2017/09/07

YouTube動画集客で成功するための基本的戦略の流れ

 

この記事を書いている人 - WRITER -


動画を使った「集客」「ブランディング」や、ビジネス動画をYouTubeで活用する方法をお伝えしています。YouTube初心者の方には、ぜひ読んで頂きたい情報を発信しております!理学療法士として「健康・疾病予防」の啓蒙活動も行っています! ⇒ プロフィールはコチラ

服部徹

▼公式YouTubeチャンネル▼

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

はじめに

  • 現在、YouTubeの月間ログインユーザーは、全世界で15億人を突破しています。
  • モバイル端末のユーザーは、平均して1日1時間YouTubeを視聴しています。
  • YouTubeには1分間に約400時間分の動画が投稿されており、これを1時間に換算すると、24,000時間(2.7年分)にもなります。
  • YouTubeでは、ハウツー、スポーツ、ニュースなどの一般的なものから、専門性や特殊性が高いものまで、様々な動画が視聴されています。
  • ファンとクリエイターが、双方向的に交流を深めることができるソーシャルネットワーク(SNS)とも言えます。

 

YouTubeの基本的戦略の流れ

冒頭でも触れたように、YouTubeは単に動画を視聴するだけのプラットフォームではありません。

多くの視聴者が集まるコミュニティ」と言っても過言ではないでしょう。

 

YouTubeでは動画を視聴するだけで終わらず、視聴者とクリエイターがコミュニケーションをとることができます

あなたのビジネス、あなたの考え、あなたの商品・サービス、様々な内容の動画を投稿して、まずは世界中に情報発信をしてみましょう!

 

それでは、

あなたがYouTube初心者だとしても、成果を上げられる「基本的な戦略の流れ」を説明していきます。

 

チャンネルを作る

YouTubeで動画を投稿するには、まずあなたのチャンネルを作る必要があります。

 

個人のチャンネルではなく、ビジネス用のチャンネルを作ります(ブランドアカウント)。

あなたの商品やサービスが視聴者に分かってもらえるようなチャンネル名や、イメージが湧きやすいチャンネルのデザインにするのがポイントです。

 

その他にも、

プライバシーに関する設定や、効率良く作業をするための設定を行っておきます。

 

動画見つけてもらう

あなたのチャンネルに動画を投稿することができたなら、その動画を視聴者に見つけてもらう必要があります。

 

適切な視聴者(いわゆる見込み客)に、あなたの動画を見てもらうための調整をしていきます。

例えば、魅力的なタイトルをつけたり、サムネイルを設定します。

他にも、説明文やタグにも適切な文字情報を追加していきます。

 

そうすることで、

視聴者があなたの動画を検索して発見しやすくなります。

 

ソーシャルメディア(SNS)やブログ、ホームページと、積極的に連携をしていきます。

これにより、

見込み客となる視聴者が、インターネット上の「あらゆる場所で、あなたの動画を発見できる」ようにしていきます。

 

もっと見てもらう

視聴者があなたの動画を気に入ってくれたならば、あなたの他の動画も見てもらえるようにしていきます。

 

まずは、

チャンネルを見やすく設定したり、チャンネル登録を促したりします。

 

他にも、

視聴者が何度も訪れてくれるように、再生リストを作ったり、定期的にアップロードをすることも効果的な方法です。

 

ファンを増やしていく

視聴者にあなたの動画が見られるようになってきたら、YouTube上で交流を図るようにしていきます。

 

つまり、

あなたに興味を持っているファンの方と、会話をするようにコミュニケーションをしていきます。

そうすることで、視聴者は熱心なファンへとなってくれます。

 

そうした熱心に支持してくれるファンによって、コミュニティ作りが活性化していきます。

 

まとめ

  • YouTubeでは、ファンとクリエイターが双方向的にコミュニケーションを取ることができる
  • YouTubeは、多くの視聴者が集まるコミュニティである
  • 初心者でも成果を上げるため、チャンネル運営に基本的戦略がある
  • 商品やサービスの紹介だけではなく、あなたの考えなども発信していく

 

作業しながら聞き流せる動画です。

復習用にぜひご覧ください!

▼公式YouTubeチャンネル▼

★チャンネル登録お願いします★

友だち追加

 

Copyright© ビジネス動画YouTube活用研究所 , 2017 All Rights Reserved.