初心者から始める「YouTube」「ブログ」「メルマガ」の極意

アクセスが爆発するYouTube動画の作り方

YouTubeの照明は「安くてOK」身をもって体験しました【コスパ追求】

TOORU
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TOORU
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

 

ポイント!

  • 屋内で動画を撮影するなら、照明を準備しておく必要があります。
  • YouTube用の動画であれば、安い照明器具でも十分です。
  • 照明は、視聴者へ雰囲気を伝える手段の1つです。

 

今回は『照明機材なんて、安いもので十分だった』について!

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です(@bpt_tooru)。

 

わたしは、これまでに「500本以上」の動画を、YouTubeに投稿していますが、撮影に使っている機材は

 

  • スマホ
  • 照明
  • 三脚
  • ピンマイク

 

普段から、こんな感じのものだけで撮影してます♪

 

もちろん、数万~数十万円もするような、高価な機材はもっていません

(怖くて使えません・・・)

 

 

この記事は『屋内で撮影したいけど、照明に困っている人』に、ぜひ読んでもらいたいです♪

 

 

【チャンネル登録】お願いします!

動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

照明機材に使ったのは「1万円」です!(高い?安い?)

 

たった1万円!

 

わたしが照明に使った合計金額です♪

 

 

撮影時に実際に使っている照明

  • リングライト(→これが1万円くらいした)
  • スマホLED
  • 蛍光灯
  • 自然光
  • コピー用紙

 

 

実際にどんな感じで使ってるんじゃ?

スイーツ殿下

 

 

リングライト

 

屋内で自撮りをしていたとき、顔のパーツで影ができてしまって・・・

だからそのとき、思い切って「リングライト」を買いました!

 

 

蛍光灯の真下で撮影すると・・

 

  • おでこ(額)がテカる
  • 鼻の頭もテカる
  • 目の下に影ができる(クマができたみたいに)
  • 鼻の下や口元に影ができる(ほうれい線がくっきり)
  • 全体的に老け顔になる

 

という感じになっちゃいます・・・

 

顔に光が当たらないと「百害あって一利なし」なんで、文明の利器に頼ろうと思いました!

 

 

 

いま使っているリングライトは「三脚」と「スマホホルダー」が付属しているので、少々お高め・・・

 

だけど、1年以上使っていますが、まったく壊れていないし、壊れる気配すらありません♪

(コスパ的にも、良い買い物でした)

 

 

 

スマホLED

 

LED照明をわざわざ買う必要あるのかな?

そう思ったんで、スマホのLED を試してみました

 

スマホでも結構な明るさがあるので、自宅などの狭い場所なら問題なしです!

 

 

蛍光灯

 

これ意外と盲点なんですが、蛍光灯って日が経つにつれて徐々に暗くなってるんです

(毎日だから気がつかない・・・)

 

ということで、蛍光灯を新しいものに変えたら、一気に明るくなりました♪

 

70%程度の明るさになったら、蛍光灯の寿命らしいです

 

 

自然光

 

窓から入る太陽の光は、最高の照明になります(しかも、タダ!)

 

日中で天気が良いときは、カーテンを開けて自然光を取り込むといいです

(直射日光は厳禁です)

 

あとは、窓際で撮影するのもOKです!

窓際で撮影するときは、白いカーテンがあると完璧ですね♪

 

 

コピー用紙

 

手元を撮影するときに、重宝しています♪

真っ白いコピー用紙を、レフ板(反射板)代わりに使っています

 

小物などの小さい被写体を撮るときには、かなり役立ちます

 

 

ほほう、工夫次第っていうことじゃな

スイーツ殿下

 

 

そもそもYouTubeって、大画面で見ますか?

 

あなたのチャンネルを見ている視聴者って、どんな媒体で見ていますか?

 

  • スマホ?
  • タブレット?
  • パソコン?
  • テレビ?

 

今すぐ、YouTubeのアナリティクス で確認してください!

 

 

わたしのチャンネルは、ほとんどの視聴者がスマホで見てくれています

なので、全体的に明るい感じに仕上がれば、問題ありません

 

スマホのような小さな画面で見るなら、きめ細かい部分まで照明にこだわる必要はありませんから♪

 

 

せっかくだから綺麗に写りたい!

 

って思う気持ちは、よーくわかります

 

 

朕だって、男前に写りたいんじゃー!

スイーツ殿下

 

 

わ、わかるんですけど・・・

 

視聴者に印象を与える手段として、照明っていう道具を利用するといいですよ

(どういうイメージを持ってもらいたいか?)

 

  • 明るいイメージを出したいなら、全体的に明るく
  • 落ち着いたイメージを出すなら、全体的に暗く

 

 

毛穴まで綺麗に写りたい!って照明を頑張っても、スマホの画面じゃ毛穴は見えません・・・

 

 

編集ソフトの明るさ機能も使えば、もう完璧です!

 

さらに最終手段として、編集ソフト の力を借りましょう♪(必要なら)

 

ちなみに、わたしの使っている編集ソフトは・・・

約8000円で、永久に使うことができます(アップデート無料)

 

自動補正機能を使ったり、明るさやコントラストの調整をするだけで、かなり動画の明るさが変わります!

 

 

予算に余裕があれば、有料の編集ソフトを試してみてください♪

1度購入したら、ずーっと使えますよ!

 

 

おぬしは、ホントお金お金じゃのう・・・

スイーツ殿下

 

 

タダより高いものはないっ!なーんてね♪

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOORU
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × three =

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2019 All Rights Reserved.