初心者から始める「YouTube」「ブログ」「メルマガ」の極意

⇒ 初心者でも稼げる『YouTube入門書』こちらから!!!

YouTube収益化の新条件を大歓迎!2018年から稼げる人とは?

2018/03/30
WRITER
 

▲毎月100名以上の方が手にしています▲

 

▲毎月100名以上の方が手にしています▲

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

  • 2018年2月20日より、YouTubeパートナプログラムへの参加条件が変更されした。
  • 新しい基準ではルールがより厳格化され、クリエイターやコミュニティ保護がさらに強化されます。
  • YouTubeで生計を立てているクリエイターは、過去最高を更新し続けています。
  • 一見稼ぐのは難しそうですが、より真っ当な動画が、稼ぎやすくなるでしょう!

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です。

 

今回のテーマは

これからどうなる!?2018年からのYouTube』について、話をしていきます。

 

 

2018年から、収益化に関して、新たに条件が加わりました。

ますますクリーンなYouTubeへと、変わっていくことが予想できます。

 

こういったルール変更により

恩恵を受ける人もいれば、被害を受ける人もいるでしょう・・・

 

 

これからのYouTubeは

オリジナリティがあって、視聴者の求めている動画が 正当に評価 されるようになります。

 

ぜひあなたの持っている 価値 を、どんどん動画に撮って発信していきましょう!

 

 

あなたの価値を発信していけば、必ず 付加価値 が出てきます。

そうすれば、YouTubeに頼らない稼ぎ方だって、できるようになりますよ!

 

最後まで読んでいただくと、明るい未来がイメージしやすくなります。

ぜひ今後の活動に、YouTubeを活用して下さいね!

 

 

▼『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

 

はじめに

この記事を読むと・・・

  • 2018年2月20日から適用された『YouTubeパートナープログラム』参加の新条件を理解できます
  • 厳しくなった新条件でも、稼げる方法が分かります
  • この新条件を歓迎する理由、これを知ることができます

新しい条件

  • チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者が1,000人以上

 

2018年からの新基準「得する人損する人」

 

何事でもルールが変われば

得する人損する人 が必ず出てきます。

 

これはYouTubeに限ったことではありません・・・

 

 

ルールがより厳格化されて、ハードルが高くなるほど、そこに参加している人は『2極分化』していき、

 

稼げるチャンネル

稼げないチャンネル

 

がより明確になっていきます。(グレーゾーンでは稼げなくなる

 

 

それでは、この新条件で「得する人損する人」とは?

 

  • 得する人:自分のアイデアで動画を作る人、コツコツ継続できる人
  • 損する人:他人ものをパクって動画を作る人、手っ取り早く楽して稼ぎたい人

 

 

そして見逃しがちな、今回の新条件の特徴ですが・・・

 

2月20日には、この条件がYouTubeの既存のチャンネルにも適用され、それまでの30日間は猶予期間となります。それ以降は、チャンネル登録者数 1,000人以上、総再生時間4,000時間以上という条件に満たないチャンネルは YouTubeで収益を得ることができなくなります。条件を満たしたチャンネルについては、厳しい基準に照らした審査が自動的に行われ、YouTubeのポリシーに準拠しているかどうかが確認されます。新しいチャンネルの場合は、条件を満たした時点で審査をお申し込みいただく必要があります。

(YouTube公式ブログより)

 

 

条件を満たしている既存のチャンネルも、改めて再審査が行われます。

 

グレーゾーンで稼いでいるチャンネルは、再審査の段階で、収益化が無効になるかもしれませんね

 

 

今まで、他人のふんどしで相撲を取っていた人たちは、即退場になるでしょう!

とおる

 

 

新基準の目的は

 

クリエイター

コミュニティ

 

をさらに保護することです。

 

アイデアとオリジナリティあふれる世界中のクリエイターが悪意のあるユーザーから被害を受けることなく YouTubeで活躍できるようにするため、YouTubeパートナープログラムを変更いたします。このたびの主な変更点は収益化の要件を厳格化することです。これにより、YouTubeをよりよいプラットフォームにするために貢献したクリエイターに報い続けるとともに、悪意のあるユーザーがスパムやなりすまし、その他の悪い行いをする人々によって YouTube のエコシステムに損害を与えたり、クリエイターに便乗したりすることができないようにします

(YouTube公式ブログより)

 

 

やっぱり稼げなくなるのか!?

 

もう一度、新条件をおさらしておくと・・・

 

  • チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者が1,000人以上

 

この条件を満たした時点で、審査が開始 されます。

(条件を満たしたらOKではありません)

 

 

 

 

この審査には、YouTubeのシステムだけでなく、目視によるチェック も入るはずです。

(目視:人の目によって直接チェックする)

 

なぜなら

YouTubeのトップである【スーザン・ウォジスキCEO】が、以下の取り組みを発表をしたからです。

 

ウォジスキ氏によると、6月以来、機械学習システムは従来の5倍以上人間のレビュアーをサポートしたという。機械学習のサポートを得て、15万本以上の動画を暴力的過激主義だとして削除した。現在では、暴力的過激主義だという報告の98%は機械学習によるもので、そうして報告され、実際に問題だと人間のレビュアーが判断した動画の70%は投稿から8時間以内に削除されている。

機械学習システムの強化を継続しつつ、最終的な判断をする人間のレビュアーも増やす。2018年中にレビュアーチームを1万人以上にする計画だ。ちなみに米Facebookは5月、年内に人間のレビュアーを7500人にすると発表した。

引用:YouTube、不適切動画チェック担当者を2018年に1万人以上に – ITmedia NEWS

 

 

今までは、コッソリと稼げていたような動画。

いわゆる、違反動画やグレーゾーンの動画は、一網打尽 にされるでしょう!

 

ですから

新条件の発動以降は、よりクリーンなチャンネルや動画が、稼ぎやすい環境になります

 

新規参入者も一気に減るでしょうから、そういった面でも、稼ぎやすい環境になっていくはずです。

 

 

新条件ってハードルが高いのか!?

 

新条件の数字だけを見ると、新しくなった条件のハードルは、かなり高そうに見えますが・・・

 

ここは一旦、冷静に分析してみましょう。

 

 

それではまず

 

  • チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上

 

 

そもそも

YouTubeから収益を受け取るには(厳密に言うとGoogleからですが)、収益額が 8,000円 に到達することが条件です。

 

8,000円に達するまでは、銀行口座への支払いがされません

 

 

では仮に「1再生=0.1円」として、机上の計算をしてみると・・・

8,000円の収益を得るには、80,000万回くらい再生される必要があります

 

再生時間が3分間だとすると

80,000回×3分=240,000分(4,000時間)

となります。

 

 

つまり・・・

 

収益を受け取ろうと思ったら、今までだって最低4,000時間の再生は必要だったということです

 

  • 8万回再生×1本
  • 1万回再生×8本
  • 1,000回再生×80本

 

どれも計算結果は一緒です。

あまり難しく考えなくても、大丈夫そうですね!笑

 

 

コツコツ継続すれば、わたしにもできそうね!

いずみ

 

 

そして次に

 

  • チャンネル登録者が1,000人以上

 

おそらくここで、多くの人が脱落していきそうな気がします・・・

 

色々なツールやサイトを利用すれば、簡単にチャンネル登録者は増やせます。

増やせるんですが、ちょっとリスクがあります。

(今後は人の目によるチェックが入るので)

 

もちろん

クリーンな方法でも、十分にチャンネル登録は増やせますから、どうぞ安心して下さい!笑

 

 

チャンネル登録を増やすには

 

  • 動画の内容
  • YouTubeの設定
  • 他の媒体を有効活用
  • 視聴者の心理を考慮

 

などが挙げられますが、これ以外にも色々な方法があります。

 

こういった手段をたくさん使うほど、チャンネル登録者を増やすスピードは増していきます。

 

 

▼チャンネル登録を増やす「4つの考え方」

 

 

しかも、チャンネル登録者が1,000人を超えると

 

ライブ配信による収益化(SuperChat)

 

もできるようになります。

(ぜひライブ配信も視野に入れたいですね!)

 

 

YouTubeには明るい未来しかない!

 

 

YouTubeの収益化条件は、年々厳しくなっているのですが・・・

収益を出しているチャンネルは、過去最高にまで増えています。

 

2017年は多くのクリエイターにとって厳しい年でもありました。いくつかの問題により、YouTube コミュニティや、YouTube パートナープログラムを通して支払われる広告収益に影響が及びました。それにもかかわらず、10万米ドル(約1100万円)以上の収益を上げるチャンネルの数は前年比で40%以上増加し、YouTubeで生計を立てているクリエイターの数は過去最高となっています。YouTube では、クリエイターのエコシステムを保護し、クリエイターの皆様が安定した収入を得られるようにすることを重視しています。

(YouTube公式ブログより)

 

 

さらに今回の新条件で

 

  • 新規参入者が減少
  • 違反チャンネルの停止

 

などが予想され、ライバルは少なくなるはずです。

 

ということは・・・

報酬単価 が今より高くなるかもしれません・・・

(希望的観測ではありますが)

 

 

いずれにしても

より真っ当な動画 が、脚光を浴びる年になるでしょう。

(いや、なるはずです!)

 

あなたの アイデア 次第で、これから無限の可能性が広がり、誰でも稼げる 時代になります

 

 

もちろん、YouTubeで稼ぐ方法は、広告収入だけじゃないですし・・・

しかも、動画って スマホ で撮れるんですから!笑

 

 

こんな方法も、おススメ!

  • コレを使えば、あなたのiPhoneが、一瞬にして360°カメラに変わります
  • アイデアの可能性だって、とてつもなく広がるでしょう!
  • 見てもらいたい人に、想像以上のインパクトを与えることが可能です
  • ライバルより、一足先に始めてみませんか?

⇒ Insta360°【公式ページ】を見てみる

 

 

▼初心者が稼ぐには、やっぱりこの方法!?

 

 

今回のまとめ

 

それでは最後に

もう一度、新条件のおさらいをしておきましょう。

 

YouTubeパートナープログラム参加への新条件】

 

  • 過去12ヶ月間の再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者が1,000人以上

 

この条件を満たした時点で 審査 が始まります。

条件を満たせばOK、というわけではありません。

 

 

2018年からのYouTubeは

ますますクリーンなものへと変わっていき、より正常化されていくでしょう。

 

これからは

視聴者や広告主にとって、より価値のある動画だけが、正当に評価されて生き残っていきます

 

今までのように【小手先のテクニック】や【裏ワザ】では、もう稼げなくなります。

 

より 価値の提供 が重要になってきますね!

(ブログと同様の傾向になっていくでしょう)

 

 

手っ取り早く稼ぐことは、難しくなるかもしれません。

しかし、その分ライバルは減るので、稼ぎやすい環境になるでしょう!

 

結局のところ

オリジナリティがある動画をコツコツと継続して作っていける人ほど、多くの利益を享受できるようになります。

 

 

⇒ こんな感じで、初心者でもステップを順に踏めば、早く成果を出すことができますよ!

 

それでは今回は、以上になります。

お疲れ様でした!!!

 

 

『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

詳しくは画像をクリック↓↓↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2018 All Rights Reserved.