YouTubeとブログを掛け合わせて発信中♪

YouTube再生リストとは?伸びるチャンネルには必要不可欠なんです!

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • YouTubeの再生リストとは、いわゆる「動画版のプレイリスト」です。
  • 再生リストがあると、視聴者が「動画を見つけやすく」なります。
  • チャンネル全体の「再生回数」や「再生時間」のアップにも役立つでしょう!

 

今回のテーマは『再生リストとは?目的を理解してチャンネルを伸ばそう』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

YouTubeでは2つのチャンネルを運営していて、どちらのチャンネルでも「再生リスト」を多用しています♪

 

今回お伝えする「再生リスト」を作る目的というのは、この2つです。

 

  • 再生回数アップ
  • 総再生時間アップ

 

チャンネルを育てるためには、どちらも欠かせない要素なので忘れないでくださいね。

 

YouTubeの再生リストを上手く活用できれば、いずれは「伸びるチャンネル」と言われるようになりますから、地道に頑張りましょう!

 

再生リストの作り方は『YouTubeの再生リストが作れない?超簡単な作り方と秘訣をお伝えします』で解説しているので、ぜひ参考にどうぞ♪

 

 

【チャンネル登録】お願いします!

動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

YouTubeの「再生リスト」とは?視聴者の便利ツール

 

YouTubeの再生リストとは、いわゆる動画版プレイリスト」のことです

 

この再生リストがあることで、視聴者は「自分が見たい動画を見つけやすくなる」から、視聴者のためにもなります。

 

「再生リスト」のメリット

  • 視聴者が動画を見つけやすくなる
  • 検索結果や関連動画にも表示される
  • SNSやブログでシェアすることができる

 

ちなみに、自分のチャンネルの動画だけでなく「他チャンネルの動画」も、自分の再生リストに含めることができます(「関連動画」対策のポイント)。

 

チャンネルの動画が増えてきたら、再生リストを作って「動画をリスト化」していきましょう!

 

再生リストは「チャンネルトップ画面」に表示される

Fischer’s-フィッシャーズ-

 

作った「再生リスト」は、チャンネルトップ画面に表示されます。

 

視聴者にとっては、過去の動画をくまなく探すのは大変ですが、リスト化されていれば動画を見つけやすくなるでしょう

 

再生リストは「検索結果」に表示される

 

再生リストは「検索結果」にも表示されます。

 

  • 再生リストのタイトル
  • 再生リストの説明

 

これらの箇所には、SEOを意識してキーワードを使っていきましょう。

 

再生リストは「関連動画」にも表示される

 

再生リストは「関連動画」にも表示されることがあります。

 

  • キーワードを意識したり
  • 動画の説明欄を利用したり
  • 他チャンネルの動画を入れたり

 

こういった感じで「動画との関連性」が高くなると、関連動画として表示されるでしょう。

 

 

YouTube「再生リスト」のアイデア5選

 

冒頭でも触れたとおり、再生リストには2つの目的があります。

 

  • 多くの動画を見てもらう(再生回数アップ)
  • 多くの時間見てもらう(総再生時間アップ)

 

チャンネルを伸ばす戦略の一環として「再生リスト」を活用していくため、単純に動画をリスト化すればいいというわけではありません。

 

ですから、視聴者が「見てみたい」と思うような再生リストを作る必要があります。

 

「ジャンル別」に再生リストを作る

B-life

 

見たいと思っている動画をすぐに見つけられるよう、ジャンル別に再生リストを作ります

 

このとき大切なのは「視聴者に分かりやすいタイトル」を、再生リストに付けることです。

 

「興味づけ」を目的として再生リストを作る

 

チャンネルにある別の動画も見てもらうため、興味づけとして再生リストを作ります

 

  • 人気動画だけでリストを作る
  • 1話目だけを集めてリストを作る

 

こんな感じでリストを作ると、続きが気になったり、別の動画が気になったりして、チャンネル全体の再生回数アップにつながるでしょう。

 

「関連動画」対策として再生リストを作る

 

再生リストは「関連動画」としても表示されるので、それを意識して作ることも大切です。

 

  • 他チャンネルの動画をリストに含める
  • キーワードに関連する動画でリスト化
  • 再生リストを動画の説明欄で紹介する

 

このように再生リストを作ったり、リストを活用することで、関連動画として表示させやすくします。

 

イベントを利用した「再生リスト」作り

 

誰もが知っているイベントを活用するのも、再生リスト作りに適しています。

 

  • 季節的なイベント(クリスマスなど)
  • ビッグイベント(オリンピックなど)

 

こういったイベントなどは、積極的に活用していきましょう。

 

「お菓子作り」のチャンネルなら

  • バレンタインを利用して「チョコレート菓子」の動画でリストを作る
  • 「バレンタインにおすすめ!手作りチョコ全集」というタイトルにする

 

こんな感じのタイトルで再生リストを作れば、バレンタインデーが近づくにつれ、再生される可能性が高まりますよ♪

 

しかも、再生リストのすべての動画を見てもらえるでしょう。

 

1本の動画だけでなく「再生リスト全体」として、視聴者に見てもらう工夫もしていきましょう!

 

ベスト版としての再生リスト

 

チャンネルの中で、再生回数が多かった選りすぐりの動画を、再生リストにまとめます。

 

いわゆる「ベスト盤」といった感じです。

 

  • ファンのリピート再生が期待できる
  • 新しいファン獲得のコンテンツとなる

 

既存のファンを楽しませると同時に、新規の視聴者することもできるので、必ず作っておきたいリストです。

 

 

再生リストを作って伸びるチャンネルにする!

 

再生リストを上手く活用できれば、チャンネル全体の底上げができます。

 

  • 再生回数を伸ばす
  • 総再生時間を増やす

 

この2つは、YouTubeの戦略上「とても重要な」ポイントです。

 

そのため、YouTubeで成果を出しているチャンネルは、多くの再生リストを作って活用しています

 

「再生リスト」を作るアイデア

  • ジャンル別のリスト
  • 興味づけのリスト
  • 関連動画対策のリスト
  • イベント目的のリスト
  • ベスト盤としてのリスト

 

こういった感じで、色々なアイデアで再生リストを作って、どんどん活用していきましょう!

 

再生リストを活用するコツは『再生リストを使って再生回数を増やす3つのコツ【YouTuber必見です】』で解説しているので、よければ参考にどうぞ♪

 

 

\【無料】カウンセリング受付中(先着順)/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 6 =

Copyright© メデミ研究所 , 2017 All Rights Reserved.