【YouTube】検索でアクセスを集める説明文の書き方(動画SEO対策)

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • YouTubeはGoogleに次ぐ、世界第2位の検索エンジンです
  • タイトルだけでなく動画の説明も、検索結果に大きく左右してきます
  • 動画の内容を分かりやすく、適切なキーワードを使って表現しましょう
  • 説明欄を上手に活用することで、視聴回数や総再生時間をアップさせることができます

 

SEOを意識したYouTube説明欄の使い方

 

キーワードを使って動画を説明

YouTube動画の説明欄には、

最大5000文字(半角)まで入力することができます。

日本語だと2500文字まで入力できます。

 

あなたの動画に関連があるキーワードを盛り込みつつ、

動画の内容に合わせた説明文を記載していきます

 

そうすることで、

YouTubeやGoogleなどの検索エンジンに、動画が表示されやすくなります。

 

説明欄が最初から表示されているのは、

冒頭の3行のみです

 

 

動画に関連する重要なキーワードを1~2語決めて、

説明文の冒頭に盛り込んでいきます。

 

チャンネル全体で狙っているキーワードと、

その動画単体で狙うキーワードを入れると良いです。

 

もちろんタイトルにも、キーワードは盛り込みます。

 

単なるキーワードの羅列は、NG行為です。

スパムポリシー違反でペナルティを受ける可能性もあります。

 

【YouTube】無料でキーワードを探す「9つ」の方法!検索需要がある言葉をタイトルに設定する

 

ハッシュタグを説明欄に活用

ハッシュタグ」とは、

Twitterから広まった検索方法です。

 

投稿内のタグとして使われる

ハッシュマーク「#(半角のシャープ)」がついたキーワードのことです。

 

もちろん、FacebookやInstagramなど

他のSNSでも使われています。

 

若い世代は、

ハッシュタグで検索することが増えています

 

YouTubeでも、

動画に関連するハッシュタグ(#)を設定しておくと、

ハッシュタグ検索した視聴者に、動画を見つけてもらいやすくなります

 

 

動画の説明に入力した

「ハッシュタグ(例:#●●●、#△△△)」は

リンクとしても表示されます。

 

リンクをクリックすると、

同じテーマの他の動画を見つけやすくなります。

 

ハッシュタグが15個以上使われると、

すべてのハッシュタグが無効になります

 

今話題のキーワードを

動画の説明文に盛り込むのであれば、

ハッシュタグを使うと効果的です。

 

視聴者が、

話題のキーワードをハッシュタグで検索した時に

ハッシュタグが設定してある動画は、優先して検索される傾向があります。

 

YouTube動画の説明欄を有効的に使う方法

動画の説明欄は、

大きく2つの部分に分かれます。

 

自動的に表示されている冒頭3行の部分と、

[もっと見る]をクリックすると表示される部分です

 

 

この後半の部分には、

  • 配信スケジュール
  • チャンネルの説明
  • 会社や店舗のサービス内容
  • 所在地

などを入力して、詳しい情報を提供していきます。

 

またSNSやWebサイトへのリンクなど、

追加情報として入力するのも良いです。

 

こういった情報をデフォルト設定しておけば、

アップロード時に毎回入力する手間が省けます。

 

まとめ

  • 動画に関連する重要なキーワードを盛り込みながら説明する
  • 動画の説明は、冒頭の3行で収まるようにする
  • ハッシュタグも利用して、検索で上位表示される確率を高める
  • 説明欄には詳細情報や追加情報なども入力しておく

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.