YouTubeとブログを掛け合わせて発信中♪

屋外でライブ配信するときに必要なモノ3選!とくに「ネット回線」には気をつけよう

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • 屋外でライブ配信するときに、必要なものを「3つ」紹介します。
  • とくに「ネット回線」には注意が必要で「WiFi」は必需品です。
  • 声が聞き取りやすいよう「風防マイク」を使いましょう。

今回のテーマは『屋外でスマホを使ってライブ配信をするときの必需品』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

ライブ配信ってスマホでもできるから、どんどん「外出先とか旅行先で生配信(ライブ配信)」することも増えてきましたね。

 

でも、ライブ配信をするとき「屋内」と「屋外」ではちょっと事情が違ってて、屋外で配信するときは「あらかじめ必要」なものがあります

 

  • モバイルWiFi
  • 風防マイク
  • 三脚と自撮り棒

 

この3つは最低でも準備しておいたほうがよくて、とくに「モバイルWiFi」は必需品ですね。

 

屋外でライブ配信するときは「ネット回線」に気をつけたほうがよくて、モバイルWiFiは必需品の1つ
モバイルWiFiを使うなら「WiMAX」の一択でOK。キャリアの通信回線だけは使うな!

 

やっぱり、モバイルWiFiなら「WiMAX」がベストで、契約するならコレ1択です

 

では「3つの必需品」について、もう少し詳しく解説していきますね♪

 

 

屋外のライブ配信に「モバイルWiFi」は必需品

 

あらためて言いますが、屋外でライブ配信をするとき「モバイルWiFi」は必需品の1つで、間違っても「キャリア回線(4G)」は使わないほうがいいです。

 

というのも、ライブ配信の「データ通信量」って、意外とバカにならないんですよね。

 

「1時間」あたりのデータ通信量(目安)

  • YouTubeライブ:約1~1.2GB
  • ライブ配信アプリ:約0.8~1GB
  • ニコ生ライブ:約1~2GB

 

ライブ配信を1時間するだけで「約1GBのデータ通信量」を消費するので、契約している「キャリアの回線(4G)」を使っていると、あっという間に「速度制限」に引っ掛かっちゃいます

 

しかも、回線が速度制限されてしまうと「ライブ配信には致命的」なんです。

 

  • 映像が止まったり
  • 音声と映像がズレる
  • カクカクした動きになる

 

こんなライブ配信になると、誰も見てくれないです・・・きっと。

 

ライブ配信の通信速度は『ライブ配信に必要なネット環境は?通信速度は?【光回線かWi-Fiがおすすめ】』でも触れてるんですが、だいたい「3~6Mbps」が必要です。

 

 

「WiMAX」のようなモバイルWiFiを使おう

 

安心して屋外でライブ配信をするなら「モバイルWiFi」を使うとよくて、契約するなら「WiMAX」の1択でOK!

 

 

  • 機種「W06」
  • プラン「ギガ放題」

 

個人的には、この組み合わせがおすすめです。

 

ライブ配信に必要な「上りの通信速度」も安定しているので、屋内とか屋外に関係なく、ライブ配信するときには利用してもいいですね。

 

しかも、日ごろからキャリア回線ではなく「WiMAX」を使っていれば、毎月のスマホ料金だって節約できますよ♪

 

  • ライブ配信
  • ゲームアプリ
  • YouTubeを見る

 

ちなみに、日頃からこんなことをしていても、わたしが1か月で使用している「キャリア回線(4G)」のデータ通信量は、いつも「1GB未満」です。

 

\「WiMAX」ならコレ一択♪/

 

「風防マイク」と「三脚」も用意しておこう

 

では次に「モバイルWiFi」以外で、屋外でライブ配信をするときに「用意しておくといいもの」を紹介します。

 

  • 風防マイク
  • 三脚と自撮り棒

 

この2つは「安くて良いもの」がたくさんあるので、とっととネットでポチりましょう♪

 

屋外では「風防マイク」が必須

 

屋外でライブ配信をしたり、動画の撮影をするとき、気をつけたいのが「周囲の雑音」です。

 

  • 人の声や足音
  • 風の音
  • 車や電車の音

 

こういった雑音は「屋外での撮影」にはつきもので、すべての音をマイクが拾ってしまうと「配信者の声」がとても聞き取りづらくなります

 

当たり前ですけど、雑音の混じったライブ配信は、視聴者にとって「かなりストレス」です。

 

なので、屋外でライブ配信をするときは「風防マイク」をかならず使いましょう!

 

 

 

三脚としても使える「自撮り棒」がおすすめ

 

スマホでライブ配信をするとき、三脚などの「固定器具」は必需品です

 

さらに、屋外で配信することも想定して「自撮り棒」も持っておくといいですよ(写真撮影にも使える♪)。

 

  • 動かずに配信(三脚)
  • 歩きながら配信(自撮り棒)

 

もしも、歩きながら撮影するときは、スマホを「直持ち」することだけはやめましょう(手ブレ防止)。

 

おすすめなのは「三脚としても使える自撮り棒」で、ストレスなく持ち運びできるし、収納もコンパクトなんで重宝してます♪

 

 

 

  • モバイル「WiMAX」
  • 風防マイク
  • 自撮り棒(三脚機能つき)

 

この3つが準備できたら「外出先」や「旅行先」などでも、ライブ配信をしてみましょう!

 

「WiMAX」の契約はこれ一択!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 4 =

Copyright© メデミ研究所 , 2020 All Rights Reserved.