YouTubeとブログを掛け合わせて発信中♪

今すぐできる!ブログ記事のタイトル付け方10選【これで20万pvを達成できました】

トール
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

 

ポイント!

  • ブログ記事のタイトルって、なかなか上手く付けられないですよね。
  • 実際にアクセスが上がったタイトルの付け方を10個お伝えします。
  • タイトル付けが上手くなればクリック率も上がり、アクセスも伸びていきますよ。

 

今回のテーマは『ブログ記事のタイトルつけ方10選』について!

TOORU

どうもー!トールです(@tooru_medemi

ブログ歴は3年を過ぎ、今年に入って「月20万PV」を超えました。

 

じつはわたしも、ブログを始めてから1~2年は「記事のタイトル」について、とても悩んでました

 

  • ブログのタイトルが上手く付けられない
  • ブログの記事がまったく読まれない
  • タイトルのつけ方のコツを知りたい

 

それでも、今回紹介するテクニックを使ったら「クリック率」が高くなり、アクセスも順調に伸びるようになったんです。

 

 

ブログ記事のタイトルのつけ方には「基本となるコツ」がいくつかあって、それを実践すれば読者にクリックされ始めます。

 

もちろん、クリックされ始めると記事へのアクセスが増え、あなたの認知度もアップするし、Googleからも評価されるようになるんです。

 

  1. 基本の型を使ってタイトルを付ける
  2. 記事がクリックされ始め、アクセスが増える
  3. Googleから評価され、上位表示されやすくなる
  4. 応用の型も取り入れ、差別化してクリック率を高める
  5. 検索順位1~3位に入る記事が増え、アクセスが安定する

 

このように、ブログ記事のタイトルのつけ方が上手くなるだけで、好循環モードに突入していきますよ!

 

ということで今回は「基本になる型」と「応用になる型」を、10個にまとめて紹介します。

 

 

すぐにできる!ブログ記事のタイトルつけ方(初心者編)

 

まず、ブログ初心者でもすぐにできる「クリックされやすい」タイトルのつけ方があります。

 

  • 具体的な数字を入れる
  • 疑問形にする
  • 始め方・方法などを使う
  • 経験・体験談を入れる
  • 解決策をズバッと言う

 

この5つは、初心者がすぐにできる方法なので、具体例を挙げながら解説していきますね。

 

まず、目安として「100記事」くらいは、この基本的な型を使ってタイトルを付けてみましょう!

 

タイトルに「具体的な数字」を入れる

 

タイトルを見ただけで、記事の内容がより「具体的」に分かると、読者はクリックしやすくなります。

 

そして、具体的に記事の内容をあらわす方法として「数字」を入れると、より簡単に効果を発揮できるんです。

 

「数字」を入れる

  • ブログの書き方が上手くなる「7つ」のコツ
  • 収入が「200%」アップした副業のやり方
  • 失敗しない結婚生活が送れる「5か条」

 

こんな感じで、数字を入れるだけでも「より具体的」に、記事の内容を伝えることができます(読者がイメージしやすい)。

 

タイトルを「疑問形」にする

 

タイトル全体を「疑問形」にすることも、クリック率を上げるコツです。

 

この疑問形のタイトルを使うと、読者は「内容が気になって」クリックすることが多くなります。

 

「疑問形」にする

  • 食べても太らない女性には、じつは秘密があった?
  • 会社をクビになったのに、幸せを感じた理由とは?
  • わたしがなぜ、ブログで飯が食えるようになったか?

 

こういう疑問形のタイトルを見ると、その先が気になってしまうので、クリックする確率が高くなります

 

タイトルに「始め方・方法」などを使う

 

初心者向けの記事で有効なのが、タイトルに「始め方」とか「方法」という言葉を入れることです。

 

こういう「初心者が検索する」ワードを使うことで、クリックされやすくなります。

 

「始め方・方法」を入れる

  • これが正解!YouTubeの正しい始め方
  • 家でもパラパラのチャーハンを作る方法
  • 誰でもできるブログタイトルのつけ方

 

「●●の始め方」「●●の方法」「●●のやり方」というワードは、とくに初心者がよく検索する言葉なんで、SEO的にもメリットがあるんですよ

 

タイトルに「経験・体験談」を入れる

 

自分自身の「経験したこと」や「体験したこと」をタイトルに入れることで、読者は記事に対して「信頼性」を持つようになります。

 

人は誰でも「他人の経験を糧にする」というスキルを備えているからです。

 

「経験・体験談」を入れる

  • 三半規管が弱いわたしでも「船酔い」から身を守れた秘訣
  • 学年最下位でも東大に合格できた「わたしの勉強法」
  • 一晩中「蚊」に悩まされたときの心境がマジ笑えた(嫁談)

 

こうやって「体験・経験」したことを入れると、読者との距離感が近くなるというメリットもあります(身近に感じてくれる)。

 

タイトルで「解決策」をズバッと言う

 

記事で一番「核心」になることを、あえてタイトルに入れることでも、クリックしてもらうことができます。

 

どんなことが書いてあるのか一目瞭然なんで、気になる読者はクリックするはずです。

 

「解決策」をズバッと言う

  • 結婚したいなら合コンよりも「婚活アプリ」に登録しよう
  • 産後の腰痛は「骨盤のゆがみ」が原因です
  • ブログで稼ぐには「最低100記事」が必要になります

 

あえて「結論」とか「結果」を言うことで、クリックしてくれる読者を「絞り込む」ことができます。

 

これでクリックしてくれる読者は、やっぱり「記事を熟読してくれる」可能性が高いです(滞在時間も長くなる)

 

 

慣れてきたらコレ!ブログ記事のタイトルつけ方(脱初心者編)

 

前述した「5つの基本の型」を使ってタイトルを付けていると、だいたい「100記事くらい」で慣れてくると思います。

 

そこで、慣れてきたら【応用の型】を取り入れて、さらにクリックされる確率を高めていきましょう

 

  • 権威性を伝える
  • 意外性(逆の発想)を使う
  • 内容をぼかす(あれ、それ、これ)
  • 即効性・簡便性をアピール
  • 読者へ呼びかける

 

これら5つの「応用の型」を、先ほどの「基本の型」と組み合わせると、かなりクリック率が高くなるんです。

 

タイトルで「権威性」を伝える

 

人は「権威あるもの(権威を感じるもの)」が言うことには、素直に従いやすい傾向があります(権威性の法則)。

 

いわゆる「肩書き」とか「実績」など、読者に対して権威を感じさせられるものがあれば、それをタイトルに含めていきましょう(希少価値があるほど権威性は高まる)。

 

「権威性」を伝える

  • Webライターだけが知るブログの書き方が上手くなる「7つ」のコツ(権威+数字)
  • 三ツ星シェフ直伝!家でもパラパラのチャーハンを作る方法(権威+方法)
  • 整形外科医が断言!産後の腰痛は「骨盤のゆがみ」が原因です(権威+結論)

 

このように、基本の型に「権威性」を組み合わせると、よりクリックしたくなるタイトルに仕上がります。

 

ここで言う権威性とは、肩書きだけじゃなくて「自分なりの実績」でも大丈夫です(「月20万pv」もある種の権威性)。

 

タイトルに「意外性(逆の発想)」を使う

 

タイトルに「意外性」を持たせると、やはりクリックされる確率は高くなります。

 

たとえば「逆の発想」を使うことで、意外性のあるタイトルって簡単に付けられるんです

 

「意外性(逆の発想)」を使う

  • 1日5食べてもまったく太らない!その女性には秘密があった?(意外性+疑問形)
  • 学年最下位のバカでも東大に合格できた!わたしの勉強法(意外性+経験)
  • 小学生でもできるプロ顔負けのブログタイトルのつけ方(意外性+初心者)

 

この意外性については「ギャップ」があればあるほど、読者に対して興味付けをすることができます。

 

タイトルで「内容」をぼかす(あれ、それ、これ)

 

これは解決策をズバッと言うのとは真逆で、内容をぼかすことで「気にさせる」というパターンです。

 

この方法も上手く使うことができれば、読者のクリック率を上げることができます。

 

「内容」をぼかす

  • 収入が「200%」アップしたのはアレを始めたから(ぼかす+数字)
  • 会社をクビになったとき、ソレを感じた理由とは?(ぼかす+疑問形)
  • 一晩中「コレ」に悩まされたときの心境がマジ笑えた(嫁談)(ぼかす+経験)

 

こうやって、基本の型を使いつつ「ぼかし」を入れることで、読者の興味はどんどん深くなります

 

逆に「ぼかしだけ」を使うと、興味が薄れることがあるので注意しましょう!

 

タイトルで「即効性・簡便性」をアピール

 

すぐに、簡単に、便利に、という言葉を入れるだけでも、読者の興味を引くことができます。

 

基本的に「人は楽をしたい」生き物なので、その心理を利用したものです。

 

「即効性・簡便性」をアピール

  • 今すぐ結婚できる!合コンよりも「婚活アプリ」に登録しよう(即効性+解決策)
  • これが正解!30分でできるYouTubeの正しい始め方(簡便性+初心者)
  • 三半規管が弱いわたしでも一瞬で「船酔い」から身を守れた秘訣(即効性+経験)

 

大げさにアピールすると逆に怪しまれそうですが、この「即効性」とか「簡便性」を使えば、やはりクリック率はかなり上がります

 

タイトルで読者へ「呼びかける」

 

読者へ「呼びかける」ようなタイトルにすると、距離感を縮めることができるので、クリックされやすくなります。

 

この方法は、読者をある程度「絞り込んで」使うと効果的です

 

読者へ「呼びかける」

  • マリッジブルーなあなたへ!失敗しない結婚生活が送れる「5か条」(呼びかけ+数字)
  • なぜわたしが、ブログで飯を食えるようになったか知りたいですか?(呼びかけ+疑問形)
  • ここだけの話、あなたがブログで稼ぐには「最低100記事」が必要です(呼びかけ+解決策)

 

想定している読者を限定して呼びかけたり、あとは「あなた」という言葉を付けたすと、たった一人の読者へ呼びかけてる感じを生み出せます。

 

 

 

ブログの記事タイトルが、なぜ重要なのか?

 

ブログというものは、始めてからすぐに結果が出るものではありません。

 

成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかります。

SEOが必要なケースーSearch Consoleヘルプ

 

成果が出るまでの時間をできるだけ短縮するためにも、ブログ記事のタイトルは重要なポイントになります

 

それは、クリックされて記事が読まれるほど「Googleからの評価」が高くなって、アクセスが増えていくからです。

 

「タイトルのつけ方」と「慣れるペース」

  1. 基本の型を徹底的にマスターする(100記事が目安)
  2. 100記事ほど書いていると3か月~1年が経過する
  3. クリックされる記事も増え、検索上位に表示される
  4. 応用の型を使いながらライバル記事と差別化をする
  5. クリック率がどんどん高くなり検索1~3位になる

 

こんな感じのペースで考えておくと、タイトルのつけ方をマスターできて、アクセスも右肩上がりになります!

 

  • クリックされない → クリックされる
  • クリック率が低い → クリック率が高くなる

 

これが、ブログで成果を出す秘訣です♪

 

ブログ記事のタイトルを付けるときに忘れちゃダメなこと

 

ここまで、ブログ記事のタイトルのつけ方の「テクニック論」をお伝えしましたが、その前に忘れてダメなのが以下の2点です。

 

  • SEO(キーワード)
  • 読者の気持ち

 

この2つを忘れてタイトルを付けてしまうと、いくらテクニックを使ってもクリックされません。

 

なぜ読者の気持ちが大切なのかは『ブログタイトルの決め方は「たった1つのポイント」が超重要だった!』で解説したので、ぜひ読んでくださいね!

 

 

ブログ記事のタイトル付けで注意すべき2つの点

 

そして、タイトルを付けるとき、この2点には注意しておきましょう。

 

  • 32文字以内で伝える
  • キーワードを入れる

 

タイトルで伝えたいことは、先頭から「32文字」以内におさめるといいです(32文字より先は検索画面に表示されない)。

 

さらに、記事で狙っていくキーワードは、なるべく前半部分に入れるようにしてください。

 

 

あまりにも、文字数とかキーワードの位置にこだわりすぎると、かえって「ありきたりなタイトル」になってしまうので、ほどほどが良さげです♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
トール
ブログ歴3年、YouTube歴5年。 メディアミックスの時代に合わせて「YouTube」「ブログ」「SNS」による、情報発信とコンテンツマーケティングを研究・実践しています。 メール講座では、もう少し突っ込んだ内容をお届中♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 4 =

Copyright© メデミ研究所 , 2020 All Rights Reserved.