【YouTube】商標権もプライバシーも!?著作権以外にも守るべき法律とは

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • 著作権の侵害は、動画のコピーだけではありません
  • あなたの作品や動画を守るのは、著作権以外にもあります
  • YouTubeには著作権侵害以外にも、規約違反に対して申し立てや報告を行うことができます

 

著作権による独占的権利

著作権で保護されると、

どのような権利があるのでしょうか?

 

「あなたの動画がコピーされる」

 

著作権の侵害に該当するものは、

実はこれだけではありません。

 

あなたの大切な動画を守るため、

著作権法で認められている権利を知っておきましょう。

 

著作権法により、

その所有者には一定期間の間、

独占的権利がいくつか与えられています

 

つまり、

  • 複製
  • 配布
  • 上演
  • 上映
  • 派生物の作成

などをする権利や許可を与えられるのは、

所有者のみだということです。

 

一般的な派生物としては、

  • 翻訳
  • 編曲
  • 文学作品の映画化
  • 複製画
  • 既存作品の要約

などがあります。

 

あなたが動画を作る場合には、

派生物の作成が許可されていない限り、

オリジナル作品を不正に改作しないよう、注意する必要があります。

 

  • インディーズ系ミュージシャン
  • 動画ブロガー
  • 大手レコード会社
  • 映画会社

など、

その規模に関係なく、すべての著作権所有者には、

同等の独占的権利が与えられています。

 

著作権と他の保護法の区別

保護されるのは、

はたして著作権だけなのでしょうか?

 

いわゆる著作権とは、

知的財産権の1つにしか過ぎません。

 

商標権や特許権なども、

知的財産権に含まれている権利です

 

  • ブランド名
  • 銘文(器物に刻したり書いた文字)
  • ロゴ

などの識別要素を保護するのが、商標権になります。

 

もしも、

あなたが使用しているブランド名や、

オリジナルロゴが不正に使用されていれば、

YouTubeへ申し立てすることができます。

 

もう 1 つの異なる法的保護は、

個人情報保護法によるプライバシー権です

 

たとえば、

他人があなたに関する動画を、無断で投稿していたとします。

 

  • 画像
  • フルネーム

 

などの個人情報で、あなただと認識できてしまう場合は、

YouTubeに動画の削除を要求することができます。

これは、著作権侵害の申し立てとは異なります。

 

YouTubeでのポリシー違反報告

YouTubeでは著作権やプライバシー以外にも、

嫌がらせ行為や有害コンテンツなどに対処するため、

規約を定めています。

 

規約違反に該当する可能性がある場合、

申し立てや報告などの手続きができます。

 

商標

あなたのブランド名やロゴが、無断で動画に使用されている

(申し立てはコチラから)

 

セクション1~5を入力して送信する。

 

プライバシー

同意していないのに、あなたが他人の動画に写っている

(申し立てはコチラから)

 

嫌がらせとネットいじめ

誰かが悪意を持って、オンライン攻撃を仕掛けている

(報告はコチラから)

 

 

有害コンテンツ

暴力や危険な行為を、扇動している動画を見つけた

(報告はコチラから)

 

 

まとめ

  • 著作権の範囲を理解することで、あなたの動画を守ることができる
  • 著作権以外にも商標権やプライバシー権なども、あなたを守る権利である
  • 規約違反に対しては、速やかにYouTubeへ報告する

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.