情報発信のためのWebツール活用術

自宅から生放送できるアプリ7選!YouTubeよりもハードルは低いです【結論】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Webライター歴4年、ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube/ライブ配信」「ブログ/メルマガ」「SNS」などによる、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪ フリーランスの働き方についても発信中。趣味のゲームはファミコン時代を含めると30年とも・・・
詳しいプロフィールはこちら

ポイント!

  • 自宅から「生放送できるアプリ」の1つにライブ配信アプリがあります。
  • YouTubeよりも手軽で簡単な「生配信できるアプリ」は人気急上昇中です。
  • いま狙い目の「ユーザー数が増えている」配信アプリを5つ紹介します。

今回のテーマは『自宅から生放送できる配信アプリ5選』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

YouTubeとかSNSなどを使って「生配信」をする機会が増えてきてますが、これらの他にもライブ配信できる方法があるって知ってましたか!?

 

  • スマホで簡単に生配信できる
  • ライブ配信をして報酬を得る

 

こういったことをできるのが「ライブ配信アプリ」というツールで、自宅などから「生放送できるアプリ」のことです。

 

ライブ配信アプリは、YouTubeやインスタライブ、LINEライブといったものより「ライバル」が少ないから、生放送を配信する狙い目アプリとも言われてます。

 

そして、配信アプリにもいくつか種類があって、初心者でも始めやすいものがこちら。

↓↓↓

ライブ配信アプリ特徴
Pococha(ポコチャ)★おすすめ!ライブ配信するだけでも報酬が発生するシステム。初心者でも稼ぎやすい
イチナナライブ日本No.1ユーザー数のライブ配信アプリ。初心者でも始めやすいのが特徴
ビゴライブ(BIGOLIVE)★おすすめ!世界中に2億人のユーザーがいるから、稼ぎやすくて、ゲーム配信もできる数少ないアプリ
Spoon(スプーン)★おすすめ!声だけでライブ配信できる。ラジオ・音声に特化したライブ配信アプリ
LIVE812★おすすめ!通販機能を備えたライブ配信アプリ。ライブコマース(ライブ動画通販)ができる
DokiDoki Live(ドキドキライブ)カラオケ配信ができたり、ライバー同士のファミリー機能がある
ふわっちユーザーの平均年齢が高くて、男女比も半々。こちらもゲーム配信ができる

※タップして横スクロールで全部見れます

 

本格的に「5G」が普及してくると、ライブ配信もガンガン盛り上がるはずですから、今のうちにやり始めるといいですよ!

 

登録必須!生放送できるアプリ3選【ライブ配信アプリ】

 

生放送ができるアプリ(ライブ配信アプリ)を始めるとき、以下のことを踏まえてアプリを選ぶといいです。

 

  • ユーザー数が多い
  • ユーザー数が増えている
  • ライバルが少ない

 

このうち「どれかの条件に当てはまる」アプリを選んでしまえば、比較的早い段階からライブ配信で活躍できるようになります。

 

  • スマホだけで配信できる
  • 無料登録して配信できる
  • 収入を得ることができる

 

こんな感じで、ライブ配信アプリは「費用対効果が高い」ので、さっそく始めてみましょう。

 

初心者におすすめ生放送アプリ

  • ポコチャ|DeNAが運営しているただいま成長中のアプリ。ライブ配信するだけで報酬ゲット
  • ビゴライブ|ユーザー数「2億人」のNo.1アプリ。自宅からゲーム配信もできる
  • イチナナ|日本で人気No.1アプリ。イベントも豊富で初心者でも始めやすいのが特徴

↑↑↑

このあたりは、登録必須かなと。

 

とりあえず「全部のアプリに登録」しておいて、実際に使いながら1つに絞っていけばOKです(登録無料なんで)

 

実際にライブ配信をしている人のほとんどが、2つ以上のアプリに登録して活動しています

 

ポコチャ(Pococha):ライブ配信するだけで稼げるアプリ

  • ライブ配信するだけで稼げる
  • 大手企業「DeNA」が運営中
  • まだまだライバルが少ない

 

「ポコチャ(Pococha)」は、大手企業「DeNA」が運営していて、スマホさえあれば「今すぐ」始められるライブ配信アプリです

 

もちろん、ライブ配信をするだけでなく、ライバーの生放送も無料で視聴できます。

 

このアプリの特徴は「ライブ配信をするだけ」でポイントがもらえることで、誰でも最初から報酬をゲットできるのが大きな魅力です。

 

  • 配信した時間によってポイントがもらえる(上限:1日2時間30分)
  • ライブの盛り上がりによって、もらえるポイントが増えていく

 

ユーザー数はまだ少ないですが、国内ユーザーの登録数が急上昇している注目のアプリ(ライバルが少なくて狙い目)!

 

他のライブ配信アプリのように、視聴者から「投げ銭」してもらわなくても、ライブを配信するだけで報酬がもらえるのは大きいですね。

↓↓↓

 

もう少し知りたい人は『ポコチャ(Pococha)の魅力は100%の換金率!ライブ配信するだけでも稼げるアプリ』を参考にしてみてくださいね!

 

 

ビゴライブ(BIGO LIVE):ユーザー数は世界No.1ライブ配信アプリ

  • 全世界でユーザー数「2億人」
  • 海外ユーザーが多く稼ぎやすい
  • ゲーム配信ができるアプリの1つ

 

世界No.1のユーザー数「2億人」を記録しているのが「ビゴライブ(BIGO LIVE)」なんですが、海外ユーザーも多くて圧倒的な市場規模が魅力!

 

「英語なんて話せない」って諦めるのはもったいなくて、このアプリには「Google翻訳が搭載」されているので問題なしです。

 

  • 日本のアニソンを歌う
  • 日本文化を発信する

 

基本的に「日本人は海外で人気がある」ので、日本推しをしていけば海外ユーザーにもアピールできます

 

また、海外には「チップ」の文化があるので、抵抗なく投げ銭をしてもらえるんです。

↓↓↓

 

稼げる可能性が高い理由を『ビゴライブ(BIGOLIVE)の感想とレビュー!先行者利益を狙うなら今すぐやろう♪』で触れているので、よければ見てください。

 

 

イチナナ(17 Live):日本で人気No.1アプリ

 

「イチナナ(17 Live) 」は、台湾発のライブ配信アプリで、全世界「4,500万ダウンロード」を達成しています。

 

しかも日本では、ライブ配信アプリのシェア5割を超える「人気No.1アプリ」なんで、日本人ユーザー数も圧倒的に多いです。

 

  • 日本人ライバルは多め
  • 日本人ユーザー数はかなり多い

 

ライバルは多いけどユーザー数も多いので、初心者でも「最初から活躍するチャンス」があるライブ配信アプリです。

 

しかも、おもしろい機能(ステッカーを貼ったり、絵を描いたり)もたくさんあるし、ユーザー数も多いから、かなりのポテンシャルを秘めているアプリですね

↓↓↓

流行りに乗りたい人は『注目!イチナナ(17Live)♪話題のライブ配信アプリって楽しいの?』を読むといいかも♪

 

 

登録推奨のライブ配信アプリ

 

次に「登録推奨!」のライブ配信アプリを、4つ紹介します。

 

  • ふわっち
  • スプーン
  • LIVE812
  • ドキドキライブ

 

ユーザー数はまだ少ないんですが、これから伸びる可能性がある「それぞれ武器がある」ライブ配信アプリなので、片手間に始めてみるのもありです。

 

ふわっち:アングラ的なライブ配信アプリ

  • ポイントの換金率が高い
  • ユーザー層が幅広く男女均等
  • ゲーム配信ができる

 

ちょっとアングラ的な雰囲気を楽しみたいなら「ふわっち」がおすすめで、ユーザー数は少ないけど「投げ銭」に積極的な人が多い印象です。

 

他のアプリとは違って、ユーザーの平均年齢はやや高めで、男女比も同じくらいになっています。

 

さらに「ゲーム配信」ができる数少ないアプリだから、ゲーム好きにはおすすめ。

 

  • ゲーム配信
  • のんびり配信

 

昔のニコ生のようにアングラ的な感じもあって「投げ銭」してくれる人も多いので、ハマると稼ぎやすいかもしれません

↓↓↓

 

ユーザー層について『ふわっちっておすすめ?稼げるライブ配信アプリ!年齢層はやや高め!?』でも解説しているので、よければ参考にしてくださいね。

 

 

Spoon(スプーン):音声だけのライブ配信

  • 音声だけのライブ配信アプリ
  • 全世界2600万ダウンロード
  • 録音コンテンツも配信できる

 

「Spoon(スプーン)」は、他のアプリとは違って「音声配信」に特化したアプリで、ラジオのように音声だけで生配信するだけです。

 

また、音声ライブだけでなく「30秒以上の録音コンテンツ」も配信できるので、初心者にとって最もハードルが低いアプリだと思います。

 

すでに、全世界で「2,600万ダウンロード」を突破していて、ユーザー数も右肩上がりに増加中。

 

「Spoon(スプーン)」のメリット

  • 音声配信なので顔出しがなく、身バレしないから安全
  • ライブ配信だけではなく、録画コンテンツも配信できる
  • 撮影道具など一切必要なく、話すネタさえあれば稼げる

↓↓↓

 

LIVE812:ライブ配信しながら買い物できる

  • 通販機能を備えている
  • LIVE配信を見ながら購入できる
  • 投げ銭で稼ぐことも可能

 

「LIVE812」は、ライブコマース(ライブ動画通販)機能を搭載している新しいタイプのライブ配信アプリです。

 

これは、ライブ配信しながら「商品を販売」することができるもので、ハンドメイド作家や農家の人なども利用しています。

 

LIVE812で販売できる商品はたくさんあって、主に以下のものが販売されています。

 

  • アクセサリー
  • ファッション
  • バッグ、財布、小物
  • 家具、生活雑貨
  • 文房具、ステーショナリー
  • ニット、編み物
  • 陶器、ガラス、食器
  • アート、写真
  • ベビー、キッズ用品
  • ぬいぐるに、人形
  • おもちゃ
  • ベッドグッズ
  • アロマ、キャンドル
  • フラワー、ガーデン
  • 食品
  • チケット etc

 

もちろん、ダウンロードおよびライブ配信も「無料」でできますから、初心者にとっては使いやすいアプリです。

↓↓↓

 

DokiDoki LIVE(ドキドキライブ):カラオケ配信ができる

  • カラオケ配信ができる(11,000曲以上)
  • ライバー同士のファミリー機能がある
  • 動画を投稿することもできる

 

「DokiDoki Live(ドキドキライブ)」は、カラオケ配信機能やエフェクト機能が搭載されている「女性ユーザー中心」のライブ配信アプリ。

 

ちなみに、カラオケは「11,000曲以上」の中から選べるので、歌配信をしているライバーも多いです。

 

他にも、雑談を配信する人、コスプレを披露する人、ダンスを披露する人など、ライブ配信のジャンルは多岐にわたっています。

 

「DokiDoki Live」のメリット

  • カラオケ配信ができる(11,000曲以上あり)
  • ライバー同士のファミリー機能あり
  • 投げ銭による報酬システム

 

あらかじめ撮影した「動画コンテンツ」を配信することもできるので、ライブ配信が苦手な人はこちらを利用してみては。

↓↓↓

 

稼ぎたいならアプリだけに依存するな!

 

ライブ配信アプリを紹介してきましたが、アプリに依存するのはNGです

 

動画で稼ぐ方法は無限にありまして、そこが魅力的でもあります。パッと思いつくのは、以下のものですね。

 

【動画を使って稼ぐ方法】

  • ライブ配信
  • 動画アフィリエイト
  • YouTube
  • 動画撮影・編集の外注
  • 映像の販売

 

意外と忘れがちなのが「環境」を整えること!

 

  • ライブ配信
  • YouTuber

 

こういった活動をするには「ネット環境」がとても大切なんです(光回線かWi-Fi)。

 

よくある通信環境について『ライブ配信に必要なネット環境は?通信速度は?【光回線かWi-Fiがおすすめ】』で解説しているので、よければ参考にしてください!

 

 

収入源は分散しておくべき

 

ライブ配信アプリは、少額ならすぐに稼げる即効性があるので、みんなハマるんですが、問題なのは市場規模がまだ小さいこと(ライバルが増えると稼ぎにくくなる)。

 

その一方で、YouTubeは市場規模も大きいので、あらゆる可能性があります。YouTuberの動画編集を、副業にしている人たちも増えてきました

 

結局のところ、どうやって稼ぐにしても、情報発信をしていないと「Web上に存在しない」のと同じなんで、これから稼いでいきたいなら、発信スキルを磨くのは必須ですね。

 

おすすめの稼ぎ方は「SNS+動画」のダブルコンボです

 

今の時代に「SNS」や「動画」をやらないのは、超もったいない

 

このブログにも、SNSからアクセスがあり、ブログからYouTubeにもアクセスが流れています(その逆もまた然り)。

 

インターネットで発信することは、自分の考えや価値観、スキルを、世間に向けてアピールしていることと同じで、これを繰り返すことで稼ぎやすくなっていきます。

 

  1. ライブ配信をする
  2. SNSでアピールする
  3. 視聴者が増える

 

こんな流れになるので、SNSの発信力があれば稼ぎやすくなるのは当然ですね!

 

5Gが本格化すると、ライブ配信は今よりも盛り上がるので、いますぐ始めちゃいましょう。

 

ライブ配信の明るい未来について『ライブ配信にメリットはあるか?5Gの本格化でチャンス到来!』で解説しました。よければご覧ください。

 

 

ライブ配信で複数の収入源を作って、人生の安定を手に入れよう!

 

「ライブ配信アプリ=怪しい」みたいに言われますが、もうそんな時代ではありません。

 

テレビのCMでも宣伝されてるので、どんどんユーザー数は増えて稼ぎやすくなるでしょうね。

 

「動画で稼ぐ=YouTube」だけではないことを覚えておいて、動画を使った収入の柱をどんどん増やしていきましょう!

 

YouTubeみたく収益化のハードルもない

 

YouTubeでは「チャンネル登録者1,000人」「再生時間4,000時間」といった、収益化するハードルがあります。

 

ほとんどの人がこのハードルを超えられなくて、YouTubeから脱落していきます。

 

その点、今回紹介したアプリは、収益化するためのハードルは一切ないです。初ライブ配信で、いきなり稼げる可能性だってあるんですよね。

 

まずは全部に登録して使ってみよう

 

あまり悩まずに、まずは「最低でも2つのアプリに登録」しておきましょう(登録無料)

 

ほとんどのライブ配信者が、複数のアプリに登録して活動してます。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Webライター歴4年、ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube/ライブ配信」「ブログ/メルマガ」「SNS」などによる、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪ フリーランスの働き方についても発信中。趣味のゲームはファミコン時代を含めると30年とも・・・
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − 4 =

Copyright© メデミ研究所 , 2020 All Rights Reserved.