音声のみでライブ配信できるアプリ4選!顔出しせず声だけで配信OK

ポイント!

  • 音声配信はライブ配信の初心者には、おすすめの配信方法の1つ。
  • 顔出しせず音声のみで配信する「ラジオ配信」ができるアプリもいくつかあります。
  • アカペラで歌ったり、弾き語りを配信するときは、著作権者と契約しているアプリが便利です。
トール
今回のテーマは『音声のみのラジオ配信ができるアプリ』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

顔を出さずに音声だけで配信したい、ラジオ感覚で配信したい、こういったスタイルでライブ配信する人も増えてきましたね。いまは音声コンテンツも流行りですし。

ちなみに以下のように、音声を配信できるアプリってたくさんあります。

  • stand.fm
  • Voicy
  • Radiotalk
  • Twitter Space
  • Clubhouse
  • Spoon
  • 17LIVE
  • HAKUNA
  • Pococha etc

今回はこれらのアプリの中から、初心者でも始めやすい「ライブ配信アプリ」に絞って紹介していきます。いわゆる「音声配信ができる配信アプリ」です。

イケボを披露するもよし、トークで盛り上げるのもよし、もちろん楽しく雑談するのもあり。また、メイクをするのが面倒なときに使ってる女性ライバーもいます。

音声配信(ラジオ配信)ができるアプリ

また、これらの配信アプリはタダで使えるので、まずはどんな感じか試してみてながら、自分に合ったアプリを選んでいきましょう。

目次

音声配信(ラジオ配信)ができる配信アプリ

ラジオ配信、いわゆる音声だけの配信ができるアプリのうち、初心者でも始めやすく、さらに収益化がしやすいものは以下の4つ。

この中でも「ポコチャ」は、配信するだけで報酬がもらえるシステムがあるので、ライブ配信がはじめての人はぜひ使ってみたいアプリ。もちろんタダで使えます。

どのアプリで配信するか決めかねているなら『ライブ配信の目的ごとに配信アプリを選ぶ』と効率的なので、音声配信以外にもやりたい配信があるなら参考にしてください。

では、それぞれの配信アプリの特徴を解説していきます。

ポコチャ(Pococha)

\ 無料ダウンロード /

ポコチャは「時間ダイヤ」という形で、配信した時間に応じて報酬がもらえるシステムが特徴。これがいわゆる「時給制」と呼ばれるもの。もちろん投げ銭もあり。

ただし、顔出し配信が基本のアプリなので、ラジオ配信で時給をもらうには注意が必要です。直近6回のライブ配信で「ラジオ配信が3回以上」になると時間ダイヤはもらえません

例)

今回:ラジオ配信(こちらの配信は時間ダイヤが獲得できません)

1回前:ラジオ配信

2回前:ライブ配信

3回前:ライブ配信

4回前:ライブ配信

5回前:ラジオ配信

※配信1回ごとに直近6回の配信は変動いたしますので、ご注意ください

引用:時間ダイヤを獲得できない配信について

こんな感じで制限があるので、顔出し配信を中心にしつつ「たまに音声配信をしたい」という人におすすのアプリです。

また、音声配信のほかにもカラオケ配信ができたり、報酬がアップする19のランキング制度があったり、稼ぎやすい仕組みが整っています。こちらの『ポコチャの始め方と特徴』で詳しく紹介しているので、よければ参考にしてください。

配信するだけでも報酬がもらえる唯一のアプリなので、ライブ配信の初心者はぜひ登録しておきましょう。

\ 無料ダウンロード /

ハクナライブ(HAKUNA)

\ 無料ダウンロード /

ハクナライブでは「8割以上が音声配信」をしているくらい、ラジオ配信が人気のアプリ。また、ライバルとして強力なライバーがまだ少ないのも人気の理由です。

しかも、音声配信だけでなく色々なライブ配信ができるのも魅力。ちなみに以下のような配信ができます。

  • ラジオ配信
  • 顔出し配信
  • ゲーム配信
  • コラボ配信
  • 招待制配信

音声配信をしながら顔出し配信に切り替えたり、また顔出し配信しながら音声配信に切り替えたり、ボタン1つで配信方法の切り替えOK。

あとは、招待制の配信にして「友だちだけを招待」すれば、気楽に配信できるし、初心者ならライブ配信の練習にもなります。友だちとのテスト勉強に使ってる学生もいます。

このように『ハクナライブ(HAKUNA)はマルチに使える配信アプリ』なので、音声配信をやってみたい人は登録しておくといいです。

\ 無料ダウンロード /

17LIVE(ワンセブンライブ)

\ 無料ダウンロード /

17LIVEは、国内で人気No.1の配信アプリ。アルコールを飲みながらの配信も解禁されたり、インスタのように写真やショート動画を投稿できたり、いろいろな形で楽しめるアプリです。

また、2021年10月からラジオ配信ができるようになり、顔出しせず音声のみでライブ配信ができるようになりました。17LIVEもボタン1つで音声配信への切り替えOK。以下のように配信している人も多くいます。

  • 歌配信
  • 雑談配信
  • 声優配信
  • ASMR配信 etc

さらに、ゲーム配信ができしたり、バーチャル配信もできたり、音声配信以外にもたくさんの方法でライブ配信ができます。マルチな配信アプリの1つ。

しかも、初心者用のイベントも頻繁に開催されていて、ビギナーでも馴染みやすいシステムです。ユーザー数も多いので1度は試してみてください。

17LIVEの登録方法などについては『17LIVEの使い方とアプリの特徴』で解説しています。よければ参考にしてください。

\ 無料ダウンロード /

スプーン(Spoon)

\ 無料ダウンロード /

スプーンは「音声配信に特化」したライブ配信アプリ。全世界で3,000万ダウンロードを突破している人気アプリです。

また、ラジオ配信だけでなく録音したコンテンツも配信できるので、初心者でも始めやすい仕組みになっています。

これらの配信アプリ含めて『初心者におすすめライブ配信アプリ10選』でも特徴などを解説しています。よければアプリ選びの参考にしてください。

顔出しせず音声のみで配信するときのアイデアと注意点

音声だけでライブ配信するにあたって、どういった内容にすればいいのか。ただ雑談をするだけが配信ではなくて、いろいろなアイデアで配信した方がリスナーからは喜ばれます。

トーク以外にも、以下のようなアイデアで配信するのもあり。顔出しするわけではないので、まずは楽しんで配信をやってみましょう。

  • 朗読
  • ASMR
  • アカペラ
  • 弾き語り
  • リスナーの質問に答える etc

小説を朗読したりアカペラで歌配信したいときは「著作権」に注意してください。著作権侵害をすると強制退会させられる可能性もあるので。

たとえBGMを使わなくても「アカペラで歌う場合の著作権侵害とは?動画投稿・舞台は大丈夫?」で解説されているように、アカペラ配信でも著作権は発生します。

ちなみに、今回紹介した配信アプリでは、以下のようにして楽曲利用が可能です。

  • ポコチャ:JASRAC/NexToneの管理楽曲は使用OK
  • ハクナライブ:事前に使用許可を得る必要あり
  • 17LIVE:JASRACの管理楽曲は使用OK
  • スプーン:アプリ上からJASRAC/NexToneへの許可申請ができる

アカペラや弾き語り、または歌詞の朗読を配信したいときは「ポコチャ」か「17LIVE」を選ぶと便利です。いちいち使用許可を得る必要がないですから。

あとは、流行りのASMRを配信するのもアイデアとしてあり。ただし、アプリの中には声を発信していないとダメという規約があるので、そのあたりは注意が必要です。

また、話す内容がないとか、アイデアが思い浮かばないときは、リスナーからの質問に答えるとか、リスナーからお題をもらうとか、SNSなどで質問を募集するのもあり。そうすると、ラジオのハガキを読む感じでフリートークがしやすいです。

音声配信をするときはマイクを使いましょう

顔出しせず声だけで配信するときは「クリアな音」でライブ配信するのがポイント。ノイズが入っていたり、雑音が入ったりするだけでも、リスナーは不快に感じてしまいます。

ですから、たとえスマホで配信するにしても「専用マイク」だけは準備しておきましょう。マイクの有無でだいぶ声の印象は変わりますから。

ちなみに、以下のようなリーズナブルなマイクで十分なので、ぜひ配信するときには使ってみるもよし。また『スマホでライブ配信するときに便利な道具』を紹介しているので、よければ参考にしてください。

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場
¥17,553 (2022/12/08 09:20時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場
こちらから記事のシェアできます

この記事を書いた人

YouTube歴6年、Webライター歴5年、ブログ歴5年。
当ブログではメディアミックスの時代に合わせた、YouTube、ライブ配信を中心に、動画コンテンツの作成ノウハウ・マーケティングについて紹介しています。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次