【YouTube】ジャンル選びが重要!濃い視聴者が繰り返し動画を再生する理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • YouTubeにはあらゆる視聴者のための動画が集まっています
  • 幅広い視聴者に訴えかけることも大切ですが、特定分野の視聴者を狙うことも重要です
  • 継続して動画を投稿するために、あなたが情熱を注げるものは何ですか?

 

視聴者数ではなく視聴回数という見方

YouTubeに動画を投稿したら、

とにかく多くの視聴者に動画を見てもらいたいですか?

 

視聴回数=視聴人数

 

あなたがもし、そう思っていたならば、

これからは考え方を180度変えて下さいね。

 

視聴回数≠視聴人数

 

たとえば、

再生回数が1000回の動画を例にします。

 

この動画を1000人の視聴者が見ているとは、

決して思わないで下さい。

 

1000回見られている」と理解して下さい。

 

もしかしたら、

10人の熱狂的な視聴者が、100回ずつ見ているかもしれません。

 

少し極端な例でしたが、

コアなファンに何度も繰り返し見てもらうことも、

YouTubeでは大切な戦略となります

 

特にYouTubeを開始当初は、

活気のあるジャンルではあるけれど、

ライバルのチャンネルが少ない分野を狙う必要があります

 

いわゆる「ニッチな分野」というものです。

 

たとえ規模は小さくても、

活力にあふれたコミュニティは、あなたを成功に導いてくれます。

 

たとえ再生回数が少なくても、

高評価やコメントが多ければ、必ず良いコミュニティに育ちます。

 

最終的には、

再生回数の10%くらいの高評価数(いいね数)を目指しましょう

 

極端に高評価数が少なければ、

その動画をあなたの視聴者は望んでいないかもしれません。

 

そして

YouTubeアナリティクスで、

視聴者層の確認も忘れないようにしましょう。

 

 

特定の分野にターゲットを絞る

視聴者が大勢集まるジャンルではなく、

わざわざ「ニッチな分野」を狙うのはなぜか?

 

それは

実績に乏しい=チャンネル評価が低い

という現実があるからです。

 

ですから、

ライバルは少ないけれど、視聴者の動きは活発

というようなジャンルで実績を作るのです。

 

YouTubeでいう実績とは

  • 総再生回数
  • 総再生時間
  • チャンネル登録者数

などが挙げられます。

 

特定の分野に特化されたコミュニティは、

小規模なものから大規模なものまで様々です。

 

ゲーム実況動画のように、

多くのプレーヤーが集まる巨大なものもあります。

 

一方で、

「レゴ(LEGO)」のような、

規模は小さいけれど活発なコミュニティもあります。

 

こういったジャンルは、

巨大なメディアで取り上げられることは、ほとんどありません。

 

ですから、

関心や興味が特化されたチャンネルや動画には、

視聴者は特別な思い入れを持って接してくれます。

 

このような熱心な視聴者が、

多くの再生回数や再生時間をもたらし、

さらにはより積極的な関与をしていってくれます

 

「自分が楽しめる動画を見つけた!」

という気持ちになるからです。

 

多くの視聴者をターゲットにするよりも、

熱狂的な視聴者をターゲットにする方が、

実はYouTubeで成功しやすいと言えるでしょう。

 

自分が情熱を注げることを見つける

  • あなたの得意なものは何ですか?
  • あなたの好きなものは何ですか?

 

決して他人と比べる必要はありません。

 

とにかく、

あなたが情熱を注げられるものを見つけます。

 

  • 似顔絵を書くことが好き
  • トレーニングをすることが好き
  • お菓子を作ることが好き
  • 楽器を演奏することが好き
  • 野球が好き
  • サッカーが好き
  • ゲームをプレイすることが好き
  • 大変だけど子育てが好き

など、どんなことでも構いません。

 

YouTubeでは継続することが、

成功するかどうかの第一関門です。

 

情熱を持って動画を作ることは、

継続するために必要不可欠なことです

 

まずは、

あなたが得意とか好きだと思っていることを、

書き出してみましょう。

 

 

YouTube内外で情報を収集する

それでは、特定のジャンルを決めたら、

その分野に関連する情報を集めましょう

 

YouTube内でリサーチをして、

ライバルのチャンネルを丸裸にしましょう。

 

あとは、

  • どのような動画が人気なのか
  • 視聴者はどれくらいいるか

などの情報も調べておきます。

 

他にも、

ブログやSNSなどを通じて、

その分野に関する情報をリサーチします。

 

特定の分野をターゲットにする場合、

その視聴者と情熱を分かち合うことが重要です

 

そうすることで、

あなたの動画にも説得力が生まれ、よりリアル感が増すことでしょう。

 

まとめ

  • 視聴者の人数よりも、視聴者の活気度を重要視しておく
  • チャンネル開設当初は、よりニッチな分野から開拓していく
  • 自分の情熱が注げる分野を探し、継続して活動する
  • YouTube内外で参入するジャンルのリサーチを行う

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.