無料メルマガ登録
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

   

YouTubeで魅力的なブランディングを築くための3つの要素

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

 ▼公式YouTubeチャンネル▼ 

今なら!全ての動画を視聴して頂けます!!(ぜひ「チャンネル登録」お願いします)

 

ふうっ…ようやくチャンネルが作れたわ。

これから動画をどんどん投稿すればいいのよね?

IZUMI

その前に、IZUMIちゃんのチャンネルをカスタマイズしなきゃ。

これをしておかないと、ラーメンがない中華料理屋・・・いや、カルビのない焼肉屋になるから!(エッヘン)

TOORU

TOORUくん、チャンネルのカスタマイズって???

具体的に何をすればいいの???

IZUMI

(チッ、無視かよ…)

チャンネルのデザインをしたり、見た目を整えたりすることだよ。

TOORU

なるほどねっ!!

見た目が可愛くて、オシャレなチャンネルにしなきゃ!笑

IZUMI

見た目も大事なんだけど、

見てくれる人に分かりやすい設定にすることも大切なんだよね!

TOORU

そういう難しいことはTOORUくんの出番ね!

頼り甲斐があって素敵だわ~!!(TOORUくん単純だし 笑)

IZUMI

えへっ!やっぱり~(デレデレ)

じゃあまずは、ブランディングについておさらいしておこう!

TOORU

 

  • ブランディングとは何か?その本質を理解する
  • ブランディングすることで得られるメリットを知る
  • YouTubeでブランディングを構築するために必要なことを学ぶ

 

 

まずはブランディングを理解する

ビジネスをしてく中で、あなたも「ブランディング」「ブランド」という言葉をよく聞くんじゃないかと思います。

 

でも説明しろって言われると・・・・・・(チーン)

 

YouTubeのチャンネルを運営していくうえでも、ブランディングはとても重要なポイントとなります。

チャンネルのデザインや設定は、ブランディングの一環でもあります。チャンネルの詳細設定やデザインを説明する前に、まずはブランディングについて簡単におさらいをしておきましょう。

 

ブランディングの本質を考える

ブランディングとは簡単にいうと「顧客に共通のイメージをもってもらう」ことで、「ライバルと区別」してもらうために行います。

 

例)マクドナルド ⇒ 低価格なハンバーガー

  シャネルのバッグ ⇒ 高級なバッグ

  先生 ⇒ 権威がある

 

というように「イメージ戦略」とも言えます。

 

 

では、なぜブランディングを必要とするのでしょうか?

本質的な部分を少し考えてみましょう。

 

情報化社会において、世の中には情報(嘘も真実も)が氾濫しているので、人々は何を信じればよいのか迷う時代になってしまいました。

そのため、自己責任で決断することに、ますます恐怖を感じるようになっています。こう感じる人が多く存在するということです。

多かれ少なかれ、私もあなたも、自己責任で決断することが怖いと、感じることもあるのではないでしょうか?

 

何を信じてよいのか分からない」「自己責任で決断・行動できない

 

こういった状態にある人たちは、誰かに頼りたくなります。特に悩みを解決してくれる人に、道しるべを望むようになります。

悩みを解決し続ければ、やがてカリスマと崇めたたえるようになり、熱狂的なファンへとなっていきます。

 

 

見込み客の悩みを解決しながら、しっかりとブランディングを構築できれば、優良な顧客が集まるようになります。

しっかりとしたブランディングがあれば、自分では解決できない悩みを抱えた見込み客たちは、あなたの商品やサービスをこぞって購入するようになります。

そしてあなたは、見込み客たちの悩みを解決して、良い方向へと導いていくことができます。

 

ブランディングには三つの要素があります。

  • 主観的:個人の感覚やイメージ(数字やデータなどで示すものではない)
  • 限定的:共感する人もいれば、共感しない人もいる(全ての人に好まれるわけではない)
  • 盲目的:信じやすくなる(商品を買いやすくなる)

 

ブランディングを手に入れると

あなたが、強固なブランディングを手に入れれば、

  • ライバルと比較されなくなる
  • 簡単に売れるようになる
  • ビジネスが安定する
  • 逆風のときに応援してもらえる
  • お客様の(決断するという)ストレスを軽減できる

などの恩恵があります。

逆に、

  • 悪い意味で裏切ったとき
  • 自分自身が進化および成長したとき

こういったとき、今までのブランディングは崩壊していきます。

 

あなた自身が進化や成長したときには、新たなブランド戦略を立てる必要があります。

お客様を裏切ったとき、同じブランディングでの再起は難しくなります。

 

 

あなたのブランディングが強くなればなるほど、売り込みも販売戦略も必要なくなり、お客様から欲しいと言われるようになります。

そのため流行に左右されることもなくなり、あなたのビジネスは安定していきます。

熱狂的な顧客は、あなたが逆風のときにこそ、あなたを信じて応援してくれるでしょう。

 

ブランディングを構築するために

ブランディングは次の3つが合わさったときに、効果が発揮されます。

  • 機能的価値(商品やサービスの性能)
  • 感情的価値(商品やサービスがどれだけ好きか)
  • 周囲からのイメージ

すなわち、機能的と感情的価値を高めるために、商品やサービスをより良いものにしていくことが大切です。

 

お客様の想像を超えるモノを提供できれば、自ずと価値は高まります。

 

 

そして、あなた自身を周りに「どう見せていくか?」「どう見られたいか?」を意識して活動することが重要です。

いくら商品やサービスが最高のものであっても、あなたが胡散臭いイメージをもたれていたら、もちろん売れません。

 

世の中の人は、あなたの存在も商品やサービスも、全く知らないと思って下さい。最初は誰も気付いていないのです。

まずは発信をして、あなたの存在、あなたの商品やサービスに気付いてもらう(認知してもらう)ことが重要です。

そのためには「発信力」が絶対に必要です。ブログやホームページ、SNSによる情報発信だけでなく、YouTubeによる発信力が必要不可欠になってきています。

(参考)集客方法にYouTube動画を取り入れるべき「10個のメリット」

 

長期的と短期的な視点をもつ

  長期的視点 短期的視点
方法 自分自身(数年~数十年単位) 他者の紹介による
メリット 強固なブランディングが構築 即効でブランディングが構築
デメリット 途中であきらめてしまう 実力がないと逆にマイナスとなる

(どちらを選択するか?)

いずれは他者から紹介されるように、まずはコツコツ自分自身でブランディングしていく(長期的+短期的)。

 

YouTubeで魅力的なブランディングを築くために

まずは、視聴者からイメージしてもらいたい、あなたが自身を表現する「キーワード(単語)」を、5~10個書き出して下さい。

例)ミステリアス、おしゃれ、明るい、●●専門家、◆◆が得意、職業、趣味、… etc

 

それが出来たら、コンセプトに合わせたチャンネルのデザイン、そして効果的なブランディングを行っていきます。

チャンネルはあなた自身の店舗と同じです魅力的で視聴者に分かりやすくデザインすることが大切です。

 

 

コンテンツに焦点を当てる

あなたの投稿する動画(コンテンツ)は、チャンネルのブランディングに合ったものでなければなりません。

例)健康や予防を広めるチャンネルなのに、大食いの動画を投稿する

例)働く女性を支援するチャンネルなのに、男性の出演者が多い

 

視聴者はあなたのチャンネルや動画に期待をしています。楽しみにしています。

それを裏切らないように、あなたが作るコンテンツに全力を注いでください。

 

視聴者が親しみやすくする

チャンネルのブランディングは、論理的に説明することができ、そしてシンプルなものが良いです。

直感的に判断する人もいれば、論理的に理解する人もいるので、どんな視聴者にも分かるようなブランディングが必要です。

そしてブランディングには一貫性を持つようにして下さい。コロコロ変わるものであれば、そもそも視聴者は信用してくれません。

チャンネル名、チャンネルの外観、チャンネルの紹介動画など、すべての動画や設定をブランディングに沿ったものにして下さい。

あなた独自のロゴやマークを使うことで、親しみやすさを持ってもらうことができます。

 

動画やチャンネルを見つけやすくする

ブランディングすることで、あなたのチャンネルや動画をさらに視聴者から見つけやすくします。

タイトルにチャンネル名を入れたり、説明文に店舗名や住所を記載したり、ブランディングの鍵となる単語(キーワード)をタグに設定したり、全ての動画に決まった単語や定型文を入力することも大切です。

ソーシャルメディア(SNS)でシェアしたり、ブログ・ホームページに動画を埋め込むことで、あなたのチャンネルや動画は見込み客から発見されやすくなります。

 

 

まとめ

  • 情報化社会が進む中で、世の中の人は情報に溺れ迷っている
  • 自己責任で決められない人ほど、決断を促してくれる人や物を望んでいる
  • ブランディングが強固になるほど、商品やサービスは売れやすくなる
  • ブランディングを確立するためには、発信力が鍵となる
  • 長期的および短期的な視点に立って、日々ブランディングを磨いていく
  • YouTubeのチャンネルや動画は、ブランディングに合ったデザインや内容にする
  • チャンネルは店舗と同じ、魅力的で視聴者に分かりやすいものにする

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

comments

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.