メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」「メルマガ」による情報発信、マーケティングを日々研究するブログです

アクセスが爆発するYouTube動画の作り方

【実践編】YouTubeの「再生リスト」を使って再生回数をグングン伸ばすテクニック3選!

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています!メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • 動画説明欄、カード、終了画面にも、再生リストを利用しましょう。
  • 関連性のあるライバル動画も、リストに入れるといいです。
  • ブログやホームページにも、再生リストを埋め込むことができます。

 

今回のテーマは『再生リストを使って再生回数を伸ばす方法【応用編】』について!

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です(@bpt_tooru)。

 

わたしが運営しているYouTubeチャンネルの1つは、300本以上動画があるんですが、すべての動画をリスト化しています。

 

いわゆる「再生リスト」っていうやつです。

 

複数の再生リストを作って、すべての動画を各リストに振り分けています。

再生リストの基本的な役割とか作り方については、以前の記事で紹介しています。

(よければご参考に♪)

 

 

ただリスト化するだけでは、ダメなのかのう?

スイーツ殿下

 

 

もちろん、リスト化しておくだけでも効果はありますよ。

 

  • 視聴者が動画を見つけやすくなるし
  • 再生回数も大幅に稼げますし
  • 再生時間もグッと長くなりまし

 

だから、作らないよりも、作っておいたほうが数倍マシ!

今回はもう一歩突っ込んで、YouTubeの再生リストを活用してもっと露出を増やそう!っていう内容です。

 

この記事は『動画の本数は多くなったけど、再生回数に伸び悩んでいる』っていう人に、ぜひ読んでもらいたいです♪

 

 

説明欄、カード、終了画面、にも使う(実践①)

 

では、実践その①です。

 

再生リストを作ったら、リスト名とURLを動画の説明欄に貼り付けましょう

 

 

もちろん、再生リストだと分かるように記載しておくと、クリックしてもらいやすいです。

さらに、動画内でもアピールすれば、もっとクリックしてもらいやすくなります。

 

 

説明欄だけでなく、カードや終了画面にも再生リストを設定するといいです。

 

カード機能に再生リストを設定

 

終了画面(エンディングカード)に再生リストを設定

 

動画を最後まで見てくれる濃い視聴者ほど、カードや終了画面でのクリック率は高くなります。

 

こういう濃い視聴者は、再生リストを見続けてくれる可能性があります

そうなれば、再生回数も増やせますし、再生時間を伸ばすこともできます。

 

 

ライバルの動画を入れて、関連度を高める(実践②)

 

次は、実践その②です。

 

再生リストの中に、あえてライバルの動画を入れましょう!

 

もちろん、内容に関連性のある動画を選んで、ライバルの動画もリストの中に入れます。

そうすることで、ライバル動画と自分の動画の関連性が高まるので、関連動画に表示される確率が高くなります。

 

ライバルチャンネルは、必ずチャンネル登録をしておきましょう!

(これも関連性を高めます♪)

 

 

ちょっと注意したいのが、ライバルとの力関係です。

 

再生回数が100回程度なのに、100万回再生の動画を入れても、ほとんど効果はありません。

まずは、1万~3万回くらいの再生回数がある動画を、ライバル動画として設定しましょう。

 

関連動画 に表示されると、一気に再生回数が増えて、再生時間も伸びていきます。

YouTubeでの露出も増えて、息の長い動画に成長していってくれます。

 

 

ブログやホームページに埋め込む(実践③)

 

最後に、実践その③です。

 

ブログやホームページを運営しているなら、再生リストを貼り付けておきましょう。

記事内はもちろんですし、サイドバーにも設定するといいですよ。

 

ブログ記事内に貼りつけ

 

 

再生リストのメリットは、先頭にある動画のサムネイルが表示されることです

 

新しく追加し動画を先頭にしておけば、ブログやホームページの読者の興味を引きます。

(記事を見るたびに、サムネイルが変わってるから!)

 

 

ブログをやっていなくても、SNSで再生リストをアピールするのもありです。

投稿文でアピールしてもいいですし、プロフィールに再生リストのURLを貼ってもいいです

 

 

再生リストを使うメリット

 

YouTubeで「再生リスト」が大切な理由は、再生回数や再生時間を、一気に引き上げることができるからです。

 

  • リストの先頭から順番に見続けてくれる視聴者もいます
  • リスト内のお気に入りを選んで見てくれる視聴者もいます

 

どちらにしても、何本かの動画をまとめて見てくれるので、再生回数が増えて、再生時間が伸びます。

 

再生リストの作り方はとても簡単です!

作り方が分からなければ、ぜひ参考にしてみてください♪

 

 

一挙両得ってわけじゃな♪

スイーツ殿下

 

 

おっ!上手いこと言う!!!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています!メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + five =

Copyright© メデミ研究所 , 2019 All Rights Reserved.