YouTubeとブログを掛け合わせて発信中♪

ネットショップ始めるなら「Shopify」一択!無料で登録する方法を解説【無料体験あり】

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • ネットショップを始めるのって、なんだか難しそうですよね。
  • でも今では、簡単にネットショップを作るサービスがあります。
  • 中でも「Shopify」は手数料も安いし、機能面も優れてるんですよ!

今回のテーマは『ネットショップが作れるShopifyの登録方法』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

ネットショップを始めるって、なかなか難しそうに感じましたが、そうでもなかったです♪

 

  • BASE
  • STORES
  • Shopify

 

手軽に安くネットショップを始めるなら、この3つに絞られるんですが、じつは「Shopify」一択でいいと思います。

 

  • 手数料が安い
  • 決済方法が豊富
  • 海外販売しやすい
  • 既存サイトでも販売できる

 

さらに「14日間の無料トライアル」があるので、まずは気軽に体験するといいですよ♪

 

ということで今回は「Shopifyの登録方法とポイント」について解説していきます。

 

\ 14日間「無料」で使える!/

 

【チャンネル登録】お願いします!

動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

「Shopify」に登録して、無料体験をはじめる

 

それではまず「Shopify」の登録画面に移動します(→ Shopifyはこちら)。

 

  • 「無料体験をはじめる」をクリック

 

Shopify:無料トライアルを開始

 

  • 「メールアドレス」「パスワード」「ストア名」「ストアURL」を入力(①)
  • 「ストアを開く」をクリック(②)

 

Shopifyの14日間の無料体験をはじめる

ブランド名・ストア名には注意!

  • 使いたいブランド名がすでに「商標登録」されていないか、こちらでチェックしておきましょう

→「特許情報プラットフォーム

 

Shopifyの個人アカウントを作成

 

  • 「メールアドレス」「氏名」「パスワード」を入力(①)
  • 「アカウントを作成する」をクリック(②)

 

Shopifyのアカウントを作成する

 

  • アンケートに回答したら「次へ」をクリック
  • アンケートに回答しないなら「スキップ」をクリック

 

Shopity:アンケート回答

 

  • 「氏名」「住所」「電話番号」「ウェブサイト」を入力(①)
  • 「ストアに入る」をクリック(②)

 

Shopify登録:ストアの住所を設定

 

\ 14日間「無料」で使える!/

 

Shopifyの「利用プラン」を選ぶ

 

利用プランを選択しても、無料体験中の「14日間は費用が発生しない」ので、最初に登録しておきましょう。

 

ちなみに、14日間の無料体験中に解約すれば、使用料金が発生することもないので安心してください。

 

  • 「プランを選択する」をクリック

 

Shopify:プランを選択

 

  • 契約するプランの「プランを選択する」をクリック

 

Shopify:プランの選択

どの「プラン」を選べばいい?

  • 個人で扱うような「月商500万以下」のショップなら、一番左の「ベーシックプラン」で十分です
  • アップグレードは、いつでもできます

 

  • 請求サイクルを「30日」「1年」「2年」「3年」から選択(①)
  • 決済方法を「クレジットカード」「PayPal」から選択(②)

 

Shopify:請求サイクルと決済方法を選択

 

クレジットカードで決済する場合

 

  • 「クレジットカードを追加する」をクリック

 

Shopify:クレジットカードを追加する

 

  • 「カード情報」「住所」を入力(①)
  • 「確認」をクリック(②)

 

Shopify:クレジットカード情報を入力

 

「Paypal」で決済する場合

 

  • 「PayPal」をクリック
  • 「Paypalアカウント」を持っていれば手続き可能

 

Shopify:PayPalで決済

今後「Paypal」は必要なのか?

  • 「Paypal決済」は顧客の支払い方法の選択肢の1つ
  • クレジットカード情報を入力する必要がなく、顧客が安心して決済できる方法
  • 決済方法として導入するには「Paypalアカウント」が必要

 

選択したプランを開始する

 

無料トライアル中は「決済されない」ので、安心してください。

 

  • 「プランを開始する」をクリック

 

 

Shopify:プランを開始する

「無料トライアル中」

  • プランの請求が発生するのは「無料体験期間」が終了した翌日
  • 無料体験中に解約しても、料金は請求されません

 

\ 14日間「無料」で使える!/

 

必ず「セキュリティ設定」をしておく!

 

「ネットショップのデータ」や「顧客データ」が漏れると、とても大変な事態になるので「セキュリティ設定」は必ずしておきましょう!

 

  • 「予備のメール」を設定(①)
  • 「2段階認証」を設定(②)

 

この2つ設定方法を、解説していきます。

 

Shopify:予備のメール、2段階認証の設定

 

「予備のメール」を設定する方法

 

  • 「予備のメールを追加する」をクリック

 

Shopify:予備のメールを追加する

 

  • 「予備のメールアドレス」「パスワード」を入力(①)
  • 「予備のメールを追加する」をクリック(②)

 

Shopify:予備のメールを追加する

 

  • 「予備のメール」設定は、まだ終わっていません!

 

Shopfy:予備のメールアドレスを確認

 

  • 追加した「予備のメール」に、Shopifyからメールが届く
  • メールを開いて「メールを確認する」をクリック

 

Shopify:予備のメールを確認

 

「2段階認証」を有効にする方法

 

Shopifyの2段階認証には、以下の3つの方法が使えます。

 

  • 認証アプリ
  • SMS送信
  • セキュリティキー

 

今回は「SMS送信」を使った2段階認証のやり方をお伝えします。

 

  • 「2段階認証を有効にする」をクリック

 

Shopify:2段階認証を有効にする

 

  • アカウントの認証方法を選択して「次へ」をクリック
  • 今回は「SMS送信」を選択

 

Shopify:2段階認証をオンにする

 

  • 国コード「Japan+81」に変更し「電話番号」を入力(①)
  • 「確認コードを送信する」をクリック(②)

 

Shopify:SMS認証を有効にする

 

  • SMSで届いた「認証コード」を入力(①)
  • 「パスワード」を入力(②)
  • 「有効にする」をクリック(③)

 

Shopify:SNS認証コードを入力

 

  • さらに認証方法を追加することも可能
  • 「バックアップ方法を追加する」をクリック(①)

 

Shopify:2段階認証のバックアップ

 

\ 14日間「無料」で使える!/

 

セキュリティ設定が終わったら「ストア」を作っていきましょう♪

 

Shopify:ストア作成

 

プランを選択して、セキュリティ設定が終わったら、さっそく「自分のストア」を作っていきましょう。

 

初心者でも直感的に作業ができ、簡単にオンラインショップを自作できます。

 

  • 自作のオンラインショップ
  • 実店舗
  • SNS
  • ブログやホームページ
  • Amazon・楽天などのプラットフォーム

 

こんな感じで、Shopifyでストアを作りさえすれば、色々な場所で商品やサービスを販売できるんですよ!

 

もちろん、デジタルコンテンツのような「無形商品」を販売することもできます。

 

\ 14日間「無料」で使える!/

 

▼実際に販売している無形商品です

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =

Copyright© メデミ研究所 , 2020 All Rights Reserved.