初心者から始める「YouTube」「ブログ」「メルマガ」の極意

⇒ 初心者でも稼げる『YouTube入門書』こちらから!!!

ジブリ誕生のきっかけは高畑勲の一言!?宮崎駿のナウシカは30点⇒大ゲンカ!

WRITER
 

▲毎月100名以上の方が手にしています▲

 

▲毎月100名以上の方が手にしています▲

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

  • 高畑勲さんは、日本のアニメを、世界に広めた功労者の一人です。
  • スタジオジブリが生まれたこと、宮崎駿さんへ与えた影響。
  • 日本アニメ界への、直接的、間接的な貢献は計り知れません。

TOORU

いっそのこと、スタジオを作ってしまいませんか

 

高畑勲さんの発した一言。

この一言が、スタジオジブリ誕生の『きっかけ』となりました。

 

 

 

  • スタジオジブリ誕生のきっかけ
  • 宮崎駿さんの高畑勲さんへの愛情

 

意外と知られていない部分を、今回は紹介したいと思います!

 

 

▼『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

 

スタジオジブリ設立のきっかけは『ナウシカ』!?

 

スタジオジブリが設立されたのは、1985年

 

そして、宮崎駿監督の代表作でもある

風の谷のナウシカ(宮崎駿原作・監督)』が劇場公開されたのは、1984年です。

 

劇場版ナウシカの

プロデューサーをしていたのが、高畑勲 さんです。

 

映画制作を担当していたのが、トップクラフト(後に解散)でした。

 

 

 

ご存知のとおり、

『風の谷のナウシカ』は興業的にも、大成功を収めます

(興行収入:14.8億円)

 

 

  • ジブリのブランド
  • メディア戦略

 

今のジブリが作ったら、100億円以上の興行収入は、間違いないでしょう!

 

 

宮崎駿さんは、

ナウシカの成功で得た資金を、有意義に遣いたいと考えました。

 

そこで、高畑監督による映画制作を提案したのです

(ここからジブリの歴史が・・・)

 

 

スタジオジブリを生んだ「高畑勲」の一言

 

プロデューサーとしては、敏腕だった高畑勲さんですが・・・。

 

監督という立場になると、

なかなか『資金管理』には、甘かったそうです。笑

 

もちろん想像のとおり、予想以上の製作費がかかることになります

 

当時、宮崎駿さんは、

自宅を抵当に入れてまで、製作費を調達したそうです。

 

 

この膨大な製作費を、

一気にまとめて回収するため、宮崎駿さんは、長編アニメ映画を作ることになります

 

それが後の

天空の城ラピュタ』です!

 

 

 

このとき、

ナウシカを制作した、トップクラフトはすでに解散していました。

 

宮崎駿さんと鈴木敏夫さんは、制作会社を奔走することになります。

 

 

そんなときに、高畑勲さんの一言。

 

いっそのこと、スタジオを作ってしまいませんか

 

 

これがきっかけで、スタジオジブリが誕生します。

(徳間書店が設立)

 

 

高畑勲さんもスタジオジブリへ誘われましたが、

 

作り手は、経営の責任を背負うべきではない

 

という理由で、役員にはつきませんでした。

(ジブリには参加)

 

 

30点!?『風の谷のナウシカ』に対する高畑勲さんの評価

 

ジブリ作品ではないですが、

いまだに多くのファンが支持している『風の谷のナウシカ』。

 

この作品に対する高畑勲さんの評価が、宮崎駿監督を激怒させます

 

 

  • 『プロデューサーとしては、万々歳』
  • 『だけど・・・、友人としては30点』

 

これを知った宮崎駿監督が、

大激怒したことは、もう想像の通りです。笑

 

この高畑勲さんのコメントが載った分厚い本を、鈴木敏夫さんの目の前で引きちぎったとか!

(天才は馬力も違う!?)

 

 

 

しかし、宮崎駿さんは、

高畑勲さんに対して、とても深い愛情と尊敬があります

 

  • 『鈴木さんさ、パクさん(高畑監督)の元から、いろんな人が去っていったでしょう。残ったのは、俺一人だよね』
  • 『ぼくの見る夢は、いつもひとつしかない。パクさんが出てくるんだ』

 

嬉しそうに、そして自慢げに、こう語っていたそうです。

(宮崎駿監督の片思い!?)

 

 

ナウシカ続編を作りたくてしょうがない!?庵野秀明監督!

 

実は、ナウシカ制作のとき、

スタッフとして参加していたのが・・・。

 

のちに『エヴァンゲリオン』を手掛ける 庵野秀明 さんです。

 

 

 

  • 成長する巨神兵にクロトワが話しかけるシーン
  • ラストの、腐った巨神兵がドロドロと動き、口からレーザーを吐くシーン

 

このシーンの原画を、庵野さんが担当していました。

 

このとき、ちょっとした未練が残っているそうで・・・。

この未練が『エヴァンゲリオン』へと、繋がったのかも!?

 

 

庵野秀明監督は、

常日頃から『ナウシカの続編』をやらせろと、宮崎駿監督に迫っていたみたいです。

(まだ、それは叶っていない)

 

 

猛反対していた宮崎監督も

庵野がやるなら『好きにしろよ』って言ったみたい!

(Goサインは出ています!)

 

庵野秀明監督には、ぜひ頑張ってもらいたいな!!!笑

 

庵野監督は原作第7巻を絶賛!

 

 

高畑勲さんのアニメ界への功績

 

高畑勲さんは、じつは

アニメーターではなく、プロデューサー、もしくは監督という立場でした

(自身はラフコンテを描く)

(それをアニメーターが清書)

 

宮崎駿さんのように、自らが作画をしていたわけではありません。

 

それでも、

多くのアニメーターたちに影響を与えました。

 

東映時代の後輩、宮崎駿監督へ

思想的な面や、演出面で与えた影響は、とても大きいようです

 

 

 

いっそのこと、スタジオを作ってしまいませんか

 

まさに、

スタジオジブリの『生みの親』といってもいいでしょう!

 

 

『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

詳しくは画像をクリック↓↓↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2018 All Rights Reserved.