YouTubeとブログを掛け合わせて発信中♪

ブログを「やめたい」と思ったとき読んでほしい本が見つかった!ヨスさんの『ブログ術大全』だぞ

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • ブログをやめたいと思ったとき『ブログ術大全』を読んでみてください。
  • ブログを「続けられるコツ」や「成果につながるコツ」が満載です。
  • 読みやすい文章を書く「テクニック」や「ノウハウ」も網羅されています。

今回のテーマは『ブログをやめたいときに読んでもらいたい『ブログ術大全』の書評と感想』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

先日、わたしが尊敬しているプロブロガー「ヨスさん」の新しい書籍『ブログ術大全』が出版され、日本実業出版社さんから献本としていただきました

 

そこで今回は、書評ということで「読んでみた感想も含めて」お伝えします。

 

ちなみに、わたしのブログ歴はこんな感じです。

わたしのブログ歴(2020.10現在)

  • ブログ歴:3年半(2017.4~)
  • PV数:月間10万pvをウロウロ
  • ブログ収益:平均20万くらい

 

本が届いた日に「嬉しさのあまり」ツイートしました♪

 

本を読んでみて、率直な感想としてはこんな感じ。

ブログをやめたい」と思ってたあの頃に、この本を読んでたら「いまの10倍」は稼げてただろうなあ www

 

ブログ書いてると、悩むことってマジで多いと思います。

 

  • ブログが伸びない
  • ブログを書く時間がない
  • ブログのネタが見つからない

 

こんなふうに、もうホントに「ブログやめようかな」って悩んでるひとに、ぜひ読んでもらいたいです!

 

だって、読み終わったあとに「もう一度ブログやってみるか!」って思わせてくれるから♪

 

それではここから、一部引用などを使いながら、わたしが「本書を読んで感じたこと」や「日ごろから気をつけていること」を、順番に掘り下げていきますね。

 

 

ブログは「続かない」のが当たり前!

 

ブログを「やめたい」と思ってることは、恥ずかしいことでもなく「フツーのこと」なので、あまり深く考えなくてもいいと思うんです。

 

お金を払ってまではじめたブログですら、たった1日でやめてしまったのです!「忙しい」という「もっともらしい理由」によって……。

引用元:ブログ術大全

 

本題に入るまえ、ヨスさんの過去が「大暴露!?」されてるもんだから、読んでる顔がニヤニヤしてたらしい(嫁談)。

 

まあそれはともかく、プロブロガーと呼ばれるひとだって「挫折(ブログをやめた)」してるんだから、ブログなんて「続かなくて当たり前」だと思うんですよね

 

  • 続けられない自分はダメだ
  • 続けられないから稼げない

 

やっぱり、ブログを書いてるひとって「基本はマジメ」だから、こうやって自分を責めたりする傾向が強いんだと思います。

 

だから「やめる」んじゃなくて「休憩する」って思ったほうがよくて、たとえば「1~2週間休んだ」としても、素知らぬ顔してまた書き始めればいいんですよ(わたしもよく使う手)。

 

それでも「ブログをやめたい」って思うんなら、完全にやめちゃう前にこの本を一回読んでみてください

 

 

ブログが「伸びない」のは読む人のことを考えてないから

 

続けてはいるんだけど、ブログが伸びなくて「やめたい」と思っているなら、ちょっと思い留まったほうがいいです。

 

  • ブログの「アクセス」が伸びない
  • ブログの「売り上げ」が伸びない

 

こうなる原因って、ほとんどが「読者のことを無視してる」からで、それさえクリアできれば必然的に「伸びていく」から安心してください。

 

なにを隠そう、わたしも「読者のことをガン無視してたブロガー」でしたから・・・。

 

「誰かに読まれること」を意識すると文章が変わる。

引用元:ブログ術大全

 

つまりブログは「人に読まれる媒体」なのです。ブログは自由に書いていいのですが、「第三者に読まれる」ということを本質的に理解してください。

引用元:ブログ術大全

 

常日ごろから、ヨスさんは「読者のことを考えて」ということを主張されていて、この本でもそのスタンスは変わりません。

 

もちろん、本の中でも「読者に読んでもらえる」ためのテクニックやノウハウも、惜しみなく書かれています(目からウロコでした)。

 

  • ひらがなと漢字のバランス
  • スマホでの見たときの見やすさ
  • 読みやすい文章に最適な文字数
  • 見出しの正しい使いかた
  • キーワードの考えかた

 

これはほんの一部ですが、読者に読みやすくて、分かりやすい、そんなブログを書くためのテクニックが満載でした♪

 

ブログの読者は「スマホユーザー」だと思ってください

 

ちょっと話は逸れますが、ブログを書くとき「スマホでの見た目」をチェックしていますか?

 

9割の読者がスマートフォンから検索して、あなたのブログにたどりつく。スマホユーザーにとって読みやすいブログにしていこう。

引用元:ブログ術大全

 

本の中でも触れられていますが、ヨスさんのブログでは「80~90%の読者がスマホユーザー」だそうです。

 

ちなみに、わたしのブログでは「7割がスマホユーザー」でして、スマホ読者の比率は年々高くなっています。

 

ブログを書きながら「スマホでの見た目」をチェックしよう

 

わたしはブログを書くとき、スマホでの表示を常にチェックしていて、その方法はこんな感じです。

 

  • ブラウザを「Google Chrome」にする
  • 右上の「設定マーク」をクリック

 

 

  • 「その他のツール」にカーソルを置く(①)
  • 「デベロッパーツール」をクリック(②)

 

 

  • 「スマホサイズ」に切り替える(①)
  • 「個別機種サイズ」を指定することもできる(②)

 

 

こうやって「プレビュー」をしながら、ブログを書いているのが「わたしのスタイル」です。

 

この「スマホユーザーを徹底的に意識した書きかた」を始めてから、どんどんブログが伸びていったので、ぜひ真似してくださいね!

 

 

読みやすいブログを書き続けたら「売り上げ」は右肩上がり

 

ブログというのは、ただの「情報発信ツール」でしかありませんが、丁寧な発信を続けていくと「稼げるポイント」がいくつも発生してきます

 

これが、ブログをやってて「一番おもしろい」ことです♪

 

「ブログで稼ぐ」という言葉を、多くの人は「ブログだけで稼ぐこと」だと認識しています。でも、それは数ある「ブログで稼ぐ方法」の1つにすぎません

引用元:ブログ術大全

 

この本にある「この一文」こそ、ブログをやめたいと思っている人に、ぜひ覚えておいてもらいたいです。

 

  • アドセンス(広告)
  • アフィリエイト

 

ほとんどの人が、ブログで稼ぐ手段は「この2つ」だと思っているようです。

 

「ブログで稼ぐ(稼げる)」方法

  • アドセンス(広告)
  • アフィリエイト
  • 広告の掲載依頼
  • Webライターの依頼
  • コンサルティングの依頼
  • 自身の商品やサービスの販売

 

実際には、上記のように「稼げる手段」というのはいくらでもあり、アイデアによっては無限大です。

 

そして「読者のことを考えた記事」を書き続けていると、さまざまな依頼が来るようになります。

 

ちなみに、わたしも「Webライティング依頼」とか「コンサルティング依頼」は、ブログ経由でお話をいただいております(「売り込み」は一切してません)。

 

結局「一番大切なこと」を最後に・・・

 

結局のところ、ブログを続けていく上で「好きなこと」とか「くわしいこと」を書くのが、一番大切なことだと思います。

 

  • 「好きなこと」や「くわしいこと」を
  • 「自分の体験」や「自分の考え」を交えて伝える

 

自分の「経験」や「考え」というところがポイントです。

 

そして、ヨスさんはこの本のなかで、こう言っています。

 

「好きなこと」「くわしいこと」について熱く語れ!

引用元:ブログ術大全

 

それでもまだ「ブログをやめたい」と思ってるなら、やめてしまう前に『ブログ術大全』を一度読んでみてください。

 

やめるのは、それからでも遅くありませんから・・・。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − four =

Copyright© メデミ研究所 , 2020 All Rights Reserved.