メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」「メルマガ」による情報発信、マーケティングを日々研究するブログです

【再生時間アップ】YouTubeで4000時間をクリアするコツ(4つの設定を使いこなそう!)

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • YouTubeで総再生時間を伸ばすために、各種設定を最大限利用しましょう。
  • セクションカード終了画面再生リストを活用します。
  • 再生時間が長くなれば、動画の露出は増えていきます。
  • 露出が多くなれば、再生回数チャンネル登録者も、比例して増えていきます!
  • コメント高評価など、視聴者の反応も大切なポイントです。

 

今回は『4000時間をクリアする「再生時間アップ」のコツ』について!

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です(@bpt_tooru)。

 

 

2018年から、YouTubeでは「収益化の基準」が変わりました

 

  • チャンネル総再生時間4,000時間以上(過去12ヶ月)
  • チャンネル登録者1,000人以上

 

これらの条件を、クリアする必要があります。

 

もちろん、視聴者に喜ばれる動画をつくって、再生時間を積み重ねればいいんですが・・・

(なかなか現実は厳しい)

 

 

そこで今回は「4つの設定」

 

  • セクション
  • カード
  • 終了画面
  • 再生リスト

 

これらの設定を活用して、最小限の労力で チャンネル総再生時間 をアップさせる方法を紹介します!

 

最後まで読んで頂ければ、なぜ小手先のテクニックはもう通用しないのか?

その理由を、理解できると思います。

 

 

この記事は『YouTubeを始めたけど、4000時間をクリアする自信がない』という人に、ぜひ読んでもらいたいです!

 

 

【チャンネル登録】お願いします!

動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

 

▼「収益化できる動画が作れるメール講座

チャンネルの総再生時間を伸ばす「4つの設定」

 

結論から言うと・・・

YouTubeで成果を出すためには、露出を増やす ことが何よりも大切です。

 

そのために、様々な工夫をするわけですが、その中でも『再生時間』はきわめて重要な意味を持っています。

 

 

チャンネルの 総再生時間  を伸ばすために、次の4つの設定を必ず行いましょう。

 

  • セクション
  • カード
  • 終了画面
  • 再生リスト

 

 

 

 

チャンネルの「セクション」設定

 

YouTubeのチャンネルトップ画面で、動画を分類してグループごとに表示させる機能のことです。

 

 

 

視聴者があなたのチャンネルを覗いたとき

 

  • おすすめ動画
  • 人気の動画
  • 再生リスト

 

こういったものが表示されていたら、思わず見たくなると思いませんか?

 

 

このセクション機能では、色々な分類方法を使って、動画を表示させることが可能です。

視聴者が見たいもの」 を表示させればいいです(おすすめ動画や人気動画など)。

 

再生リストをあわせて使えば、視聴者が 見たい動画を見つける のにも役に立ちます

 

もちろん、チャンネルが整理されて、見やすくなるといったメリットもあります。

(コレ意外と重要です!)

 

 

  • 人気の動画や高評価の動画
  • 再生リスト
  • チャンネル

 

これらは「セクション機能」を使えば、表示することができます。

 

新しい視聴者も意識して、セクションをぜひ作成しましょう!

 

新しい視聴者向けに「人気動画」や「再生リスト」を、設定しておくといいです。

その際、チャンネル上部付近の 目立つ場所 に置くと、より効果的です

 

 

セクションを設定する方法については、こちらの記事で詳しく解説しています!

ぜひ参考にしてください。

 

 

「カード」の設定

 

YouTubeのカード機能とは、動画の再生中に「あらかじめ設定したカード」を表示させるものです。

 

 

視聴者に見てもらいたい

 

  • 動画
  • 再生リスト

 

などを、カード機能で設定しておきましょう。

そうすれば、チャンネルにある別の動画を、もっと見てもらうことができます。

 

このように、カードは 5秒間  だけ表示されます。

 

 

 

カードをクリックするかどうかは、視聴者が選択します。

(視聴者の邪魔になりにくい!)

 

関連性の高い動画を設定すれば、視聴者が見てくれる可能性が、グンと高まります

 

 

ココがポイント!

  • カードは動画の後半に設定すると、より効果が高くなります
  • 動画の中でも、視聴者にアクションを促しましょう!

 

カード機能の有効な使い方は、このほかにもあります

よければ、参考にしてください。

 

 

「終了画面(エンディングカード)」の設定

 

終了画面(エンディングカード機能)は、動画の最後で 最大20秒間、表示できるカード機能です。

 

 

 

動画を最後まで見てくれた視聴者に、

 

  • おすすめの動画
  • 再生リスト

 

こういったものを、提示することができます。

(最大4つまで表示が可能!)

 

 

そもそも、最後まで動画を見てくれる視聴者は、他の動画にも興味があるはずです

 

そういった視聴者に、見てもらいたい動画を提示することで、動画を見続けてもらいやすくなります

 

 

終了画面(エンディングカード)の使い方について、こちらの記事も参考にしてください

設定自体はとても簡単です。

 

 

「再生リスト」の設定

 

『再生リスト』とは、動画の一覧集です。

複数の動画をリスト化しておき、あらかじめ順番を決めて自動再生するように、設定することができます。

 

 

 

再生リストにを見てくれる視聴者は、次々と動画を見続けてくれる可能性が高いです!

 

しかも、再生リストは「視聴者が停止するまで自動再生を続ける」ので、総再生時間を長くするのにも役立ちます。

 

 

なんと!!!

YouTubeで実績があるチャンネルは、実績がない下位25%のチャンネルと比較すると、2倍 もの再生リストを作成しているんですよ♪

(再生リストは必須!)

 

 

そんな再生リストには、重要な特徴が2つあります。

 

  • 動画をリスト化することで、チャンネル内を整理して動画を発見しやすくする
  • 再生リストそのものを共有(シェア)できる

 

再生リストそのものが、SNSなどでシェアされれば、かなりの総再生時間アップに繋がりますね!

 

 

再生リストの作り方は、こちらの記事で詳細に解説しています

ぜひ参考にして、再生リストを作りましょう!

 

 

YouTubeが「総再生時間」にこだわるのはなぜ?

 

ついつい、動画の「再生回数」ばかり、気にしてませんか?

 

YouTubeのアルゴリズムでは、動画の再生回数だけでなく「再生時間」も重要な指標になっています

 

 

すなわち、どれだけ長く動画を見られているか です。

 

 

なぜ動画を長く見られることが、YouTubeでは重要なのでしょうか?

YouTubeを攻略する糸口が、ここら辺りに隠されてそうですね。

 

 

それでは質問です。

YouTubeという企業の目的は、いったい何だと思いますか?

 

 

さて何でしょう・・・???

 

 

もちろん企業ですから、利益の追求は当然です

YouTubeの利益の大部分が、企業からの 広告費 です。

(だから無料で使えます)

 

 

広告費を支払っている企業・・・

その企業(広告主)が求めているニーズを満たすことが、YouTubeの果たす役割であり、目的でもあります

(広告を多くの人の目に触れさせたい)

 

 

YouTubeが企業努力として取り組んでいるのが

 

  • 新規ユーザーの獲得
  • 既存ユーザーの囲い込み

 

 

簡単に言うと、多くのユーザーに、YouTubeを使ってもらうことが大目的です

そして、ずっと使い続けてもらうことです。

 

 

他のSNSやWebサイトを利用せず、YouTubeだけを使ってもらいたい のです。

(浮気は厳禁!!)

 

ということですから、YouTubeに視聴者を 長時間滞在させられる動画 は、当然、評価が高くなるわけです

 

YouTubeから良いと判断されている動画は、YouTubeのあらゆる場所に表示されやすくなります!!!

 

動画の再生時間が長くなる

YouTubeの評価が高まる

動画の露出が高まる

動画が大勢の目に留まる

チャンネル登録が増える

さらに見られて評価が高まる

もっと露出が高まる

一気に大勢の目に留まる

劇的にチャンネル登録が増える



 

 

というように、好循環のスパイラルに入ります。

 

そのスパイラルの重要な入口の一つが、動画の再生時間を長くする ことでもあります

 

 

YouTubeのシステムは、あくまでもコンピューターです。

もちろん、動画を見たときの、視聴者の感情までは理解ができません。

 

当然【これは良い動画だ!】と判断する基準が、必要になります。

 

再生時間が長い動画=良い動画

 

というのが、システム上の一つの判断材料になります。

 

 

視聴回数は多いが、再生時間が短い

という場合は、内容が良くないと判断されて、露出は減っていきます。

 

 

視聴回数が多く、再生時間も長い

という動画は、長期間に渡って露出されることになります。

 

 

YouTubeで活躍するためには、露出が増える仕組みを知る必要があります

その仕組みを解説していますので、よければ読んでみてください。

 

 

総再生時間とともに重要なファクター(追記)

 

ここまでで、再生時間の重要性 については、分かって頂けたと思います。

 

実は、再生時間以外にも、再生回数アップにつながる重要なポイントがあるんです!

 

 

その重要なポイントとは・・・

 

視聴者からの反応!

 

すなわち、高評価コメント です!

 

 

視聴者からの高評価やコメントが多ければ、露出が増えて再生回数もアップしていきます

 

ホーム画面や急上昇にも、表示されやすくなります

 

 

だったら、視聴者が好む動画を、どんどん作ればいいだけでしょ?

そう思ったんじゃ・・・?

 

もちろん、【視聴者が求める動画】というのが大前提ですが、それだけでは足りません。

人は自ら行動を起こさない生き物です・・・

 

ですから、動画の中で積極的にメッセージを発しましょう!

 

『高評価』『コメント』お待ちしております!!!

 

というように促して下さい。ただし、強制しちゃダメ!

(あくまでも「お願い」ですからね!)

 

 

総再生時間を長くするコツ(4つの設定まとめ)

 

もちろん、動画の「再生回数」と「再生時間」は密接に関連しています。

 

広告収入を得ていくために、再生回数をアップしていきたい!

そんな場合でも、チャンネルや動画の【総再生時間】が重要なポイントになります。

 

 

視聴時間を長くする ことです。

 

 

YouTubeのアルゴリズム的にも、視聴時間の長い動画は『良い動画』だと評価されやすくなります

良い評価を受けた動画は、露出度が増していますよね!

 

 

視聴時間を伸ばすために、今回紹介したのが4つの設定です。

 

  • セクション
  • カード
  • 終了画面
  • 再生リスト

 

どれも簡単に設定できるものばかりですから、今すぐ設定しましょう!

 

 

そして、もう一つ重要な要素がありました。

高評価やコメントといった、動画に対する 視聴者の反応 です。

 

こういった反応を視聴者から引き出すため、動画の内容はもちろんのこと、あなたからのメッセージで促すことが大切です

 

必ず視聴者へのメッセージを、動画の中に入れて下さいね!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − 5 =

Copyright© メデミ研究所 , 2017 All Rights Reserved.