2017/10/18

【YouTube】簡単ステップ!動画にカードを設定する方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • カードの設定は簡単に行えます
  • カードの種類を選択して、タイミングを設定します
  • 間隔を詰め過ぎると、視聴の邪魔になるので注意して下さい

 

 

カードの設定方法

カードの設定

  • チャンネルアイコンから「クリエイターツール」をクリック
  • 動画の管理から「動画」をクリック
  • カードを設定した動画から「▼カード」を選択

 

  • 「カードを追加」をクリック
  • カードの種類を選んで「作成」をクリック
  • 表示させるタイミングを調整

 

 

カードの削除

  • 削除したいカードの「鉛筆マーク」をクリック

 

  • 「ゴミ箱」マークをクリックして削除

 

動画または再生リスト

  • 「アップロード済み」または「再生リスト」を選択
  • 「表示されている画像」もしくは「URL」を入力
  • 「カードを作成」をクリック

 

チャンネル

  • 表示させたいチャンネルの「URL」を入力
  • カスタムメッセージを入力
  • ティーザーのテキストを入力
  • 「カードを作成」をクリック

 

アンケート

  • アンケートの「質問」を入力
  • 選択肢のテキストを入力
  • 選択肢を追加する場合は、「選択肢を追加」をクリック
  • 「カードを作成」をクリック

 

リンク

  • 関連Webサイトの「URL」を入力
  • 「次へ」をクリックしてメッセージなどの入力へ

 

設定時の注意点

YouTubeのカード機能は、

大変便利であり、設定もすごく簡単です。

 

ただし、

注意するポイントもありますので、最後に紹介しておきます。

 

動画の中で表示位置を示さない

カードは、パソコンとスマホの両方で表示されます。

 

しかし端末によって、

カードが表示される位置やサイズは微妙に変化します。

 

ですから動画の中で

カードの位置を厳密に指し示すことは、避けましょう

 

適切なタイミングで

最大5枚までカードを表示できますが、

例えば15秒間に3枚も立て続けに表示させると、視聴者の印象は悪くなります。

 

適切なカードを、適切なタイミングで設定しましょう

 

行動を促すコピーを入れる

リンクカードを使う場合は、

視聴者にリンク先へ行ってもらうことが目的です。

 

リンクカードがクリックされるように、

行動を起こさせるための一言を入れます

 

例えば、

  • 「無料プレゼントはコチラ」
  • 「資料のダウンロードはコチラ」
  • 「メルマガ登録して下さい!」

などのメッセージを入れてみましょう。

 

終了画面と重ならないように

終了画面が表示されているときは、

カードティーザー(メッセージボックス)が表示されません

 

カードと終了画面の両方を使用する場合は、

表示するタイミングをよく検討しましょう。

 

 

まとめ

  • カードの間隔は詰め過ぎない
  • 動画の中でカードの位置は指し示さない
  • リンクカードを使う場合は、行動を促すコピーを入れる
  • 終了画面と重ならないように設定する

 

動画を見ながら作業を進めたい方は、

こちらの動画をご参照ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.