無料メルマガ登録
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

   

【YouTube】再生回数が増え続ける動画タイトルのつけ方!6つのポイント

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • タイトルの設定に頭を悩ませていませんか?
  • 思わずクリックするような、魅力的なタイトルをつけましょう
  • タイトルは文字情報なので、検索結果に影響します
  • 視聴者が検索しそうなキーワードを盛り込んでいきます

 

タイトル設定6つのポイント

そもそも、

なぜタイトル設定が重要なのでしょうか?

 

視聴者が動画をクリックするか、

判断の決め手になるのが「タイトル」です

 

思わず見たくなるような、

魅力的なタイトルをつけることが大切です。

 

もちろん

サムネイルとの組み合わせも

重要なポイントとなります。

 

タイトル設定で意識しておきたい

6つのポイントを紹介します。

 

検索需要のあるキーワードを入れる

たとえば、

「甲子園 高校野球」というキーワードで

視聴者に検索されたいのであれば、

「甲子園」と「高校野球」をタイトルに含めます。

 

ここで注意してほしいのですが、

「誰もが検索しそうなキーワードだけ」を組み合わせないことです

 

誰もが検索しそうな単語だけでは、

すでに実績がある動画やチャンネルよりも、

検索結果で上位に表示されるのは難しいからです。

 

そこでねらい目なのが、

  • 検索されそうなキーワードであり
  • 他のチャンネルが使いそうにない

こういった単語を、あえてタイトルに盛り込みます。

 

先ほどの

「甲子園 高校野球」の例でいうと、

  • 「甲子園 球児」
  • 「高校野球 涙」
  • 「甲子園 土」

というように、一見マイナーだけれど、

検索されそうな言葉をタイトルに入れてみましょう。

 

例)

「開幕!夏の甲子園!高校野球は球児たちの涙と汗の物語」

 

文字数は少なくして簡潔に

そもそも、

長いタイトルは視聴者に最後まで読まれません。

 

タイトルは、

短く端的に、かつ面白さが伝わる」ようにしましょう。

 

タイトルが長すぎると、

端末によっては重要な情報が途切れてしまいます。

 

日本語で30文字程度に収まると良いです

 

重要なキーワードは、

タイトルの冒頭(左端)に入れるようにします

 

人は横書きの文章は、左から読みますので、

重要な単語をあえて左側に配置します。

 

番組名やエピソード番号など、

その動画特有の情報でないものは

タイトルの末尾に入れます。

 

重要なキーワードがしっかり表示されているか、

スマホでも必ず確認するようにして下さい

 

インパクトを与える

視聴者は

インパクトのあるタイトルに惹かれます

 

新聞や雑誌のような見出しは

インパクトがあり、視聴者の興味を引くことができます。

 

  • どういうこと?
  • 気になる?
  • 見てみたい・・・

というふうに思わせることができれば、

視聴者はあなたの動画をクリックします。

 

例えば、

 

「日本のラーメンを食べたら、外国人が帰国したくなくなった」

「外国人も絶賛!?日本のラーメンを食べたら、永住すると言い出した!」

 

この2つだったら、どちらに惹かれますか?

後者の方を思わずクリックしてしまいますよね。

 

もう1つ例をあげると、

 

「うまい棒を大量に食べてみた!」

「限界突破!うまい棒を100本食べて、それでもうまいと感じるのか!?」

 

この2つでも、

後者の方に興味を持つのではないでしょうか。

 

このように

  • 絶賛!?
  • 限界突破!

というような、

インパクトのある言葉を使うのもいいです。

 

タイトル詐欺にならない程度に

「内容を少し盛る」ことも手段の1つです。

 

結果をあえて言わない

人は「結果」が

すごく気になるものです。

 

例えば、

 

「いま流行のエクササイズを試したら、ウエストが細くなった」

「いま流行のエクササイズを試したら、ウエストがとんでもないことに!?」

 

この2つだったら、

後者の方は「結果はどうだったんだろう?」

と気になってしまいます。

 

このように、

視聴者へあえて結果を言わないことで、

あなたの動画をクリックしてもらうことができます。

 

具体的な数字を入れる

内容が全く予想できない動画を、

視聴者は「見てみよう」と思ってくれません。

 

タイトルに具体的な数字を入れることで、

視聴者が動画の内容をイメージしやすくなります。

 

内容が予想しやすいと、

動画をクリックしてもらえる可能性が高くなります

 

例えば、

 

「腰痛を治す方法!最新ストレッチの紹介!」

「腰痛を治す方法!最新ストレッチ10選!」

 

この2つだったら、

「治す方法が10個も紹介されてるんだ」

という情報が事前に分かります。

 

そのため、安心してクリックしやすくなります。

 

現実的な数字を入れた方が

動画の内容を想像しやすい場合は、

具体的な数字を入れておく心遣いも必要です

 

動画によっては、

内容が想像できた方が、

視聴者は安心してクリックできます。

 

サムネイルと組み合わせる

たとえば、タイトルが

「必見!サッカーが日本の誰よりも上達する7つの方法」

 

サムネイルがこの画像だったら・・・

 

明らかに意味不明だと思います(笑)

 

タイトルとサムネイルは、一心同体です

 

この2つに一体感がなければ

視聴者の興味は半減してしまいます。

 

タイトルとサムネイルが、

あまりにもかけ離れていると低評価にも繋がります。

 

この2つの間に関連性を持たせることで、

より高い効果が期待できます。

 

まとめ

  • 動画が見られるかどうかは、タイトルが大きく左右する
  • 動画の内容を的確にあらわすタイトルを心掛ける
  • 6つのテクニックを使って、視聴者の興味を引く
  • 誤解を招くようなタイトルは、絶対に避ける

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

comments

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.