モチベーションは上がらない!?ただの発火装置ですから・・・

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • どうしてもやる気が出ない時って、ありませんか?
  • モチベーションを上げる必要はありません
  • 大切なのはプロとしての意識を、いかに高めるかです

 

モチベーションは下がらない

「モチベーションが下がった」

「モチベーションが上がらない」

 

こんな表現を良く耳にしませんか?

 

あなたも人間ですから、日によってやる気満々だったり、

逆に全然やる気が出ない日も、当然あると思います。

 

体調によっても、気分によっても変わるでしょう。

 

  • 風邪を引いた
  • 夫婦喧嘩をした
  • 家族にトラブルがあった

 

なんてことがあったら、

誰だってやる気は下がるものです。

 

逆に

  • 楽しいこと
  • 嬉しいこと

こんなことが続けば、

やる気は上がっていくものです。

 

果たしてこれは、

モチベーションが関係しているのでしょうか?

 

「やる気の波」この正体を知れば、

より効率よく成果が出せるはずです。

 

やる気の正体とは

真面目な人ほど、やる気が下がっていると、

「モチベーションを上げなければ・・・」

 

こういう風に思って、無理に頑張ろうとします。

そして、精神的に疲れてしまいます。

 

では、あなたが思っている「やる気」とは、

モチベーションのことなのでしょうか?

 

一般的にモチベーションとは、「動機付け」のことです

 

動機付けとは、

行動を始めるために必要なものです。

 

ですから、

あなたが目標に向かって行動している時点で、

モチベーションはあるわけです。

 

そもそも、

モチベーションには高いとか低いとか、関係ないのです

 

やる気が上下動するのは、なぜなのでしょうか?

 

この波の正体は「テンション」です。

 

テンションが高いか、それとも低いかの問題です。

ただそれだけのことです・・・

 

テンションが低いときの対処法

それじゃあ

テンションが低かったら、どうすればいいのか?

 

「無理矢理にでもテンションを上げる!」

なんてことは、無駄なので絶対に止めましょう。

 

しかし、テンションが低い日であっても、

人と会ったり、大勢の前で話さなければならない、

そういったこともあるでしょう。

 

そんなときは、

無理にでもテンションを上げて下さいね。

 

こんな特別なことでもない限り、

テンションには逆らわず、テンションに合わせていくと良いです

 

テンションが低いときは、

  • あえて単純な作業をしたり
  • 早めに仕事を切り上げる

などの工夫をすればいいのです。

 

そして翌日に持ち越さないように、

一晩で切り替えることが大切です

 

プロ意識が高くなるほど、

テンションが低くても質の高い作業ができます。

 

大企業の社長だって、テンションの低い日はあります。

 

ただこういう人たちは、

高次元でテンションの波があるので、

平社員からすればいつもテンションが高いと感じるのです。

 

あなたもプロ意識を育てて、

より高い次元で毎日のテンションを楽しみましょう!

 

まとめ

  • 行動している時点で、モチベーションは発動している
  • やる気が出ないのは、心のテンションが低いから
  • テンションは無理に上げる必要もなく、テンションに合わせておけばよい
  • ポイントは翌日まで、引っ張らないこと
  • プロ意識が高まれば、テンションの波は高次元で推移するようになる

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

 

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.