メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」「メルマガ」による情報発信、マーケティングを日々研究するブログです

アクセスが爆発するYouTube動画の作り方

【個人向け】YouTubeをビジネスに利用するとき「落とし穴」に注意が必要です

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています!メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • YouTubeには、収益化する仕組みがいくつか用意されています。
  • YouTubeの動画を二次利用するときは、注意が必要です。
  • YouTubeは商用利用が禁止されています。

 

今回は『YouTubeって、ビジネスに利用できるの?』について!

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です(@bpt_tooru)。

 

わたしは現在、YouTubeとブログを組み合わせて、ビジネスに活用しています

 

  • ブログ(200記事)
  • YouTube(200本)

 

くらいはあると思います(大雑把な感じですいません)

 

このうち90%くらいは、記事と動画を組み合わせて、発信しています

しかも、ブログやYouTubeでは、一切売り込みはしてません

(というか、してないつもりです・・・)

 

 

今回は『個人でビジネスをしていて、動画を使っていきたい人』に、ぜひ読んでもらいたいです!

 

 

YouTubeをビジネスに利用する具体的な方法

 

実際、YouTubeをビジネスに使うって???

なかなか、イメージがしにくいと思うので、まずはそこの話から

 

では「直接的」と「間接的」に分けましょう

 

 

はてさて、どういうことかのう?

スイーツ殿下

 

 

直接的(YouTubeの仕組みを使って収益を得る)

  • アドセンス(いわずと知れた「広告収入」)
  • アフィリエイト(YouTubeが承認している販売サイト)
  • クラウドファンディング(YouTubeが承認しているサイト)
  • チャンネルメンバーシップ(視聴者からの月額料金)
  • グッズ販売(オリジナルグッズ)
  • Super Chat(ライブ配信での投げ銭)
  • YouTube Premium(有料課金の収益が、動画制作者に一部還元)

参照:YouTubeで収益を得るには(YouTubeヘルプ)

 

 

間接的(YouTubeはあくまでも補助的に使う)

  • YouTubeから外部サイトへ誘導(販売ページなど)
  • 商品・サービスの紹介の手助け(より有益な情報提供)
  • ブランディングの強化 etc

 

 

数年前に比べたら、YouTubeで行える収益化の手段も増えました♪

(収益化には条件があるので、ハードルは少々高いです)

 

もちろん、YouTubeをビジネス活動に利用した間接的な方法も、これ以外に無限にあるんですよ!

(「アイデア次第」で可能性は広がります)

 

 

ビジネスに簡単に利用できそう?そこに落とし穴があります

 

YouTubeでも色々な仕組みが始まったり、ユーザー数も圧倒的に多いので、個人でビジネスをしている人にとっても、大きな可能性を感じると思います

 

 

ホントじゃ!可能性しか感じないのう

スイーツ殿下

 

 

でも、やっぱりうまい話には・・・

落とし穴 があるんですよね

 

 

まず1つ目

YouTubeの仕組み自体を利用する方法は、YouTubeから承認される必要があります

 

年齢・チャンネル登録者数などの、一定条件が必要で、その条件は収益化の方法によって異なるので注意が必要です

 

 

そして盲点なのが、2つ目

YouTube以外のところで、YouTubeの動画を使うときなんです

 

YouTubeの動画は、基本的に商用利用は禁止されています

 

一番やってしまいがちなのが・・・

  • メルマガ(もしくはLINE@)に登録してくれたら、登録者限定の動画をプレゼントします
  • 有料会員にしか見れない動画があるので、ぜひ会員登録を!

 

これらは、限定公開にした動画をエサに、リストを集めたり、収益を得たり、とみなされるので、禁止事項にあたります

(判断はYouTubeがするので、100%とは言えませんが・・・)

 

チャンネルを消されるリスクを考えるなら、やらないほうがいいです

 

 

この他にも・・・

商品・サービスの販売を目的とした、ブログ記事や、商品ページ、ランディングページ(LP)などでは、動画の利用に注意が必要です

 

動画の内容以上に、ページ内での説明がしっかりされていれば問題はなさそうです

(こちらも100%とは言えませんが・・・、すいません)

 

自分で使ってる様子とか、自分でレビューしてる動画なら問題ないと思います

 

どちらにしても、YouTubeをビジネス活動に利用するときは、細心の注意が必要ってことです!

 

 

個人にとっては死活問題!ホントに利用しちゃダメなのか?

 

やっぱりYouTubeって、使えないじゃん!

って、そろそろ思ってきた頃だと思うので、実際にわたしが活用している方法をお伝えしますね

 

 

こんな活用をしています(わたしの場合)

  • ブランディングの手助け(ブログと連携)
  • 記事の分かりやすさの補助(記事に貼り付け)

 

こういった感じで、ガツガツ活用しています

 

 

動画のメリットは、なんといっても「情報量の多さ

 

ですから、インターネットでの発信には欠かせません!

 

 

たとえば、ブログの自己紹介

 

人生の山あり谷ありを必死に思い出して、文章を書いたり写真を貼ったり・・・

っていうだけじゃなく、それを本人が話している動画があったら?

 

一発で、人柄が伝わりますよね♪

 

 

たとえば、画像編集ソフトの使い方

 

画面をキャプチャして、文章で説明するっていうだけじゃなく・・・

実際に操作してる動画があったら?

 

めちゃくちゃ親切ですよね♪

 

 

感情が動いたときに、人はモノを買います(購入ボタンをクリックします)

 

ブログにもメルマガにも、一手間加えることで、差別化って図れるから、売る前に勝負を決められます!

 

「差別化」=「ブランディング」

 

 

まさに、売る前のすべての活動が、売るための準備なんじゃのう

スイーツ殿下

 

 

ビジネスするなら、もちろんっス!!!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています!メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 9 =

Copyright© メデミ研究所 , 2019 All Rights Reserved.