情報発信のためのWebツール活用術

ライブ配信で収入を得る仕組みとは?初心者ライバーはYouTubeよりもライブ配信アプリが稼ぎやすい

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Webライター歴4年、ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube/ライブ配信」「ブログ/メルマガ」「SNS」などによる、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪ フリーランスの働き方についても発信中。趣味のゲームはファミコン時代を含めると30年とも・・・
詳しいプロフィールはこちら

ポイント!

  • ライブ配信で稼ぐ仕組みというのは「配信媒体」によって違いがあります。
  • YouTubeライブやニコ生は収益化の方法がいくつもありますが、難易度は高いです。
  • ライブ配信アプリであれば、初心者でも始めやすいのでおすすめ。

今回のテーマは『ライブ配信でどう収入を得るか?その仕組み』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

ライブ配信を始めたいけど収入源になるのか、ライブ配信をしているけど収益化できない、こういう相談をよく受けることがあります。

 

結論としては、ライブ配信で収入を得るメインの方法は「投げ銭」してもらうこと。ただ、ライブ配信をする媒体や配信するスタイルによって、収入を得ていく方法は個人によって違います。

 

ということで今回は、以下のことを中心に。

 

  • ライブ配信で収入を得る仕組み
  • 初心者ライバーの戦略

 

ぜひ、ライブ配信で収入を得ていくイメージを作ってもらって、楽しくライブ配信をやっていきましょう。

 

ライブ配信による収入の仕組み(どうやって稼げるのか)

 

そもそも、ライブ配信を始めたいとき「どの媒体で配信するか」が重要で、収入を得ていくためにも媒体選びはとても大切です。ここを間違えると1円たりとも稼げないので。

 

また現在のところ、ライブ配信ができる媒体は、大きく分けると以下の3つです。

 

  • 動画サイト(YouTube、ニコ生など)
  • 配信アプリ(17LIVE、ポコチャなど)
  • SNS(Instagram、TikTokなど)

 

それぞれの媒体によって、ライブ配信で収益化できる仕組みが大きく異なります。たとえば、YouTubeやニコ生などの動画サイトでは、収益を得る仕組みが多いです。

 

そして、それぞれの媒体によって収益を得る仕組みが異なったり、難易度が違うので、ここから解説と考察を含めてお伝えしていきます。

 

YouTubeライブで収益を得る仕組み

 

YouTubeのライブ配信で収益を得ていくには、YouTubeでの収益化条件を満たしていることが前提。いわゆる「チャンネル登録1,000人以上」と「総再生時間4,000時間以上」のクリアです。

 

これら収益化できる条件を満たせば、YouTubeライブでは以下の方法で収益を得ることができます。

 

YouTubeライブの収益化

  • 投げ銭(SuperChatとSuperStickers)
  • 広告の表示
  • メンバーシップ限定配信
  • アーカイブ後の広告収入

参考:YouTubeヘルプより

 

YouTubeでは投げ銭のほかにも、広告を表示させることで収入を得ることができます。自動で広告を表示させるだけでなく、ライブ配信中に手動で広告を表示させることもOK。

 

あとは、メンバーシップ限定でのライブ配信も可能。ライブ配信による直接収入ではありませんが、メンバーシップの月額収入が得られます。濃いファンが増えれば、安定した収益源にも。

 

さらに、ライブ配信後には「アーカイブ(見逃し配信)」を残しておくことができ、そこからも広告収入を得ていくことが可能です。ぜひ、配信後はアーカイブに残しておきましょう。

 

ニコ生で収益を得る仕組み

 

ニコニコ動画でも生配信をして収入を得ていくことができます。ニコ生では、以下のような収益化の仕組みが。

 

ニコ生の収益化

  • 投げ銭(ギフト)
  • 広告表示
  • 有料配信
  • 月額会員へ限定配信
  • 運営からの奨励金

参考:あなたにオススメの収益化手段は?

 

ニコ生でも、ライブ配信による収益のメインは「投げ銭」と「広告」です。また有料配信という方法にすれば、ライブ配信そのもので収入を得ることもできます。

 

あとは、有料会員への限定配信という形で、月額収入を得ていくことも可能。前半はYouTubeライブで配信して、後半はニコ生の有料会員へ配信、こういったスタイルが確立されつつあり。

 

また、クリエイター奨励プログラムに登録しておけば、視聴回数やコメント数に応じて「運営から奨励金」が分配されます。

 

ライブ配信アプリで収益を得る仕組み

 

ライブ配信アプリで収益を得る方法は、なんといっても「投げ銭(ギフト)」です。配信アプリを使うときは、いかにして「視聴者から投げ銭してもらうか」がポイント。

 

そして、ライブ配信アプリを使って配信するときは、自分に合ったアプリを選ぶことが先決。またでも解説しているように、ライバルが少ない場所で配信するのも稼ぐコツです。

 

ちなみに、初心者でも収入を得やすい配信アプリが以下のもの。

 

  • ポコチャ|配信するだけでも報酬あり
  • 17LIVE|初心者イベントが頻繁にあり
  • ハクナライブ|音声だけで配信できる

 

まず、ライブ配信アプリを使うなら「ポコチャ」には登録しておきたいです。というのも、収益を得る仕組みが投げ銭だけでなく「配信時間による報酬」というシステムがあるから。いわゆる時給みたいな感覚です。

 

またポコチャ以外にも、日本で1番人気がある「17LIVE」にはビギナーイベントがあり、初心者でも収益化がしやすいシステムになっています。他にも、音声のみで配信ができる「ハクナライブ」もおすすめ。

 

あとは、ライブ配信をしながらグッズ販売やチケット販売などができる「LIVE812」というアプリもおもしろいです。モノづくりしていたり、アーティストなどがよく使っています。自分の商品やチケット販売も兼ねて。

 

これらのアプリ以外にも『初心者にも優しいライブ配信アプリ10選』でおすすめを紹介しています。よければアプリ選びの参考にしてください。

 

SNSライブで収益を得る仕組み

 

Instagram、TikTokなど、SNSのライブ配信で収入を得るのも「投げ銭」が中心。ただ金額的には低いものが多く、稼ぎやすいとは言えません。

 

また、芸能人や有名人なども多く利用しているため、よほどフォロワーが多くないとライブ配信しても収益化には繋がりにくいです。

 

こういった事情を踏まえて、これkらライブ配信を始めるなら、先ほど紹介したライブ配信アプリをおすすめします。

 

ライバーで稼ぐ仕組みを知ってから配信をはじめよう

 

ここまで紹介してきたように、ライブ配信で稼ぐ手段はいくつかあります。そして、ライバーが収入を得る仕組みは、だいたい以下の方法がメイン。

 

  • 投げ銭
  • 広告
  • 有料配信

 

もちろん、ライブ配信で稼ぐ基本は「投げ銭」というのは、どの媒体で配信するにしても同じこと。なので、濃いファンをどれだけ作れるかによって、得られる収益額なども変わります。当然、濃いファンが多いほど稼ぎやすい

 

また、投げ銭以外の方法でも収益を得ていきたいなら、YouTubeやニコ生といった動画サイトを利用するのがベスト。ただ初心者にはハードルが高いので、まずは気軽に配信できるアプリからスタートするのが一般的です。

 

たとえば、以下のような使い方をするのもあり。よければ参考にしてみてください。

 

ライブ配信で収入を得るために

  • 初心者:配信アプリを使って、とにかくライブに慣れる。ポコチャを使えば報酬をゲットしやすい
  • YouTubeのチャンネル登録者が1万人以上いるなら、YouTubeライブをやってみてOK
  • YouTubeライブで投げ銭をもらえるようになれば、ニコ生との連動も視野に入れてみる

 

そして、ライブ配信で収入を得ていくには、自分にどれだけファンがいるかを理解することが大切。これを忘れてしまうと、いくら配信しても収益には繋がりません。初心者がいきなり、ライバルが多いYouTubeとかで配信しちゃうなど。

 

また、これからライブ配信を始めてみたいと思っている人は『ライブ配信の始め方と稼いでいく流れ』も併せてご覧ください。ライブ配信の始め方から収益化まで、手順を追って解説しています。

 

ということで今回紹介してきたように、ライブ配信で収入を得る仕組みはとても単純明快です。まずは、コツコツと配信しながら、濃いファンをどんどん集めていきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Webライター歴4年、ブログ歴4年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube/ライブ配信」「ブログ/メルマガ」「SNS」などによる、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪ フリーランスの働き方についても発信中。趣味のゲームはファミコン時代を含めると30年とも・・・
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

four × three =

Copyright© メデミ研究所 , 2020 All Rights Reserved.