情報発信のためのWebツール活用術

屋外でライブ配信するときに必要なモノ4選!とくに「ネット回線」には気をつけよう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Webライター歴4年、ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube/ライブ配信」「ブログ/メルマガ」「SNS」などによる、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪ フリーランスの働き方についても発信中。趣味のゲームはファミコン時代を含めると30年とも・・・
詳しいプロフィールはこちら

ポイント!

  • 屋外でライブ配信するときに、揃えておきたい機材を「3つ」紹介します。
  • とくに「インターネット回線」には注意が必要で、屋外でのライブ配信に「モバイルWi-fi」は必需品。
  • 声が聞き取りやすくなるよう「風防マイク」を使いましょう(雑音も減らせます)。
  • 自撮り棒」や「三脚」など、スマホを固定する器具も用意しておくといいです。

今回のテーマは『スマホを使って屋外でライブ配信をするときの必需品』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

最近は、ライブ配信もスマホでできるようになったから「外出先」とか「旅行先」など、いわゆる「屋外からライブ配信」する人もかなり増えてきましたね。

 

ただ、ライブ配信をするときに「屋内」と「屋外」ではちょっと事情が違ってて、屋外で配信するときは「あらかじめ必要」な機材がいくつかあります。

 

  • モバイルWi-fi
  • 風防マイク
  • 自撮り棒(三脚)
  • モバイルバッテリー

 

屋外でライブ配信をするときは、最低でもこの3つの機材は準備しておくと良くて、この中でも特に「モバイルWi-fi」は必需品の1つ。

 

というのも、スマホの4G回線を使ってライブ配信をすると、あっという間に「通信量の制限」に引っかかってしまうから(詳しくは後述)。ちなみに、モバイルWi-fiを使うなら「WiMAX+5G 」がベストです。

 

屋外のライブ配信に「モバイルWi-fi」は必需品

 

冒頭でも触れましたが、屋外でライブ配信をするなら「モバイルWi-fi」は必需品の1つで、間違っても「キャリア回線(4G)」は使わないほうがいいです。

 

やっぱり、ライブ配信で消費する「データ通信量」って、意外とバカにならないんですよね。

 

「1時間」あたりのデータ通信量(目安)

  • YouTubeライブ:約1~1.2GB
  • ライブ配信アプリ:約0.8~1GB
  • ニコ生ライブ:約1~2GB

 

このように、ライブ配信を1時間するだけでも「約1GBのデータ通信量」を消費してしまうので、契約している「キャリアの回線(4G)」を使ってライブ配信をしていると、あっという間に「速度制限」がかかってしまいます

 

しかも、この「回線の速度制限」というのは「ライブ配信には致命的」なことなんです。

 

  • 映像が止まったり
  • 音声と映像がズレる
  • カクカクした動きになる

 

こんなライブ配信になってしまうので、誰も見てくれなくなるかも・・・。

 

ちなみに『ライブ配信に必要なネット環境は?通信速度は?』でも解説しているんですが、ライブ配信に必要な回線速度は「3~6Mbps」くらいです(実行速度)。

 

「WiMAX」のようなモバイルWi-fiを使おう

 

安心して屋外でライブ配信するには「モバイルWi-fi」を使えばよくて、契約するなら「WiMAX+5G」一択でいいかも。

 

WiMAX+5Gはライブ配信に必要な「上りの通信速度」も安定しているから、屋内とか屋外に関係なくライブ配信するときには1つ持っていると安心です。

 

 

また、WiMAX+5Gを取り扱ってるプロバイダはいくつかりますが、料金面やサービス面を総合的に考慮するとベストな選択は「GMOとくとくBB」WiMAX+5Gです。

 

「GMOとくとくBB」おすすめ理由

  • 月額料金1,144円の割引あり(最初の2年間)
  • 3年目以降は月額料金594円の割引
  • プラスエリアモードが無料(月額1,100円→0円)
  • 最新の端末(ルーター)代が無料

 

しかも、日ごろからスマホをキャリア回線ではなく「WiMAX+5G」に繋いでおけば、毎月のスマホ料金もかなり節約できます

 

  • ライブ配信
  • ゲームアプリ
  • YouTubeを見る

 

日頃からこんなことをしていても、わたしは「Wi-fiを併用」しているので、1か月で使用している「キャリア回線(4G)」のデータ通信量は「1GB未満」です(料金は月3,000円くらい)。

 

Wi-Fiと光回線の選び方』でも解説しているように、他の大手プロバイダと比較しても「GMOとくとくBB 」WiMAX+5Gは料金的に割安になってます。

 

屋外でライブ配信するときに必要な機材

 

では次に「モバイルWi-Fi」以外で、屋外でライブ配信をするときに「準備しておくといい機材」を紹介します。

 

  • 風防マイク
  • 自撮り棒(三脚)

 

この2つは「安くて良いもの」がたくさんあるので、とっととネットでポチりましょう♪

 

屋外のライブ配信では「風防マイク」が必須(必要なモノ②)

 

屋外でライブ配信をしたり、動画の撮影をするとき、気をつけたいのが「周囲の雑音」です。

 

  • 人の声や足音
  • 風の音
  • 車や電車の音

 

こういった雑音は「屋外での撮影」にはつきもので、すべての音をマイクが拾ってしまうと「配信者の声」がとても聞き取りづらくなります

 

当たり前ですけど、雑音の混じったライブ配信をしてしまうと視聴者はかなり「ストレスを感じてしまう」ので、屋外でライブ配信をするときは「風防マイク」をかならず使いましょう。

 

こういった、ミニ三脚が付いた「スマホ用マイク」があると、ライブ配信や動画撮影にとても便利です。

 

三脚としても使える「自撮り棒」がおすすめ(必要なモノ③)

 

そして、ライブ配信をするときは、三脚などの「固定器具」は必需品

 

さらに、屋外でライブ配信するときは、動きながらライブ配信ができるよう「自撮り棒」も持っておくといいです。

 

  • 動かずに配信(三脚)
  • 歩きながら配信(自撮り棒)

 

もしも、歩きながらライブ配信をしたり動画を撮影するときは、スマホを「直持ち」することだけはやめましょう(手ブレ防止)。

 

ブレブレの映像を見させられている視聴者にとっては、もはや「不快感」でしかありませんから。

 

おすすめ固定器具は、こちらのような「三脚としても使える自撮り棒」で、これなら持ち運びにも便利ですから重宝しますよ。

¥2,097 (2022/05/18 05:15時点 | Amazon調べ)

この他にもライバーに人気の機材を『スマホでのYouTube撮影に役立つ売れ筋商品』で紹介しているので、よければ参考にしてみてください。

 

長時間の配信には「モバイルバッテリー」が必須(必要なモノ④)

 

屋外でライブ配信をするときは「モバイルバッテリー」を必ず持っていくようにしましょう。ライブ配信していると結構バッテリーの消耗が速いので、最低でも1つは持っていると安心です。

 

こちらのモバイルバッテリーは、リーズナブルで人気の売れ筋商品になってます。

 

ライブ配信アプリならスマホで生配信もOK

 

手軽にライブ配信をやってみたいなら、スマホで配信できる「ライブ配信アプリ」を使うのもあり。

 

なんといっても、配信アプリは「稼ぎやすい」というのも魅力の1つ。

 

  • YouTubeライブ
  • LINEライブ
  • インスタライブ

 

これらのライブ配信はライバルも多いですし、収益化するのもハードルが高いです。

 

ライブ配信の経験が少なかったり、気軽にライブ配信をしてみたいなら、YouTubeやインスタよりも「ライブ配信アプリ」をおすすめします(ハードルが低いので)。

 

以下のアプリは、初心者にも扱いやすいライブ配信アプリです。

↓↓↓

ライブ配信アプリ特徴
ポコチャライブ配信するだけでも報酬がもらえる(投げ銭+時給制)。小遣い稼ぎにも最適。初心者でも始めやすいアプリ
ハクナライブ配信方法の種類が豊富で、音声配信やゲーム配信もできる。ライバルが少なくて狙い目のアプリ。イベントも豊富で初心者に優しい
ビゴライブ公式ライバーだと時給収入もあり。ゲーム配信もできる。ユーザー数は3億人以上で初心者でも稼ぎやすい
イチナナ(17LIVE)日本で人気No.1のライブ配信アプリ。イベントが多く初心者でも始めやすい
スプーン声だけでライブ配信できる。ラジオ・音声に特化したライブ配信アプリ。音声コンテンツの投稿もできる
ふわっち男女比が均等という珍しい配信アプリ。音声配信などもできる。初心者にも稼ぎやすい仕組みが構築されている
エブリィライブママさんライバーに特典あり。時給制+投げ銭のダブル報酬制度
LIVE812通販機能を備えたライブ配信アプリ。ライブコマース(ライブ動画通販)ができる
ドキドキライブカラオケ配信ができたり、ライバー同士のファミリー機能がある

※タップして横スクロールで全部見れます

これらのライブ配信アプリについて『いま話題のライブ配信アプリとは!?生配信の初心者におすすめアプリ』でも詳しく紹介しているので、よければ参考にしてください。

 

YouTubeやFacebook「360度」ライブ配信で目立とう

 

屋外でライブ配信をするなら、ぜひやってみてもらいたいのが「360度」のライブ配信。まるで「その場にいるかのような臨場感」を視聴者に味わってもらえるし、なによりも「差別化」になって目立てるから。

 

もちろん、YouTubeでは「360度ライブ配信」にも対応しているので、こちらの「Insta360 ONE X2」のような「360度カメラ」を使ってライブ配信をしてみましょう。

 

¥55,000 (2022/05/20 13:15時点 | Amazon調べ)

この「Insta360 ONE X2」の機能や特徴を『vlogにも使える「Insta360 GO 2」と「Insta360 ONE X2」を比較レビュー』で解説しているので、360度カメラに興味があれば参考にしてください。

 

360度ライブ配信のアイデア(例)

  • 臨場感を体験(スポーツ、音楽ライブ、祭りなど)
  • 施設内を見学(展示会、工場、イベントなど)
  • 景観を楽しむ(旅行先の風景、遺跡、名所、夜景など)etc

 

たとえば、上記のようなアイデアで「360度ライブ配信」をやってみるのもいいですし、オンライン会議などに活用することもできます。

 

ということで今回は、屋外でライブ配信をするときに「あったほうが良い機材」について紹介しました。これを機に、ぜひ「360度のライブ配信」にも挑戦してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
Webライター歴4年、ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube/ライブ配信」「ブログ/メルマガ」「SNS」などによる、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪ フリーランスの働き方についても発信中。趣味のゲームはファミコン時代を含めると30年とも・・・
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen − fourteen =

Copyright© メデミ研究所 , 2020 All Rights Reserved.