初心者から始める「YouTube」「ブログ」「メルマガ」の極意

⇒ 初心者でも稼げる『YouTube入門書』こちらから!!!

霧島神宮は焼失して遷宮された!?薩摩藩主『島津吉貴』との関わりとは

WRITER
 

▲毎月100名以上の方が手にしています▲

 

▲毎月100名以上の方が手にしています▲

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

  • 鹿児島県霧島市にある『霧島神宮』。
  • この霧島神宮に大きな関わりがある、島津吉貴とはどういった人物だったのか!?
  • 第4代の薩摩藩主に迫ってみます!

TOORU

鹿児島県にある『霧島神宮』。

 

今から約1,500年前、

天孫降臨の地とされる【高千穂の峰】から、始まったと伝えられています。

 

現在の場所ある霧島神宮は、約300年前に遷宮されたものです。

 

 

 

▼『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

 

霧島神宮と薩摩藩主『島津吉貴』

 

太古より霧島神宮は、

度重なる噴火や、失火による火災に見舞われてきました。

 

現在の御社殿は、1715年に寄進され、重建したものです

 

 

この霧島神宮に寄進した人物が、

 

島津吉貴』(第4代薩摩藩藩主)です。

(島津斉彬は、11代藩主)

 

 

当時にしては長命で、73歳でその生涯を閉じます。

 

  • 徳川綱吉
  • 徳川家宣
  • 徳川家継
  • 徳川吉宗

 

島津吉貴は生涯を通じて、この4人の将軍に仕えました。

 

 

第4代藩主としての島津吉貴

 

吉貴が藩主の座に就いたのは、30歳のときです(1704年)。

 

その5年後に、琉球で大飢饉 が起こります。

(餓死者3,200人)

 

このとき、白銀2万両、米3,000石を救援しました

 

 

1711年に琉球では、失火により 首里城正殿 が焼失。

 

しかし再建に必要な、

木材の調達に苦心したため、薩摩藩に救援を要請しました。

 

救援要請に対して吉貴は、

19,500本の原木を寄贈したため、首里城正殿は再建することができたそうです

 

 

 

またこの時期には、

琉球を経由して伝来した『さつまいも(甘藷)』が、主要作物として普及しました。

 

それによって、餓死者は大幅に減ったとされています

 

 

仙巌園時代の島津吉貴

 

吉貴がまだ藩主になる前、

1702年には仙巌園内で、御数寄屋を開いて、茶会を開催しています。

数寄屋:茶席・勝手・水屋などが備わった別棟の茶室

 

 

1721年に隠居したのちは、

この仙巌園に住み、子の継豊を補佐したため、仙巌園が藩政の中核となりました

 

 

 

1736年には琉球を通じて、

中国から江南竹(孟宗竹)を取り寄せ、仙巌園に植えています。

 

 

関吉(現鹿児島市下田)から、仙巌園に至る

 

  • 吉野疎水
  • 仙巌園曲水庭園

 

これらも、

島津吉貴の時代に造られたと、考えられています。

 

 

そして、1747年、

仙巌園において、73歳の生涯に幕を下ろしました

 

 

後の11代藩主、島津斉彬は、

吉貴のことを、どのように伝え聞いていたのでしょうか?

 

 

 

NHK大河ドラマ『西郷どん』も、

この仙巌園にて、撮影がされていました!(第5話)

 

 

『稼げるYouTubeの始め方』プレゼント中!

詳しくは画像をクリック↓↓↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『あなたの価値をお金に変える』をコンセプトに、YouTube×ブログ×メルマガによるコンテンツビジネスをしています。YouTubeやコンテンツビジネスのコンサルティングも少人数制で行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2018 All Rights Reserved.