【YouTube】ビジネスチャンス到来!稼ぐ前に知っておきたいYouTubeの特徴

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • YouTubeの出現により、各メディアの状況は大きく変わりました
  • 多くの人が複数の端末を持ち、YouTubeを楽しんでいます
  • 視聴者、クリエイター、広告主、の3者がYouTubeという、1つのシステムを形成しています
  • YouTubeはビジネスにも活用でき、大きなビジネスチャンスを生むこともあります

 

YouTubeの特徴

あなたは普段、

どれくらいテレビを見ていますか?

 

2005年に登場したYouTubeによって、

テレビの置かれている状況は、大きく変わってきています。

 

いわゆる「若者のテレビ離れ」というものです

 

18~49歳の成年層では、

  • 85%が、複数の端末を同時に使用(モバイル、タブレット、パソコンなど)
  • 65%が、テレビを見ながら別の端末でYouTubeを視聴

というデータがあります。

 

YouTubeがこれほどまでに広がり、

そして多くのユーザーに受け入れられているのは、

クリエイター(投稿者)と視聴者の間に、垣根がないからです

 

視聴者は、

いつでも、どこでも、どの端末でも、

見たいと思っている動画を見ることができ、

クリエイターと双方向のコミュニケーションが取れます。

 

そして、YouTubeには、

1分間に400時間以上の動画が投稿されています。

 

YouTubeは視聴者を

  • 楽しませたり
  • 悩みを解決したり
  • 情報を伝えたり
  • 感動を与えたり

しています。

 

ですから今では、

全世界での視聴者は10億人を超え、

毎月60億時間以上の動画が視聴されています。

 

つまり、

世界中のオンライン使用人口の約50%が、

YouTubeを視聴しているんです。

 

YouTube最大の特徴は、

  • 視聴者はアクティブに動画を見る
  • クリエイターとコミュニケーションを取れる
  • 同じような趣味趣向の人たちが集まって、コミュニティを作れる

ということです。

 

いわば、

動画版のSNSという側面も併せ持ちます。

 

YouTubeに関わる人たち

YouTubeに関わっている人たちは、

  • 視聴者
  • クリエイター(動画制作者)
  • 広告主(主に企業)

に分かれます。

 

この三者は、相互に関わり合いながら、

1つのシステムを形成しています。

 

自分の成功は、他の人々の成功にも繋がります。

 

それぞれの目的を理解することで、

YouTubeで成功するために、何をすればよいのか分かるはずです。

 

視聴者

多くの視聴者は、

  • 動画を楽しみたい
  • 有益な情報を知りたい
  • コミュニケーションを取りたい

などを求めて、YouTubeを訪れます。

 

このように、

視聴者は多彩な目的を持って訪れます

 

クリエイターや広告主は、

様々な目的で集まる視聴者へ訴えかけることになります。

 

クリエイター(動画制作者)

動画のクリエイターは、

YouTubeに動画を投稿することを通じて、

  • 自分自身を表現したり
  • アイデアを体現したり
  • 様々な情報を発信したり
  • 人々を楽しませたり

していきます。

 

そして、

視聴者の心を掴むことができれば、

あなたのチャンネルを通して、ビジネスを構築することができます

 

様々な手段でビジネスを構築できる可能性があります。

 

広告主(主に企業)

広告主となる企業は、

対象とする顧客層へアプローチする手段として、

YouTubeを活用します。

 

広告主は、特定のユーザー層を対象にして、

YouTubeの広告枠を購入しています。

 

企業にとってYouTubeは、

効率的で効果的な、広告方法になります

 

ビジネスにおけるYouTubeのメリット

テレビとは大きく異なり、

YouTubeでは視聴者が自発的に関わります。

 

見たい動画を自分で探し、

その動画を再生するのも停止するのも、

視聴者が自分で決めます

 

裏を返せば、

視聴者が求めているものを、

求めているタイミングで提供すればいいのです。

 

そうすれば、

クリエイターの動画に対する反応や

広告のクリック率を上げることができます。

 

一般的に視聴者は、

  • 知りたい
  • 見つけたい
  • 見たい
  • 買いたい
  • 楽しみたい

などの欲求が湧いてきて、

それを解消するためにYouTubeへ訪れます。

 

この瞬間、視聴者(消費者)の期待は、

最高潮に達しています。

 

このベストタイミングで、

クリエイターや広告主は、様々な提案をすればいいのです

 

まとめ

  • 10代~40代の成年層では、様々な端末でYouTubeを視聴している
  • YouTubeはクリエイターと視聴者の垣根がなく、双方向にコミュニケーションが取れる
  • 視聴者、クリエイター、広告主の3者が、相互に関わり合いを持っている
  • 自分の成功が、他の人々の成功にも繋がる
  • 視聴者が望むものを、望むタイミングで提案することができ、ビジネス活動にとても有意義である

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.