【YouTube】動画作りを楽しむ!アイデアをひらめく4つの秘訣(再生される動画10か条:その10)

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • あなたの動画のアイデアは、どうやって生まれたものですか?
  • 心から好きなものでなければ、それは視聴者にも伝わります
  • 良いアイデアをひらめくには、いくつかの方法があります

 

YouTubeで動画制作に必要な「情熱」

好きこそ物の上手なれ

 

YouTubeで成功するには、

あなたが楽しむことが何よりも重要です。

 

心から楽しむことは、動画を作る活力の源です

 

あなたが心から楽しんで動画を作っているか、

たとえカメラ越しであっても視聴者にはすぐに分かります。

 

カメラの前では自分を偽らず、

思いっきり楽しんで撮影して下さい

 

最初は慣れないものですが、

情熱を持って作り続けていけば、

自然と熱意のある動画になっていきます。

 

そういった心から出る熱意に、

視聴者の人たちは共感してくれるのです。

 

動画の内容よりも、

あなたの熱意に視聴者の感情は揺れるのです

 

  • あなたが刺激を受けたチャンネルは?
  • そのチャンネルに惹かれたのはなぜ?

 

 

あなたが、

個人で活動しているのであれば、

自分自身が楽しめる動画を作りましょう

 

それが、

ファンを構築するための重要なポイントです。

 

あなたが、

ビジネスでYouTubeを活用しているのであれば、

チャンネルのブランドに恥じない動画を作って下さい

 

そうすれば、

動画の内容やチャンネルの方向性に共感してくれる、

熱心なファン、才能豊かな人材が見つかっていくはずです。

 

動画のアイデアをひらめく方法

情熱はあるけれど、

なかなかアイデアがひらめかない・・・

 

そんなこと、心配しなくて大丈夫です。

 

ひらめきを得るには、色々な方法があります。

 

  • インプットする
  • 類似作品を見る
  • 運動をする
  • 瞑想をする

 

などを普段からしていくことで、

良いアイデアがひらめきやすくなります。

 

自分が好きなことの情報をインプットする

テレビや映画、ニュース、ブログなど、

あなたが好きなことの情報を、

できるだけ多くインプットして下さい

 

好きなことであれば、

インプットする作業も苦にはならないはずです。

 

似たジャンルの動画を見る

あなたのジャンルに関係する動画を、

いくつも繰り返し見て下さい。

 

きっと見習える部分があるはずです。

 

ジャンルが全く関係なくても、

あなたが好きな動画やお気に入りの動画も、どんどん見て下さい。

 

そこから新たなアイデアが、ひらめくかもしれません。

 

自分が楽しいことを繰り返す

色々な種類のアイデアを試して、

視聴者の反応を調べます。

 

動画を作って、そして検証する

 

こういった作業を繰り返していれば、

いずれ視聴者の反応が良い動画が見つかります。

 

あなたが楽しいと思って作った動画は、

きっと視聴者も楽しいと思ってくれるでしょう。

 

再生回数や再生時間を気にし過ぎない

再生回数や人気のためだけに、

自分が楽しめない動画を作っていたら、ストレスが溜まります。

 

ストレスを溜めて作った動画は、

残念ながら視聴者にも伝わってしまいます。

 

まずは結果を気にせず、

自分が楽しんで動画を作りましょう。

 

たとえ

視聴者からのニーズがあったとしても、

あなたが楽しめないのであれば、動画を作る必要はありません

 

まとめ

  • YouTubeで大切なのは、楽しんで動画を作ること
  • 楽しい気持ちは、カメラを通して視聴者にも伝わる
  • 楽しく学べば、良いアイデアをひらめく
  • 視聴者のニーズよりも、まず考えるのは自分が楽しいかどうか

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.