたるため、事前に調査しておく必要がある

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.