メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」「メルマガ」による情報発信、マーケティングを日々研究するブログです

アクセスが爆発するYouTube動画の作り方

【基礎編】YouTubeの再生リストの役割と目的をハッキリお伝えします!作り方のコツも

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています!メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • お気に入りの動画を集めて、プレイリストとしてリスト化できます
  • 視聴者が動画を見つけやすいよう「再生リスト」を作ると良いです
  • 優れた再生リストを作れば、視聴回数や再生時間を伸ばすことができます

 

今回は『再生リストの役割と目的、作成のコツ』について!

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です(@bpt_tooru)。

 

わたしは現在、2つのYouTubeチャンネルを運営しています。もちろん、どちらのチャンネルでも「再生リスト」を多用しています。

 

 

再生リストを作る大目的は・・・

 

  • 視聴回数アップ
  • 総再生時間アップ

 

この2つだと思ってください。この目的が根底にあってこその、様々な戦略となります!

 

▼再生リストの作り方について

よろしければ、リスト作りの参考にしてください♪

 

この記事は『YouTubeに投稿した動画が増えてきて、もっと再生回数を伸ばしていきたい人』に、ぜひ読んでもらいたいです♪

 

 

▼「収益化できる動画が作れるメール講座」はこちら

 

 

【チャンネル登録】お願いします!

動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

YouTubeの「再生リスト」っていうのはこんな感じ

 

YouTubeの再生リストとは、簡単にいうと動画版プレイリストです。

 

YouTubeではチャンネル運営者だけでなく、視聴者が自分のお気に入りの動画を集めて、再生リストを作ることもできます(意外とこれ重要かも!?)。

 

 

チャンネルにある動画が増えてきたら、自分のルールで色々な動画をリスト化しましょう!

 

再生リストを使って動画をリスト化すれば、視聴者が目的の動画を見つけやすくなるから重要なんです。

 

 

検索結果に表示される再生リスト

 

 

関連動画に表示される再生リスト

 

 

チャンネルの動画が順調に増えてきたら、再生リストをぜひ作ってください。

 

動画をリスト化することによって、新たなファンを獲得できる可能性もあります!(チャンネル登録者を増やすチャンスでもあります)

 

 

チャンネルのトップ画面で表示される再生リスト

Fischer’s-フィッシャーズ- 

 

 

YouTubeにおける「再生リスト」の役割と目的

 

作成した「再生リスト」の役割は

 

  • 動画を見つけてもらう
  • 動画をもっと見てもらう

 

簡単に言いますと「視聴者に動画を見続けてもらう」ため!この戦略の一環として「再生リスト」を活用していきます。

 

ですから、好きな動画を単純にリスト化すればいい、という問題ではないんですよね。

 

 

動画の本数が増えてくると、色々な視聴者やファンが集まってきてくれます。興味も好みも少し違ってる人たちが、増えてきます。

 

この段階になったら、視聴者が見たいと思うような「再生リスト」を作る必要があります

 

 

視聴者の目的に合わせた再生リストの例

B-life

 

 

再生リストを活用することで、視聴者はあなたの動画をたくさん見ることができます。再生回数や視聴時間が増えてくれば、YouTubeからも高く評価されるようになります

 

 

YouTubeから評価されるチャンネルに育てるポイントを、こちらの記事で解説しています!再生回数が伸び悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい♪

 

視聴者に見てもらえる「再生リスト」を作るコツ

 

再生リストをせっかく作っても、視聴者に見られなければ意味がありません(視聴者のためのリストです♪)。

 

そうならないために、視聴者に見てもらえる「再生リスト作成のコツ」をいくつかお伝えします。

 

 

自分のチャンネルの動画をリスト化する

 

  • シリーズ毎にリストを作る
  • 人気動画だけでリストを作る
  • 1話目だけを集めてリストを作る

 

こういった感じで、目的に応じて再生リストを作ります。それぞれのリストに、明確な目的を持たせることが最も重要です。

 

 

関連動画の対策として

 

YouTubedでは他チャンネルの動画を、再生リストへ一緒に入れておくことができます。そうすると、同じ再生リストにある動画の関連性が高まります。

 

このように、再生リストも関連動画の対策として活用することができます

 

 

イベントを利用する

 

  • 季節的なイベント(クリスマスなど)
  • ビッグイベント(オリンピックなど)

 

こういったイベントを、再生リストにも利用していきます。

 

 

例えばあなたが、お菓子を作るチャンネルを運営していたとしたら、チョコレートのお菓子だけで再生リストを作ります。

 

バレンタインにおススメ!手作りチョコ

 

こんな感じのタイトルで再生リストを作れば、2月14日のバレンタインデーが近づくにつれ、再生される可能性が高まりますよね♪

 

しかも、再生リストにある動画すべてが、視聴者の目に触れることになります(一気に見てもらえる!)。

 

1本の動画だけでなく、再生リストとして視聴者に見てもらう工夫もしていきましょう!

 

 

ベスト版としての再生リスト

 

あなたのチャンネルの中で、特に再生回数の多かった動画を集めて、再生リストを作ります。

 

いわゆる「ベスト版」のような再生リストを作っておくといいです。古くからのファンは、お気に入りの動画を探し回らずに済みますからね♪

 

ベスト盤を作っておくことで、新しい視聴者が人気の動画を探すのにも役立ちます

 

 

再生リストの役割と目的(今回のまとめ)

 

チャンネル運営をしていく中で、再生リストの活用は重要な戦略ポイントです。

 

成果を挙げているチャンネルは、複数の再生リストを作っています。そして、それを見事に活用しています。

 

 

再生リストの役割は「動画を見続けてもらう」これがすべてです。

 

この役割を忘れずに、覚えておいてください!その上で、再生リストごとに「目的」を決めると、視聴者の反応も上がります。

 

再生リスト作りに慣れてきたら『【実践編】YouTubeの「再生リスト」を使って再生回数をグングン伸ばすテクニック3選!』も、ぜひ参考にして下さいね♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています!メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 2 =

Copyright© メデミ研究所 , 2017 All Rights Reserved.