投げ銭の還元率や換金率を徹底比較してみた!配信アプリは報酬制度が複雑です

ポイント!

  • ライブ配信アプリの「還元率(換金率)」は、投げ銭では重要なポイント。
  • ポコチャは「投げ銭」だけでなく「時給」でも報酬があるので、初心者向けアプリの代表格です。
  • ライブ配信アプリは登録と配信ともに無料なので、まずは色々なアプリを試してみましょう!
トール
今回のテーマは『ライブ配信アプリの「還元率(換金率)」を徹底比較』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

ライブ配信アプリで稼ぎたいなら、ライバーがもらえるポイントの「換金率」とか、投げ銭の「還元率」というのも重要なことです。

なぜかというと、リスナーからたくさん投げ銭をもらったとしても、還元率とか換金率が低ければ「収益が少なく」なってしまうから。

ちなみに、配信アプリで報酬をもらうシステムは以下のとおり。

  1. 視聴者から「投げ銭(ポイント)」をもらう
  2. 運営が決めた「換金率に応じて」報酬が支払われる

基本的には、ポイントの換金率とか還元率というのは、アプリの運営会社によって大きく異なります。なので、ライブ配信アプリを選ぶときに、この換金率や還元率なども気にしておきましょう。

スクロールできます
アプリ還元率(※推定値)ポイントの換金率特徴
ポコチャ推定困難
(詳細は後述)
100%時間報酬もあり。ライバーのランクによって時間報酬が異なる。また配信の盛り上がり度によって、投げ銭の還元率が変わる(独自計算される)。
17LIVE13〜50%直接報酬公式ライバー(認証ライバー)になると還元率が高くなる。引き出しできるのは1,000円から。初心者用イベントも頻繁に開催されている
ハクナライブ35〜50%為替レートによる初心者ライバーでも還元率高めで報酬をもらえる。イベントによって還元率が高くなることも。音声配信をするライバーが多い
ビゴライブ25〜30%為替レートによる公式ライバーになれば時給報酬も。ユーザー数は圧倒的に多い(3億人以上)
ドキドキライブ30〜70%100%時給報酬あり。ライバーのランクが上がるほど還元率も高くなる
アップライブ70%非公表日本人ユーザーはまだ少なく、東南アジアのリスナーが多い
ふわっち50%100%還元率は高めに設定されている。ユーザーの年齢層はやや高め
エブリイライブ非公表非公表ライバーによる還元率などの情報公開が禁止されている。ママさんライバーには特典あり
スプーン40%100%音声配信に特化したアプリ

ということで今回は、ライブ配信アプリの「投げ銭の還元率」や「ポイント換金率」を比較していきます。

目次

「投げ銭の還元率」と「ポイント換金率」を比較

ライブ配信アプリではYouTubeライブのように、投げ銭が直接もらえる仕組みではありません。リスナーがアイテムを購入してライバーに送る。こういった投げ銭のシステムです。

そして、ライバーはもらったアイテムに応じてポイントが与えらえれ、これを現金に換金する形になっています。この記事では「還元率」と「換金率」を、別々のものとして解説していきます。以下の感じで。

  • 還元率:リスナーが使った金額のうち、ライバーの手に渡る金額の割合
  • 換金率:ライバーがもっているポイントを換金するときの割合

つまり、還元率も換金率も高いアプリほど収益性が良いということ。たとえ換金率が高くても還元率が低ければ、収益の効率は悪くなります。

どの配信アプリを使えばいいのかは、還元率や換金率だけでなく「どんな配信をしたいのか」など、いくつかのポイントを総合的に考えるのがベター。使いたいアプリに迷ったときは『稼げる配信アプリの選び方』を、ぜひ参考にしてください。

ポコチャ(Pococha):換金率100%

\ 無料ダウンロード /

ポコチャでは「ダイヤ」というアイテムを換金することで報酬がもらえる仕組み。ダイヤの換金率は100%で「1ダイヤ=1円」です。

また以下のように、ダイヤを集める方法は2つ。

  • 時間ダイヤ:ライブ配信をした時間数に応じてもらえる
  • 盛り上がりダイヤ:コメント数、いいね数、アイテム数、視聴時間など、配信の盛り上がり度に応じてもらえる

こういうシステムになっているので、単純に「投げ銭=報酬」とはなりません。しかも、この盛り上がり度についてはポコチャ独自の計算方法があり、還元率を計算することは困難。

ポコチャ盛り上がりダイヤの算出方法

盛り上がりダイヤは、Pocochaが用意している1日あたりのダイヤから、直近の配信の盛り上がり度合いに応じて、獲得できるダイヤです。

盛り上がり度合いは「コメント・いいね・アイテムの総数/人数」や「リスナーの視聴時間」などから計算されます。計算方法など詳細はご案内しておりません。

ポコチャ公式サイト:盛り上がりダイヤについて

さらに、月間のランキングで200位以内に入ると、次月の盛り上がりダイヤにボーナスが追加されます。たとえばTOP10に入ると、盛り上がりダイヤが1.6倍に。

また、時間ダイヤについては「ライバーのランク」によって受け取れる数が変わり、最高ランクになると「時給5,500円」ほどになります。以下の表も参考にどうぞ。

スクロールできます
ランク時間報酬最高月収
S3,000〜5,500円/時412,500円/月
A1,900〜2,500円/時187,500円/月
B1,200〜1,600円/時120,000円/月
C400〜800円/時60,000円/月
D50〜150円/時11,250円/月
E30円/時2,250円/月

だいたい、ライバーの3人に1人くらいが「Cランク」までは到達しているので、時間ダイヤだけでも小遣い稼ぎできちゃいます。このシステムこそ、初心者でも稼ぎやすい秘訣。

ということで、このポコチャは登録しておきたい配信アプリの筆頭です。

\ 無料ダウンロード /

ポコチャの報酬システムや使い方などを『ポコチャの始め方とおすすめ理由』で解説しているので、よければこちらも参考にしてください。

17LIVE:還元率13〜50%

\ 無料ダウンロード /

17LIVEではライブ配信の報酬を「ロイヤリティ」という形でもらいます。ポイントをもらって換金するというシステムではありません。

しかも、単純に「投げ銭=ロイヤリティ」という計算でもなく、以下のような要素が組み合わさってロイヤリティの金額が決定されます。明確なことは非公表。

  • 視聴者数
  • 視聴時間
  • ギフト数 etc

色々な情報を見てみると、もらったギフトに対する「13〜50%」が還元率だとされています。ただ実際に50%近い還元率なのは一部のトップライバーのみでしょう。現実的には30%くらい。

また、17LIVEでは「認証ライバー」と「非認証ライバー」という分類もされていて、もちろん認証ライバーのほうがロイヤリティの還元率は高いです。

ちなみに、ロイヤリティの出金方法についても、認証ライバーと非認証ライバーでは異なります。簡単にまとめると、以下のような感じに。

  • 認証ライバー:1万円に達した時点で振り込まれる(源泉徴収、手数料を除いて)
  • 非認証ライバー:ドットマネー経由で1,000円から引き出しOK

非認証ライバーの報酬受け取りについては、17LIVE公式の「報酬の振込(非認証ライバー) 、マイレベニューについて」も併せてご参照ください。

そして、17LIVEでは初心者ライバー向けのイベントも頻繁に行われているので、最初は非認証ライバーとして活動しながら、ライブ配信に慣れていくといいです。徐々にファンが増えてきたら、ぜひ認証ライバーを目指していきましょう。

\ 無料ダウンロード /

17LIVEの登録方法や詳しいシステムなどは『17LIVEの使い方や特徴』で解説しています。よければ参考にしてください。

ハクナライブ(HAKUNA):還元率35〜50%

\ 無料ダウンロード /

ハクナライブ(HAKUNA)は、ライブ配信中にリスナーからギフトをもらうことにより「スター」というポイントが付与されるシステム。また海外発のアプリなので、報酬は為替レートに左右されます(←ここに注意)。

ではまず、スターの換金率から説明していきます。ハクナライブでは「127スター=1ドル」が換金するときの基準。ここに為替レートが関与してくるので、分かりやすく以下のように例を挙げてみます。

たとえば、12,700スターを換金するとしたら。

「1ドル=120円」のときに換金したら

  • 12,700スター = 100ドル
  • 100ドル × 120円 = 12,000円(換金率94.4%)

「1ドル=100円」のときに換金したら

  • 12,700スター = 100ドル
  • 100ドル × 100円 = 10,000円(換金率78.7%)

つまり、日本円の値が高いとき(いわゆる円安)に換金したほうが、自分の手元に入るお金が多くなるということ。だから為替レートのタイミングによって換金率は変わってきます。

仮に、1ドルが150円のときに換金したら、換金率は「118%」になりますから。

では、リスナーが使った金額がどれだけ配信者に還元されるか、還元率も見ていきましょう。

ハクナライブの還元率を計算してみた

ハクナライブでは、リスナーは「ダイヤ」というポイントを購入して、ライバーにギフトという形でアイテムを送ります。これがいわゆる投げ銭というやつ。

そして、前述したようにライバーは「スター」というポイントとして受け取ります。このとき「1ダイヤ=1スター」という関係です。

また、ダイヤを購入するとき「1ダイヤ=1円ではない」ので、還元率の計算がやや複雑になってきます。ちなみに下記の表のように、ダイヤはまとめて買うと割安というシステム。

スクロールできます
ダイヤの数購入価格(円)1ダイヤあたりの価格
23,00049,800円2.16円
11,00024,000円2.18円
6,30014,000円2.22円
3,1007,000円2.25円
1,0702,440円2.28円
5301,220円2.30円
210490円2.33円
105250円2.38円

たとえば、24,000円で購入した11,000ダイヤ分のギフトをもらったとしたら、ライバーは11,000スターをもらうことになります。要するに、リスナーはライバーのために24,000円を使ったということ。

これを、ライバーへの還元率として計算するなら、以下の感じに。

  • 11,000スター(ダイヤ) ÷ 24,000円 = 45.8%(1ダイヤ=1円)

ただ実際には、これに先ほどの為替レートが加味されるので、還元率の計算はより複雑に。たとえば「1ドル=100円」として計算してみると。

  • 11,000スター = 8,661円
  • 8,661円(11,000スター) ÷ 24,000円(11,000ダイヤ) = 36.0%

このように、1ドルが100円という為替レートだと還元率は「36%」となるわけです。ちなみに、1ドルが150円だとしたら、還元率は49.2%になります。

ということで、ハクナライブの還元率は「35〜50%」くらいと考えておくといいでしょう。またイベント開催時には期間限定で、還元率が「50%」とか「100%」になることも。

ライブ業界史上これまでにない最高の換金率 !!
★換金率最大100%UPイベントー恩返しのくなちゃん★が開催しました‼️

今すぐHAKUNAで詳細を確認してくださいー!

もう一つ🐣
フォロー+本ツイートRT後、ハクナIDをDMで送った全員に無料500スターと500ダイヤのボーナス‼️

#HAKUNA #ハクナ pic.twitter.com/SPD1awEj9f

— HAKUNA(ハクナ) (@HakunaJapan) August 16, 2019

💰💰💰換金率アップキャンペーン開催中💰💰💰

本日から10月1日までの間、スターの換金率が50%にアップ中🔥

この機会にたくさんスターを獲得しよう💨

📅期間
9月9日 15:00 〜 10月1日 15:00

— HAKUNA(ハクナ) (@HakunaJapan) September 9, 2021

他の配信アプリのようにライバーのランクによって還元率が変わるといったこともなく、初心者ライバーでも高めの還元率で報酬をもらうことができます

とくに、音声配信をやってみたいときは、ぜひ使ってみたいアプリの1つです。

\ 無料ダウンロード /

ハクナライブ(HAKUNA)の使い方と特徴』ではゲーム配信やマルチ配信など、ハクナライブの詳しい機能やメリットやデメリット、口コミなどもお伝えしています。

ビゴライブ(BIGOLIVE):還元率25~30%

\ 無料ダウンロード /

ビゴライブ(BIGOLIVE)では、リスナーからもらったギフトの数によって、配信者には「ビーンズ」が付与されるシステム。このビーンズは現金に換えることができますが、海外発アプリなので為替レートに左右されます(←ここ重要)。

ではまず、ビーンズの換金率から説明していきます。ビゴライブでは「210ビーンズ=1ドル」というのが換金するときの基準。ここに為替レートが関係してくるので、換金率は為替レートによって変動するということです。

たとえば、21,000ビーンズを換金するとしたら。以下のような計算になります。

「1ドル=120円」のときに換金したら

  • 21,000ビーンズ = 100ドル
  • 100ドル × 120円 = 12,000円(換金率57.1%)

「1ドル=100円」のときに換金したら

  • 21,000ビーンズ = 100ドル
  • 100ドル × 100円 = 10,000円(換金率47.6%)

先ほどのハクナライブでも解説したとおり、日本円の値が高いとき(いわゆる円安)に換金したほうが、自分の手元に入るお金が多くなります。なので、為替レートのタイミングによって換金率は変化

仮に、1ドルが80円のときに換金したら、換金率は「38%」になりますから。換金するときは、為替レートにも気をつけたいですね。

では、リスナーが使った金額がどれだけ配信者に還元されるか、還元率も見ていきましょう。

ビゴライブの還元率を計算してみた

ビゴライブでも、リスナーは「ダイヤ」というポイントを購入して、ライバーにギフトという形でアイテムを送ります。これがいわゆる投げ銭というやつ。

また、前述したようにライバーは「ビーンズ」というポイントとして受け取ります。このとき「1ダイヤ=1ビーンズ」という関係です。

そして、リスナーがダイヤを購入するとき「1ダイヤ=1円ではない」ことが、還元率を複雑にしている原因。さらに、ダイヤは購入方法によって金額が変わるというシステムです(以下参照)。

  • 1ダイヤ=3円で購入:AppStore/GooglePlay経由
  • 1ダイヤ=2円で購入:bigopay

1ダイヤあたりの単価には、このような違いが。ですので、ここでは間をとって「1ダイヤ=2.5円」として還元率を計算していきます。

たとえば、リスナーが21,000ダイヤ分のアイテムを投げ銭して、配信者が21,000ビーンズを手に入れたとしたら。リスナーが投げ銭で使った金額に対する、ライバーへの還元率は以下のように。

  • 21,000ダイヤ × 2.5円 = 52,500円
  • 21,000ビーンズ ÷ 52,500円 = 40%(還元率)

さらに、ここに先ほどの為替レートが関係してくるので、もっと複雑になっていきます。たとえば「1ドル=120円」として計算してみると以下のように。

  • 21,000ビーンズ = 12,000円
  • 12,000円(21,000ビーンズ) ÷ 52,500円(21,000ダイヤ) = 22.8%

このように、1ドルが120円という為替レートだと還元率は「22.8%」に。ちなみに、1ドルが100円だと還元率は19%、1ドル150円だと還元率は28.5%になります。

ということで、購入方法による単価の違い、為替レートの変動、こういったことを踏まえると、還元率は推定値で「25〜30%」くらいです。

また、公式ライバーになることで「時給報酬」ももらえるようになるので、投げ銭と時給の「ダブル収入」を得ることも可能。ユーザー数が3億人を突破していて市場規模はかなり大きいので、海外ユーザーと絡みたい人はぜひ使ってみてください。

\ 無料ダウンロード /

また、ビゴライブで配信するときのコツやゲーム配信についても『ビゴライブのやり方と特徴』で解説してます。よければ参考にしてください。

ドキドキライブ:還元率30〜70%

\ 無料ダウンロード /

女性ユーザーが多い「DokiDoki Live(ドキドキライブ)」は、推定で還元率「30〜70%」です。

ドキドキライブの特徴は、カラオケ配信機能やエフェクト機能が搭載されていることで、収録曲は「11,000曲以上」になっています。

「ドキドキライブ」の配信ジャンル

  • 雑談やトーク
  • カラオケ
  • コスプレ
  • ダンス etc

このように、カラオケ以外にも色々なジャンルの配信をしている人が多いくて、仲良くなったライバー同士で「グループライブチャット」もできるので、他のライバーと交流したり情報交換することもありです。

また、あらかじめ撮影した「動画コンテンツ」を配信することもできるので、ライブ配信が苦手な人はこちらを利用してみては。

\ 無料ダウンロード /

アップライブ:還元率70%

\ 無料ダウンロード /

アジアを中心に世界展開しているアプリで、ユーザー数は5,000万人を突破。日本では2016年からリリースされています。

世界中にユーザーがいるので、24時間いつでも海外ユーザーたちと異文化交流ができたり、言語の壁を超えてゲームで盛り上がるのもOK。

また以下のように、音声配信とか複数人でのコラボ配信もできるので、色々な楽しみ方ができるアプリです。

  • 通常の配信
  • 音声配信
  • ゲーム配信
  • コラボ配信(複数人OK)

TikTokのようにショートムービーを公開することもできるから、ライブ配信をする以外の方法でもファンを増やすことができます。これはとても便利な機能なので、有効活用していきましょう。

アップライブの投げ銭換金率は推定で「70%」程度とされています。また海外アプリなので為替変動による影響もあります。

\ 無料ダウンロード /

ふわっち:還元率50%

\ 無料ダウンロード /

ふわっちのポイント換金率は、推定で「50%」です。

「ルーキーランキング」や「ヒヨコアイテム」といった、初心者にも稼ぎやすいシステムなども備わっています。

  • ライブ配信
  • 音声配信

この2種類の配信方法でライブ配信をするんですが、以下のカテゴリの中から1つを選んで配信していきます。

  • 雑談
  • 音楽
  • 趣味
  • 企画
  • うさぎ

最初はいろいろなカテゴリで配信をしながら、自分に合ったスタイルとか、視聴者の反応とかをチェックしていくのもあり。

他のライブ配信アプリに比べると「ユーザーの年齢層がちょっとだけ高め」で男女比も均等というのも、ふわっちのウリになっています。

しかも、ふわっちを好んで視聴しているユーザーは、気軽に「投げ銭」をしてくれる傾向があるので、ファンを味方にすればガッツリ稼げる可能性も!

\ 無料ダウンロード /

さらに詳しい使い方などを『「ふわっち」は稼げるライブ配信アプリ!年齢層はやや高め』で解説しているので、よければ参考にどうぞ。

エブリィライブ:非公表につき推定困難

再生ボタンをクリックすると動画が流れます

\ 無料ダウンロード /

「エブリィライブ」のポイント還元率は、非公表な部分が多いので推定困難です。

さらに、この「投げ銭」とともに「時給報酬」もあるというのが特徴で、こちらも稼ぎやすいシステムになっている配信アプリです。

また、ママさんライバーには「特別サポート体制」があるのも魅力の1つ。

  • シングルマザーの場合:月2万
  • ママさん副業ライバーの場合:月1万

条件さえ満たせば「ライブ配信の報酬とは別」に、上記の金額が支給されます。

まだスタートし始めたばかりの新興アプリなので、ライバルも少ないから「先行者利益」を狙うのもありです。

\ 無料ダウンロード /

スプーン:還元率40%

\ 無料ダウンロード /

音声ライブ配信の「Spoon(スプーン)」は、推定でポイント還元率「40%」です。

しかも、最低出金額が「300円」からとなっていて、他のライブ配信アプリに比べると低く設定されています(現金化しやすい)。

換金の流れは、以下のとおり。

  1. ライブのリスナーから「スプーン」をもらう
  2. もらったスプーンは「ポイント」に変換される
  3. そのポイントを「現金・商品券」などと交換する

ちなみに、スプーンは「音声配信」に特化したライブ配信アプリなので、身バレの危険が少なく安全に使えるアプリ。

また、音声ライブだけでなく「30秒以上の録音コンテンツ」も配信できるので、初心者にとって最もハードルが低いアプリです。

\ 無料ダウンロード /

ライブ配信アプリで収入を得る仕組み

それでは、ライブ配信アプリで「収入を得ていく仕組み」について、おさらいしておきましょう。

ライブ配信アプリで収入をえる方法は、主に以下の2つです。

  • 視聴者からの投げ銭
  • 企業からの紹介案件

この2つのうち、ライブ配信による収益源で大部分を占めるのが「投げ銭」で、アプリによって特徴は異なるものの「視聴者からの投げ銭」で収益を得る仕組みは、どのアプリでも変わらないです。

そして、ほとんどのライブ配信アプリでは、投げ銭といっても直接金銭を受け取るわけではなく、視聴者から「ポイント」をもらうシステムになっています。

  • ライブの視聴者から「ポイント」をもらう
  • もらった「ポイント」に応じて、運営側からお金が支払われる

このような流れで収益を得ていくんですが、実際には「もらったポイントすべて」が換金されるわけではなく、ポイントの一部が換金されて支払われるシステムです。

そして、このポイントの「換金率(還元率)」というのは、ライブ配信アプリによって異なります。

ライブ配信アプリで稼ぐには「換金率(還元率)」を知っておこう

ライブ配信アプリで報酬を得ていく上で、視聴者からもらったポイントの換金率っていうのも重要なポイントです。

なぜかというと、視聴者から多くのポイントをもらったとしても、その「換金率が低い」と効率よく収入が増えないから。

ライブ配信アプリで「効率よく」稼ぐコツ

  • 「換金率(還元率)」が高いアプリを選ぶ
  • ライブ配信者としてのランクを上げる
  • 視聴者から「投げ銭」を多くもらう

ただ、ポイントの「換金率(還元率)」を公表していないアプリもあるので、そういったアプリについては「推定値」を紹介をしました。

ちなみに、成功しているライバー達のほとんどが、まず「2つ以上アプリに登録」して活動を始めているので、最低でも「2つのアプリ」に登録しておくといいです。

最後になりますが、今回紹介したアプリも含めて『初心者におすすめライブ配信アプリ10選』で特徴などを解説しています。よければアプリ選びの参考にしてください。

スクロールできます
配信アプリ特徴・機能
ポコチャ★おすすめ!ライブ配信するだけでも報酬がもらえる(投げ銭+時給制)。小遣い稼ぎにも最適。初心者でも始めやすいアプリ
ハクナライブ☆ねらい目!配信方法の種類が豊富で、音声配信やゲーム配信もできる。ライバルが少なくて狙い目のアプリ。イベントも豊富で初心者に優しい
ビゴライブ☆ねらい目!公式ライバーだと時給収入もあり。ゲーム配信もできる。ユーザー数は3億人以上で初心者でも稼ぎやすい
17LIVE★おすすめ!日本で人気No.1のライブ配信アプリ。イベントが多く初心者でも始めやすい
アップライブアジア中心に人気があるアプリ。ゲーム配信や音声配信などもできる。翻訳機能もあるので安心して使える
ふわっち男女比が均等という珍しい配信アプリ。音声配信などもできる。初心者にも稼ぎやすい仕組みが構築されている
エブリィライブママさんライバーに特典あり。時給制+投げ銭のダブル報酬制度
LIVE812通販機能を備えたライブ配信アプリ。ライブコマース(ライブ動画通販)ができる
ドキドキライブカラオケ配信ができたり、ライバー同士のファミリー機能がある
スプーン声だけでライブ配信できる。ラジオ・音声に特化したライブ配信アプリ。音声コンテンツの投稿もできる
こちらから記事のシェアできます

この記事を書いた人

YouTube歴6年、Webライター歴5年、ブログ歴5年。
当ブログではメディアミックスの時代に合わせた、YouTube、ライブ配信を中心に、動画コンテンツの作成ノウハウ・マーケティングについて紹介しています。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次