メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」「メルマガ」による情報発信、マーケティングを日々研究するブログです

アクセスが爆発するYouTube動画の作り方

【初心者向け】読まれる「メルマガの書き方」を公開します!作り方のコツはたった1つ

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています!メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • 読まれるメルマガの基本は「短く端的に!」です。
  • 初心者ほど、結論を先に書きましょう。
  • メルマガでお願いをするときは「最後」にします。
  • 一通一通のメールで【目的】を明確にするといいです。

 

今回のテーマは『読まれるメルマガの書き方(作成のコツ)』について!

TOORU

どうも!

あなたの価値をお金に変えるアドバイザー、服部です(@bpt_tooru)。

 

わたしは、このブログを立ち上げたのとほぼ同時に、メルマガもスタートさせました。

メルマガ歴も「2年半以上」になります♪

 

こんな感じで配信してます↓↓↓

 

わたしも愛用しているメール配信スタンドが【マイスピー(MyASP)】です。

 

>>>   参考【失敗談あり】マイスピー(MyASP)をレビュー!2年以上使ってる感想も【ただ今も利用中】

 

 

最初から独学で実践していたので、メルマガの書き方だけでも「右往左往」していいました。

(懐かしい記憶です)

 

当時は、登録者も月に1名か2名くらい。

もちろん、メルマガ配信スタンドも【無料】のサービスを使っていました。

 

開封率の測定」や「クリック率の測定」なんてことは、まったく知らない。

それどころか、メルマガの内容すら「自由気まま」なことを書いていました。

 

 

そんな状態でメルマガを配信していると、やがて訪れるのは・・・

 

メルマガ解除の嵐!

 

そこからです。

データを測定しながら、文章の内容にも気をつけるようになったのは。

 

 

今回の記事は『メルマガを始めたいけど、何を書いていいかわからない』って思っている人(とくに初心者)に、ぜひ読んでもらいたいです♪

 

読まれる文章の書き方を覚えるだけで、メルマガの開封率も上がり、解除率も下がりますから、一石二鳥です!

 

 

▼「収益化できる動画が作れるメール講座」はこちら

 

最後まで「読まれる」メルマガを書こう!

 

メルマガを配信するなら「最後まで読まれる」ことを意識して、メルマガを書きましょう。

 

それは、なぜか?

 

メルマガの最後で「お願いごと」をするからです

 

 

  • この商品いかがですか?
  • このサービス受けてみませんか?
  • セミナーへ参加してみませんか?
  • アンケートに協力していただけますか?
  • 次回のメルマガも読んでください!
  • 不要であれば配信を解除してください!

 

ザッと挙げてみましたが、メルマガの内容とは別で「お願い」をするときは、最後に行います

(文中で紹介するテクニックもありますが「中級者」以上向けです)

 

 

では、最後まで読まれるために「初心者でもできる」ことって、なんでしょう?

 

それは【内容を短くする】ことです。

 

 

 

そもそもメルマガの読者は、少なからず「あなた」に興味もった状態で、登録してきてくれます。

 

  • 文章があまり上手くなくても
  • 文字数がちょっと少なくても

 

基本的に読者は「好意的」に読んでくれます(いきなり「売り込み」をしなければ・・・)。

 

ですから、あなたの伝えたいことを「真っ先」に書いてください

 

インターネットの世界で、起承転結を使って表現することは『悪』でしかありません。

結論を伝え続けることを意識して、メルマガを書くといいですよ!

 

 

一番伝えたい結論 → 二番目に伝えたい結論 → 三番目に伝えたい結論・・・

 

こんな感じの書き方をすれば、無駄がなくなり「コンパクトに短く」なります。

 

短くまとまったメルマガは、最後まで読んでもらえる可能性が高くなりますよ♪

 

 

書き方のコツを覚えて短く端的に

 

BEAFの法則、PREP法、SUCCESsの法則・・・

これらは、メルマガの書き方を調べると、必ず出てくるようなライティングテクニックです。

 

参考にする程度ならいいですが、残念ながら、これらを真似しても読まれるメルマガにはなりません

 

それは、他のメルマガも使ってる書き方だから・・・

 

 

先ほども話しましたが、最後まで読まれるメルマガを書くコツは、伝えたいこと(結論)をいきなり書くことです

 

動画を使ったら、Twitterの反応が10倍になりました。

その方法を伝えます!

わたしは、Twitterを運用して3年が経つんですが、なかなかフォロワーも増えず・・・(以下省略)

 

どちらが続きを読みたくなりますか?

もちろん前者ですよね!

 

まず最初に、バシッと結論を伝えます。

そこから、具体的な内容を伝えながら、自分の経験談や実績を盛り込んでいきましょう

 

あなただけの経験談や実績は、説得力を高める一番の特効薬です!

 

 

ときどき、やたら長いメルマガに遭遇することがあります。

長いメルマガでも「スラスラ最後まで読める」ものだって、当然あります。

 

もちろん長い文章の方が、伝えたいことをたくさん伝えれますし、濃い内容を届けることもできます。

ただし、これは「上級者」だから成せる技なんです。

 

 

初心者のときに、頑張って長い文章を書いても「ダラダラ無駄に長い」だけの、嫌われメルマガにってしまいます

 

そんなメルマガは、最後まで読まれませんし、最悪の場合は迷惑メールボックス行きです。

(迷惑メールになるより、解除されたほうが100倍いいんです)

 

解除されたほうが100倍いい理由

  • 迷惑メール振り分けられると、メルマガを配信するドメインの評価が下がる
  • 評価の低いドメインからのメールは、直で迷惑メールに行きになりやすい

 

 

初心者がメルマガを書くときは、3分くらいで読める長さにするといいです。

 

500~1,000字を目安にするといいですよ!

 

これくらいの文字数だと、伝えたいことは1つか2つになるはずです。

わたしのメルマガは、だいたい1,000字前後(伝えたいことは1つ)、長くても2,000字以内です。

 

あとは、余白にもこだわるようにしています。

 

1つの段落は「50字以内」にして、段落ごとに余白を入れています。

もちろんこれは、スマホでメルマガを読む人を意識しているからです

 

 

ブログや動画と連動させる

 

時代はもう「メディアミックス」ですから、情報発信にも複数の媒体を使うのが当たり前になりました。

 

もちろん、メルマガだって大事な媒体ですから、メルマガだけを独立させるのではなく、ブログやYouTube、SNSなどとも連動させましょう

 

 

メルマガ内でも「ブログの記事」や「YouTubeの動画」を紹介したり、SNSのフォローをお願いしてみましょう

 

メルマガを読んでくれる読者は、あなたの発信する情報に興味津々ですから、一定のアクセスは見込めますよ♪

ウザったくならない程度に、読者を誘導しちゃいましょう!

 

 

ちなみに余談ですが、動画を活用したら「Twitterのエンゲージメント」が跳ね上がりました♪

興味があれば、この記事も読んでみてください。

 

 

メルマガの「目的」を決めておく

 

読まれるメルマガを書くにあたって、大切なポイントがもう1つあります。

 

それは、メルマガの「目的」を明確にしておくことです。

 

  • ブランディングのため
  • セールスをするため
  • 読者と関係性を構築するため

 

この他にも、目的はいろいろあると思いますが、目的の定まっていない文章ほど、ダラダラ感が出てしまいます。

 

もちろん、伝えたいことだってボヤけてしまいますから、最後まで読まれなくなります。

(無駄に長い文章は「嫌われ者」)

 

最後まで読まれないと、あなたの「お願い」は、読者の目に入ることすらないでしょうね・・・

 

 

こういう「目的のないメルマガ」は

 

  • あなたにとっても
  • 読者にとっても

 

貴重な時間を無駄にするだけですから、まずは「メルマガの目的」をしっかり決めましょう!

 

 

無料オファーで読者を増やさない

 

ここからは、後々になって関係することなので、サラッと読む程度でも大丈夫です。

 

メルマガに登録したら「●●を無料でプレゼント」

 

無料の特典をつけて、メルマガに登録してもらうことを「無料オファー」というんですが、わたしの経験上、長期的に見るとあまり効果的な方法ではありません

 

 

無料オファーをすると、特典が欲しいからメルマガ登録をする、という人が少なからず含まれます。

(プレゼント目的の登録)

 

そいういう人は「無料の特典」が目的なので、その後はメルマガを読んでくれません。

 

メルマガ解除をしてくれるなら良心的なんですが、迷惑メール入れる人もいます。

(迷惑メール行きは、最悪でしたよね)

 

もちろん、メルマガの開封率も下がりますから、配信者にとっては何一ついいことはありません

 

 

わたしも初心者の頃は「無料オファー」で登録者を集めましたが、開封率とかひどかったです。

(ほとんど読まれない・・・)

 

読者のためになる「質の高い」情報を発信していれば、無料オファーをしなくても、普通にメルマガに登録してくれます。

 

無料の特典を作る暇があるなら、コンテンツ(記事や動画)作りに時間をかけたほうが絶対いいですよ!

 

 

メルマガを運営するときに大切なのが「メール配信スタンド」選びです。

おすすめの配信スタンドを紹介しますので、用途にあわせて選ぶといいですよ!

 

【個人向け】

 

【法人向け】

 

>>>(参考)メルマガのルールを知ってますか?「法律を遵守」しないと罪になります

こちらも、ぜひ参考にしてください。

 

メルマガ配信スタンドを使えば、セキュリティ対策も万全です♪

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています!メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − nine =

Copyright© メデミ研究所 , 2019 All Rights Reserved.