情報発信のためのWebツール活用術

海外発!ライブ配信アプリで外国人ユーザーと交流しよう【日本にいながらでOK】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Webライター歴4年、ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube/ライブ配信」「ブログ/メルマガ」「SNS」などによる、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪ フリーランスの働き方についても発信中。趣味のゲームはファミコン時代を含めると30年とも・・・
詳しいプロフィールはこちら

ポイント!

  • 日本にいながらでも「海外ユーザーとライブ配信」をすることができます。
  • 日本人」とか「日本文化」というのは、外国人から好まれることがほとんど。
  • どんなライブ配信をするときも「位置情報」や「身バレ」には注意しましょう。

今回のテーマは『海外ユーザーと交流できるライブ配信アプリ』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

ライブ配信って日本よりも「海外」のほうが盛り上がっていて、海外発のアプリもたくさんあるんですよ。

 

  • 外国人と話してみたいけど、なかなかチャンスがない
  • 海外ユーザーに向けてライブ発信して、稼いでみたい

 

こういった思いを密かにもっているなら、ぜひ「海外発のライブ配信アプリ」を使ってみましょう。海外といっても、日本にも運営会社があるアプリなので安心です。

 

以下の5つのアプリは始め方も簡単なので、ライブ配信の初心者にもおすすめ。

 

  • ビゴライブ
  • ポコチャ
  • スプーン
  • 17LIVE
  • uplive

 

ということで今回は、初心者でも始めやすい「海外ユーザーと話せる」配信アプリを紹介していきます。

 

海外ユーザーとも話せるライブ配信アプリ5選

 

「知らない外国人と話すって、ちょっと怖いかも・・・」

 

そう思うのは無理ないんですが、個人情報とかプライバシーに気をつけていれば安全です。これについては、記事の最後に説明しています。

 

とにかく「日本人である」とか「日本の文化」っていうのは、海外ユーザーから超人気があるので、日本人向けに配信するよりも稼げる可能性があるんです。

 

ということで、ここからは以下の5つの配信アプリについて、やり方などをを含めて紹介していきます。

 

海外ユーザーと話せる配信アプリ

 

また、アプリ選びに迷ったときは『稼げる配信アプリの選び方』をご覧ください。自分に合ったアプリ選びなどを解説しています。

 

ビゴライブ:全世界でユーザー数3億人超え

  • 全世界でユーザー数「3億人」以上
  • 海外ユーザーが多く稼ぎやすい
  • ゲーム配信ができるアプリの1つ

 

「ビゴライブ(BIGOLIVE)」の特徴は、なんといってもユーザー数の多さで、海外を含め「3億人以上のユーザー」がライブ配信を楽しんでいます。

 

海外コメ(海外ユーザーからのコメント)があっても、Google翻訳が常設されているので安心!

 

  • 外国語が話せる
  • 外国語に興味がある
  • ゲーム配信がしてみたい
  • 日本の文化をアピールしたい

 

こういった思いがあるなら、ぜひチャレンジしてもらいたいです。

 

また、ライブ配信アプリには少ない「ゲーム配信」もできるので、ゲームを通じて海外ユーザーと仲良くなるってこともあり。

 

>>>「ビゴライブ」をダウンロード

 

アプリの始め方や特徴については『ビゴライブの使い方』で解説しています。よければ参考にしてください。

 

ポコチャ:ついに米国でもサービス開始

  • 時給制+投げ銭(換金率100%)
  • 時給は最大で「5,500円」にもなる
  • 大手企業「DeNA」が運営中

 

2021年5月から「ポコチャ」は、ついにアメリカでもサービスを開始しました

 

米国でユーザー登録をすれば、海外ユーザーたちと交流することも可能で、海外のイベントに参加しているライバーを応援することもOK。

 

  • ユーザー登録した国は、あとで変更できない
  • イベントに参加している海外ライバーを応援できる
  • 異なる国のイベントにはライバーとして参加できない

 

海外ユーザーと本気で英語交流を楽しみたいなら、米国ユーザーとして登録するのもあり。

 

一部上場企業「DeNA」が運営しているアプリなので初心者でも安心して利用できますし、投げ銭やポイントの還元率も高めです。

 

>>>「ポコチャ」をダウンロード

 

ポコチャで稼ぐ仕組みについて『ポコチャは配信するだけで稼げるアプリ』で詳しく解説しているので、よければ参考にしてください。

 

Spoon(スプーン):音声配信に特化したアプリ

  • 還元率:40%
  • 音声だけのライブ配信アプリ
  • 録音コンテンツも配信できる

 

スプーンは「音声配信」に特化したアプリで、ライブでの音声配信や、音声録画したコンテンツ配信、などができます。

 

国の選択を切り替えるだけで、海外ライバーたちとの交流がOK(ブラウザ上で操作可能)。

 

  • 日本
  • 米国
  • 韓国
  • 中東

 

これらの国々から選ぶことができるので、話したい聞きたい言語に合わせて選択しましょう。

 

音声だけの配信なので、海外ライバーの配信を聞きながら「語学の勉強」をしている人もいますよ。

 

>>>「スプーン」をダウンロード

 

17LIVE:国内でも人気No.1アプリ

  • 日本でNo.1の人気がある
  • 海外の人たちと交流ができる
  • ショートムービーも配信できる

 

台湾発のライブ配信アプリで、現在では世界154カ国に展開しています。

 

インスタのように「画像」や「ショート動画」を投稿できる機能があったり、ラジオ配信やゲーム配信、V-live配信など、色々な配信ができるアプリです。

 

また、リージョン(地域)と呼ばれる設定項目を変更するだけで、日本に住みながら別の国で配信することができます。たとえば以下の地域など。

 

17LIVEで選べる主な地域

  • 台湾
  • 香港
  • 日本
  • シンガポール
  • マレーシア
  • アメリカ

 

たとえば、Gacktさんなどはこの機能を使って、マレーシアの自宅から配信を行ったりしています。もちろん、地域を変更しても「日本のライブ配信」を見ることは可能。

 

外国人と話したい、外国語の勉強がしたい、そういう人にはおすすめアプリです。

 

>>>「17LIVE」をダウンロード

 

他の便利な機能などについては『17LIVEの始め方とメリット』で詳しく紹介しているので、よければ参考にしてください。

 

uplive:アジアを中心に人気があるアプリ

  • アジアを中心に世界展開している
  • 音声配信やゲーム配信ができる
  • 複数人でのコラボ配信も可能

 

アジア圏を中心に人気がある配信アプリで、日本人ユーザーよりも海外ユーザーの方が圧倒的に多いです。早めに参入しておくと良いかも。

 

TikTokのようなショートムービーも投稿できる機能もあり、音声配信やゲーム配信などもできるマルチなシステムになっています。

 

また、高精度の文字や音声の翻訳機能もついているので、外国語が話せない人でも安心して利用OK。日本のライバーが増える前に、先行者利益を狙っていきましょう。

 

>>>「uplive」をダウンロード

 

海外ユーザーとライブ配信するメリット

 

ライブ配信アプリで「海外ユーザーと交流する」メリットというのは、以下のようにいくつかあります。

 

  • とにかく「市場規模」が大きい
  • 外国人とコミュニケーションを取れる
  • ライブ配信を見ているだけでも語学の勉強になる

 

しかも、日本人のライブ配信者ほとんどが、いまはまだ「海外ユーザーとはライブ配信していない」というのが現状ですね。

 

  • YouTube
  • 日本人ユーザーが多いアプリ

 

こういったところには、ライブ配信するライバルが結構多いので、稼ぐにはなかなか大変だと思います。

 

一方で、海外ユーザーが多い場所でのライブ配信になると、日本人ライバーはほとんどいないので、かなり狙い目です。

 

外国人は日本人が好きだし、チップに抵抗がない!

 

さらに、海外には「チップ文化」が根付いているので、ライブ配信者へ「投げ銭をする」ことに対しても「あまり抵抗がない」というのも稼ぎやすいポイントではないでしょうか。

 

しかも、わたしたち日本人が思っているよりも、海外の人たちは日本が大好きです!

 

  • 日本人は好まれる
  • 日本文化は人気がある

 

この2つを活かしていけば、多くの外国人ユーザーとライブ配信を楽しめますよ。

 

海外ユーザーとのライブ配信は「実践的な英会話」の練習にもなる

 

海外のライブ配信アプリを使えば、外国人ユーザーと触れ合える可能性は高いです。

 

  • 生の外国語に触れられる
  • より日常的な会話を経験できる
  • 学んだことを実践しながら活かせる

 

よく「習うより慣れろ」という言葉を使いますが、わたし自身もこんな経験をしたことがあります。

 

日本人のいない場所を1週間旅行しただけで、帰るときには簡単な英会話ができるようになってました(ゼスチャー付きですが)

 

やっぱり「実践するって大事だな」と思った出来事でした。

 

海外ユーザーとライブ配信をするときの注意点

 

海外のアプリに限ったことではありませんが、以下の2点には注意しましょう。

 

  • アプリの位置情報を「ONにしない!」
  • 個人や場所が特定されるライブ配信をしない

 

ライブ配信をするときは、個人とか場所をバレないようにするのが、一番重要なことです。

 

アプリをダウンロードしたら、スマホの「位置情報」設定を確認して、OFFになっていることを確かめましょう。

 

  • ライブ配信するときの背景
  • ライブ配信するときの服装

 

こういったことでも「個人」や「学校・会社」などを特定される危険があるので、ライブ配信するときの場所や、身につけるものにも注意を払ってくださいね

 

個人情報やプライバシーに配慮すればOK!

 

  • 身バレ
  • 住んでいる場所

 

こういったことに配慮だけしておけば、さほどリスクもなく「ライブ配信を楽しむことができる」ので、そんなに怖がる必要もないです。

 

海外のライブ配信アプリといっても、国内では日本法人が運営しているので、困ったことがあれば運営会社に相談しましょう!

 

ということで今回は、海外ユーザーとも話せるライブ配信アプリについて、おすすめアプリを紹介しました。

 

最後になりますが、今回紹介したアプリも含めて『初心者におすすめライブ配信アプリ10選』で特徴などを解説しています。よければアプリ選びの参考にしてください。

 

ライブ配信アプリ特徴
ポコチャ☆おすすめ!ライブ配信するだけでも報酬がもらえる(投げ銭+時給制)。小遣い稼ぎにも最適。初心者でも始めやすいアプリ
ハクナライブ★ねらい目!配信方法の種類が豊富で、音声配信やゲーム配信もできる。ライバルが少なくて狙い目のアプリ。イベントも豊富で初心者に優しい
ビゴライブ★ねらい目!公式ライバーだと時給収入もあり。ゲーム配信もできる。ユーザー数は3億人以上で初心者でも稼ぎやすい
17LIVE☆おすすめ!日本で人気No.1のライブ配信アプリ。イベントが多く初心者でも始めやすい
upliveアジア中心に人気があるアプリ。ゲーム配信や音声配信などもできる。翻訳機能もあるので安心して使える
ふわっち男女比が均等という珍しい配信アプリ。音声配信などもできる。初心者にも稼ぎやすい仕組みが構築されている
エブリィライブママさんライバーに特典あり。時給制+投げ銭のダブル報酬制度
LIVE812通販機能を備えたライブ配信アプリ。ライブコマース(ライブ動画通販)ができる
ドキドキライブカラオケ配信ができたり、ライバー同士のファミリー機能がある
スプーン声だけでライブ配信できる。ラジオ・音声に特化したライブ配信アプリ。音声コンテンツの投稿もできる

※タップして横スクロールで全部見れます

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Webライター歴4年、ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube/ライブ配信」「ブログ/メルマガ」「SNS」などによる、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪ フリーランスの働き方についても発信中。趣味のゲームはファミコン時代を含めると30年とも・・・
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − three =

Copyright© メデミ研究所 , 2020 All Rights Reserved.