初心者から始める「YouTube」「ブログ」「メルマガ」の極意

アクセスが爆発するYouTube動画の作り方

【YouTube】動画の説明欄にリンクを貼り付け、視聴者を誘導する3つのテクニック

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

ポイント!

  • YouTubeの動画説明欄を使って、視聴者を色々な場所へ誘導することができます。
  • あなたのSNSサイト、チャンネル登録、外部サイトなどのURLを、説明欄に貼り付けておきましょう。
  • 目的のリンクを貼ることで、ホームページやブログなどの外部サイトにも誘導できます。
  • チャンネル登録者を増やすこともできます。

 

今回のテーマは『YouTubeの動画説明欄から視聴者を誘導する方法』について!

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です(@bpt_tooru)。

 

現在のところ、2つのYouTubeチャンネルで、合計500本以上の動画を投稿しています。

そして、すべての動画の説明欄に「外部リンク」を設定しています。

 

 

YouTubeの動画説明欄は、自由度が高くて、様々な用途に使うことができます。

もちろん、外部サイトへの誘導に使うことだってできますよ!

 

 

商品ページ』『ホームページ』への誘導には、動画の説明欄を活用することが大きなポイントです

 

その他にも、ソーシャルメディア(SNS)への誘導や、チャンネル登録 の促しなどにも、大いに役立てることができます。

 

 

この記事は『外部サイトやSNSに、視聴者を誘導したい』そういう人に、ぜひ読んでもらいたいです♪

 

 

設定自体はとても簡単です。

どうぞ最後まで読んでいただいて、今後の活動に役立てて下さい!

 

それでは、さっそく始めましょう。

 

 

ほほう、そんなに簡単なんじゃな♪

スイーツ殿下

 

 

はじめに

この記事を読むと・・・

  • 動画の説明欄へ、Webサイトのリンクが貼れるようになります
  • 視聴者を、動画の説明欄からWebサイトへ誘導できるようになります
  • その他にも、SNSへ誘導することもできます
  • チャンネル登録を促して、登録者数をアップさせることができます

動画はコチラから↓↓↓

 

 

説明欄にリンクを貼る前に、短縮URLを取得しよう!

 

YouTubeの動画説明欄には、ブログ、ホームページ、あるいはSNSなど、外部サイトのURLを貼り付けることができます

 

動画説明欄の冒頭3行は、動画の再生画面でも『常に表示』されています。

重要なものほど 先頭から入力していきましょう。

 

 

さらに、動画の中でも説明欄を見てもうよう視聴者に促せば、何らかの反応を示してくれる確率が高まります。

 

 

 

動画の説明欄にリンクを貼るとき、一番気を付けておきたい注意点があります。

それが・・・

 

リンクを正常に機能させる

 

一文字でも間違えると、リンクは正しく機能してくれませんから、注意が必要です。

 

 

対策としては、説明文へリンクを挿入する場合に、短縮URLを取得してからリンクを貼り付けましょう

 

特に、動画や再生リストのURLは、説明欄を編集した際に、リンクの文字列が崩れてしまって、正しく機能しないことがあります。

 

ですから、動画の説明欄では、なるべく短縮URLを使いましょう

もちろん、短い方が「見栄えもいい」という利点もあります。

 

>>オススメ短縮URL作成ツール(Bitly)

 

 

視聴者にチャンネル登録を促す

 

動画の説明欄を使って、視聴者に チャンネル登録を促す こともできます。

 

チャンネル登録をしてもらうために・・・

URLだけでなく、行動を促すメッセージ も忘れずに入力しておきましょう

(たとえば「チャンネル登録はこちら」など)

 

 

さらに!!!!!

 

あなたのチャンネルURLの最後尾に

?sub_confirmation=1」を追加します。

 

そうするだけで、スムーズにチャンネル登録を促せます。

以下の方法で、設定をしてみて下さい。

 

 

  • マイチャンネルを表示してURLを確認
  • ?sub_confirmation=1」をチャンネルURLの末尾に追加
  • できれば、追加した後のURLを短縮URLへ変換
  • チャンネル登録を促すコメントともに、URLを動画説明欄へ記載

 

 

 

  • 説明文のリンクをクリックするとチャンネル登録へ

 

 

 

  • チャンネル登録を促す画面に切り換わる
  • チャンネル登録をすると、チャンネル内部が見れるようになる

 

 

▼チャンネル登録を増やす方法は、まだ他にもあります!

 

 

ソーシャルメディア(SNS)へのリンクを貼る

 

もちろん動画の説明欄には、あなたの使用している『ソーシャルメディア(SNS)』のリンクを、貼り付けることもできます。

 

複数のSNSを使用している場合、すべてのSNSリンクを貼り付けても構いません。

 

ただし選択肢が多いと、逆に視聴者は選びにくくなって、行動を起こしてくれません。

これを行動心理学では「決定回避の法則」といいます。

 

 

なるべく選択肢は、少なくした方が良いです

 

もし複数記載する場合は

最も勧めたいものに「★」マークなどをつけて、目立だせると良いでしょう。

 

 

 

ブログやホームページ、商品ページへの誘導

 

この動画説明欄を使って、関連のWebページへ誘導することもできます。

つまり、YouTubeを入り口にして、ビジネスに活用していくことができます

 

動画の説明欄には

 

  • ホームページ
  • ブログ
  • 商品ページ
  • イベントページ

 

などの関連サイトのリンクを貼り付けることもできますから、集客の入口にも最適です

 

動画に興味を持ってくれた見込み客を、あなたのWebサイトへ 誘導 することができます

 

 

▼見込み客が集まる!そんな動画の作り方

 

 

もちろん

  • メルマガ
  • LINE@

への登録を促して、リストを集めることもできます。

 

その他にも

  • サブチャンネル
  • おすすめ動画
  • 再生リスト

などのリンクを貼り付けておけば、あなたの別の動画やチャンネルを見てもらうこともできます

 

 

動画の説明欄を積極的に活用すれば、あなたの想い通りに、視聴者を誘導 することができます

 

 

今回のまとめ

 

それでは最後に、おさらいをしておきましょう。

 

動画の説明欄にリンクを貼ることで、視聴者を様々なWebサイトへ誘導することができます。

 

  • SNS
  • ブログ、ホームページ
  • イベントページ

 

その他にも・・・

チャンネル登録を促したり、他の動画や再生リストなどを紹介することもできます

 

 

動画説明欄を活用するポイントは

 

  • 短縮URLを使う
  • 動画内でも行動を促す

 

ただ単に、URLを貼っておくだけでは効果がありませんから、しっかりと目的を決めて活用して下さいね!

 

 

どういった目的で、動画の説明欄を使うのか?

YouTubeで収益化する手段を決める』と、説明欄を使う目的が明確になるはずです。

 

YouTubeの動画説明欄は、色々なことに活用ができるので、アイデア次第でとても効果を発揮してくれます。

ぜひ動画と組み合わせて、チャレンジしてみましょう!

 

 

それでは今回は、以上になります。

お疲れ様でした!!!

 

 

A8.net

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 6 =

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.