メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」「メルマガ」による情報発信、マーケティングを日々研究するブログです

アクセスが爆発するYouTube動画の作り方

ブランドアカウントでYouTubeチャンネルを作るべき「3つの理由」個人アカは使うな!

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています!メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

【ポイント!】

  • YouTubeでチャンネルを作るときは、ブランドアカウントで作成します。
  • 個人名のまま、チャンネルを作らないように注意しましょう。
  • ブランドアカウントを使うことで、様々なメリットがあります。
  • チャンネルをビジネスで使用する場合、ブランドアカウントでの作成は必須です!
  • とても簡単な方法ですから、ぜひ取り入れて下さい。

 

今回は『ブランドアカウントを利用するメリット』について!

TOORU

どうも!トールです(@bpt_tooru)。

 

この記事は「チャンネルを作る前」に、一読されることをオススメします♪

 

 

ブランドアカウントといっても、企業向けのアカウントというわけではありません。チャンネルを作るときに、クリックする場所を間違えないようにするだけです

 

ですから、誰でも「ブランドアカウント」を作れます。というか、作って下さい!

 

 

  • 個人情報を守って、ビジネス目的で使える
  • あなたのチャンネルをブランド化できる
  • 管理人を追加して、複数人で運営できる

 

この3つが、ブランドアカウントを作るメリットになります。最後まで読んでいただいて、ぜひチャンネル作成の役に立てて下さい!

 

 

▼「収益化できる動画が作れるメール講座」はこちら

 

 

【チャンネル登録】お願いします!

動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

ビジネス専用にして個人情報を守る(ブランドアカウントのメリット①)

 

YouTubeチャンネルを作るとき、個人アカウント名のまま、チャンネルを作成しないで下さい!

 

勢いそのままで、チャンネルを作ってしまうと、Googleアカウント作成で登録した名前が、そのままチャンネル名になってしまいます。今回紹介する『ブランドアカウント』を使ってチャンネルを作り、個人情報を守りましょう!

 

個人アカウント名でチャンネルを作り、そのまま運用していると・・・。最悪の場合、個人を特定されたり、メールアドレスなどの個人情報が漏れてしまう可能性もあります

 

 

個人アカウント名でチャンネルを作ってしまっても、チャンネル名を変更することもできます。変更できるんですが、Googleに登録したあなたの氏名も変わってしまいます。

 

つまり、変更したチャンネル名が、あなたの氏名になってしまいます(これ意外と不便です・・・)。

 

 

繰り返しますが、チャンネルを作成するときは「ブランドアカウント」を使用して下さい!個人情報が漏れることもないので、安心してビジネスに利用できます

 

チャンンルを作るときに、ここをクリックするだけです!(たったコレだけ↓↓↓)

 

チャンネルの作り方は『YouTubeチャンネルの作り方「ブランドアカウント」は超重要ポイントです!』を参考にしてください。作成手順を解説しています♪

 

 

複数のチャンネルを運営できる(ブランドアカウントのメリット②)

 

チャンネル運営の基本となるのが「1チャンネル1コンセプト 」です!

 

たとえば・・・

 

  • ゲームを実況している動画
  • ダイエットの方法を教える動画

 

こういった全く違うジャンルの動画を、一緒のチャンネルにしない!そういうことです。

 

視聴者に見てもらいたい動画が、まったく異なる種類のものであれば、複数のチャンネルを運営してください。別々のチャンネルに、それぞれの動画をアップロードしていきましょう!

 

 

ブランドアカウントでチャンネルを作れば、新しくGoogleアカウントを取得しなくても、チャンネルを複数作ることができます

 

  • 集客に特化したチャンネル
  • ブランディングに特化したチャンネル
  • 商品に特化したチャンネル

 

特化したチャンネルを複数作るのもありですし、1つのチャンネルで再生リストを使って分けるのもありです。チャンネルのコンセプトが、ボケてしまうような「ごちゃまぜ動画の集まり」にすることだけは避けましょう

 

 

もしも、複数の事業をしているなら、各事業ごとに、別々のチャンネルを作ったほうがよいです。つまり・・・

 

専門特化したチャンネル

 

にしていきましょう。そのほうが、興味の濃い人(視聴者)がたくさん集まってくれます。

 

  • YouTubeで収益化するにしても
  • YouTubeでビジネス展開するにしても

 

濃いファンをどれだけ多く集められるか!これが「YouTubeで成功するポイント」になります。

 

 

もしも、チャンネルが不要になったら、他に作ったチャンネルへの影響なく、そのチャンネルだけを削除できます

 

複数のチャンネルを運営していても、チャンネルアイコンから簡単に「チャンネルを切り替える」ことができます(手軽に切り替えられるます)。

 

 

チャンネルを作る前に『YouTubeで成功したいなら「コンセプトとターゲット」をまず決めるべき!その理由とは?』もあわせて、ぜひ読んでおいてください!

 

 

チャンネルの管理者を追加できる(ブランドアカウントのメリット③)

 

個人アカウントのままチャンネルを作ったら、Google(またはYouTube)に ログインできる人だけが、チャンネル管理をすることができます動画のアップロードや各種設定などは「アカウント所有者のみ」が行えます。

 

ですが、ブランドアカウントでチャンネルを作れば、チャンネル管理者をいつでも追加することができますチャンネルの管理者であれば、動画の投稿や各種設定を行うことができます!

 

大きくチャンネルを展開していくとき、この複数名によるチャンネル管理は、かなりのメリットになります。「あなたは動画を作るだけ、あとの設定は別の管理者に任せる」とうことだって可能になるわけです!

 

つまり「時間」や「場所」を問わずに、複数名でチャンネルの運営をできるようになります!

 

 

ブランドアカウントでチャンネルを作る(今回のまとめ)

 

チャンネルを勢いそのままに作ってしまうと、個人名のチャンネルになります。チャンネル名を変えることもできますが、ゆくゆく面倒なことが多くなって後悔します・・・。

 

しっかり手順を確認しながら、ブランドアカウントでチャンネルを作りましょう!

 

  • 個人情報を守って、ビジネス目的で使える
  • あなたのチャンネルをブランド化できる
  • 管理人を追加して、複数人で運営できる

 

ブランドアカウントには、大きなメリットがいくつかあります。チャンネルを作るときは、ブランドアカウントを忘れないようにしてくださいね

 

チャンネル作成や動画投稿の流れは『【初心者向け】YouTubeへ動画を投稿する前、するとき、した後に「やるべきこと」完全ガイドします!』にまとめましたので、こちらも参考にされると効率よく作業が行えると思います!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています!メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 4 =

Copyright© メデミ研究所 , 2017 All Rights Reserved.