YouTubeとブログを掛け合わせて発信中♪

「 ライブ配信アプリ 」 一覧

【ライブ配信】稼げるアプリの紹介&見てもらう戦略

 

ライブ配信アプリ」についての記事一覧です。

 

 ➡ おすすめライブ配信アプリ
 ➡ 初心者にも稼ぎやすいアプリ
 ➡ ライブ配信に人を呼ぶ戦略
 ➡ ライブ配信に必要な環境設定

 

こういったことを中心にいくつか記事を書きましたので、お好きな記事から目を通してみてください。

 

「ライブ配信アプリ」個別レビュー

 

ライブ配信アプリを個別レビューしました。それぞれのアプリで特徴があって「目的によって使い分ける」こともできます。

ちなみに「複数のアプリ」に登録しているライバーも多いですね。

 

▼「ポコチャ(Pococha)」レビュー

ポコチャ(Pococha)の魅力は「ライブ配信するだけで稼げる」こと。ライブ配信の初心者には稼ぎやすいアプリで、配信時間に応じてポイントがもらえる仕組みになっています。

ポイントは換金率は「100%」です。

▼「ハクナライブ(Hakuna Live)」レビュー

ハクナライブ(Hakuna Live)も換金率が「82~100%」と高く、ライバルも少ないので、稼ぎやすいアプリの1つです。

これから伸びていきそうなアプリだと予想しています。

▼「ビゴライブ(BIGOLIVE)」レビュー

ビゴライブ(BIGOLIVE)は「ユーザー数2億人」で世界No.1アプリで、市場規模が大きく稼ぎやすいアプリです。

日本人や日本文化は、海外ユーザーからもウケがいいので、一発ハマるとすごいことになるかも♪

▼「ふわっち 」レビュー

ふわっちは「ちょっとアングラ的」な雰囲気が漂うアプリで、他のアプリとは一線を画しています。

そして「ゲーム配信」もできる貴重なアプリで、ユーザーの平均年齢はやや高めです。

▼「イチナナ(17Live)」レビュー

イチナナ(17Live)は「国内No.1の人気」を誇るライブ配信アプリです。人気ライバーが多く存在していて、見てるだけでも楽しいアプリ♪

初心者が稼ぐには少し難しいかもしれません。

 

目的別に「ライブ配信アプリ」を比較してみた

 

ライブ配信アプリを「目的別」に比較してみました。現在は、目的や用途に応じてアプリを「使い分ける」といった流れになってきています。

まずは、色々なアプリを試してみるといいですよ!

 

▼「おすすめ」ライブ配信アプリ

無料で使えるライブ配信アプリは「本当に稼げるのか?」ということで、ライブ配信の需要と、いまなら稼ぎやすい理由を解説しています。

最低でも「2つ」のアプリはダウンロードしておきましょう。

▼「還元率(換金率)」を比較

ライブ配信アプリで稼ぐために重要なのが、配信でもらったポイントの「還元率(換金率)」です。

中には換金率が「8割」以上というアプリもあるので、ぜひ使ってみてください。

▼「ゲーム配信」ができるアプリ

ライブ配信アプリの中でも貴重な、スマホで「ゲーム配信」ができるアプリをいくつか紹介します。

上手くいけば「遊びながら稼げる」といったこともできますよ!

▼「初心者が稼ぎやすい」アプリ

初心者でも稼ぎやすいアプリをいくつか紹介しました。中でも「ポコチャ」と「ハクナライブ」は、いま特に稼ぎやすいアプリです。

これからライブ配信を始めたい人には、ライブ配信アプリがおすすめ!

▼「副業」にも注目のアプリ

副業としても注目されている「ライブ配信アプリ」ですが、ライブ配信にアプリをおすすめする理由があります。

新規参入のハードルが低い「いま」が狙い目です。

▼ライブ配信アプリで「儲けよう」

ライブ配信アプリにもたくさんの種類があって、中には初心者には稼げないアプリもあります。

初心者や副業でもできる「儲かるアプリ」をいくつか紹介します。

▼「海外発」ライブ配信アプリ

海外の人たちと交流を図りたいときは、やはり「海外発」のライブ配信アプリを利用するといいです。

日本人は「海外ウケがいい」ので、積極的にアピールしましょう。

▼ライブ配信には「アプリ」がおすすめ

ライブ配信で収入を得たいなら、YouTubeやSNSのライブ配信よりも「ライブ配信アプリ」を使った方が効率的です。

手軽に始められるのも、こういったアプリの強みです。

▼「スマホ」でOK!ライブ配信アプリ

スマホ」を使って「無料」でライブ配信が始められるアプリを、いくつか紹介していきます。

ダウンロードして登録すれば、すぐにライブ配信が始められるんです。

▼「ユーザー数」が多いアプリ

アプリの「ユーザー数」に視点を当てて、ライブ配信アプリを比較してみました。

見てくれるユーザー数が多いほど稼げる額は大きくなるんですが、それと同時にライバルも多いという点は覚えておきましょう。

 

ライブ配信に必要な「環境・テクニック」

 

ライブ配信アプリに限らず、ライブ配信をするときに必要な「通信環境」や「配信テクニック」を覚えておくといいです。

いつも視聴者のことを考えておくことが、稼げるライバーへの近道ですね。

 

▼「投げ銭」を増やす方法

ライブ配信で稼ぐには「投げ銭」してもらうことが大前提なので、投げ銭をする人たちの心理を理解しておきましょう。

見てくれる人の心理が理解できれば、ライブ配信で稼ぐのは簡単です。

▼ライブ配信に必要な「通信環境」

ライブ配信をするにあたり「通信環境」はとても重要なポイントで、ネット回線が安定していないと視聴者は見てくれません。

「光回線」か「Wifi」の環境下で、ライブ配信をしましょう!

▼ライブ配信に大切な「3つの戦略」

ライブ配信を見てもらうための戦略を「3つ」にまとめました。

内容が面白いライブを配信していても、見てくれる人がいなければ1円も稼げないので、とにかく見てくれる人を増やしましょう。

▼ライブ配信にあるといい「道具」

ライブ配信アプリは「無料」で利用できるので、必要最小限の道具さえ準備しておけばOKです!

安くてもいいので「照明器具・三脚」と「マイク」は用意しましょう。

▼「ライブ配信」のリスク解決法

ライブ配信するにあたって「リスク」や「不安」はつきものです。その解決方法をお伝えします。

ライバー事務所」に所属するのも、リスク回避の方法です。

▼ライブ配信ならYouTubeよりアプリを使おう

YouTubeのライブ配信をスマホでするには「条件をクリア」する必要があるので、初心者にはとてもハードルが高いです。

スマホで配信するなら「ライブ配信アプリ」が断然おすすめ!

▼「ライブ配信アプリ」おすすめの理由

YouTubeでライブ配信を始めても、稼げるまでは時間と費用がかかるので、まずはライブ配信アプリから始めるといいです。

アプリなら「無料」で配信できるので、初心者にはもってこい!

 

「ライバー事務所」に所属するのもあり

 

ライブ配信アプリを使う人の中には「ライバー事務所」に所属しながら、事務所のサポートを受けて配信している人もいます。

プロのサポートを受けながら配信するのも戦略の1つです。

 

▼ライバー事務所「ビーバー(Viibar)」とは

ライブ配信アプリ「ポコチャ」の専属ライバー事務所の1つに「ビーバー(Viibar)」があります。

フリーで活動するより「3倍」稼げたという報告も(※ビーバー調べ)。

▼ライバー事務所「Stock Force」とは

ライバー事務所「Stock Force」は、ライブ配信アプリ「イチナナ(17Live)」の専属ライバーをサポートしています。

事務所のイベントに選ばれれば、雑誌などへも露出もされます。

 

Copyright© メデミ研究所 , 2020 All Rights Reserved.